相補性の法則 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

相補性の法則

投稿日:

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。

自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。
これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める心理が働いています。

また、自分の欠点に秀でている人は基本的に高評価になりやすいです。
そして、その人といる事で異なった価値観や考え方などを学ぶ機会が生まれ成長します。

具体例

運動が好きなAさん
読書が好きなBさん

AさんはBさんを知的で落ち着いた人だと認識しています。
BさんはAさんを元気で活動的な人だと認識しています。

どちらも自分になりものを持っていてお互いに魅力を感じます。
しかし、これは得意な事が異なるだけで能力に多きな差がある事は少ないです。

それでも自分ができない事ができる人の能力は高いと認識しやすいです。
これはハロー効果(顕著な特徴が過大に評価される)の影響もあります。

未知の要素については大きくとらえがちな傾向があります。
これは、自分が知らない状態で一歩先の話をされてもわかりませんし、その人が一歩先の状態なのか数十歩先なのかは進まなければわかないためです。

まとめ

相補性の法則は自分に無い・不足しているものに惹かれる心理です。
しかし、類似性の法則(似ている点・共通点に惹かれる心理)という反対の心理もあります。

類似性の法則では、自分と共通の考えや行動などを選択する事が多く、安心感を与える傾向が強いです。
そのため初対面で仲良くなりやすいのは類似性を持つ人の方が有利な傾向があります。

その反面、相補性の法則に該当するような自分と異なった考えや行動をする人と一緒にいるのは刺激が多くなりやすいです。
刺激が多いと自分とは異なった考えや行動があり、そういう発見が楽しいと感じる方は多いです。

そのため、対人関係に何を求めているからで異なった価値観となります。

例えば
友達は刺激を与えてくれる人がいいとする一方で、恋人には安心感を求める。
友達は安心感を与えてくれる人がいいとする一方で、恋人には刺激を求める。

このように人の感情は常に一定方向を示しているわけではないので、その都度何を求めるかが異なります。

関連記事

 類似性の法則
 ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

割れ窓理論

割れ窓理論は始めの些細な犯罪が後に大きな犯罪へと繋がる例です。割れ窓理論はバタフライ効果の様に、最初の些細な切っ掛けが後の大きな犯罪への布石となってしまうモデルケースで、軽微な犯罪でも徹底的に取り締ま …

バーナム効果(フォアラー効果)

バーナム効果は個人を診断する準備行動の後に、誰にでも該当する曖昧で一般的な特徴を示すことで、個人の特徴でるあると錯覚させる心理学の現象です。占いでよく用いられ、生年月日や名前などの個人情報を聞き出す事 …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

自己顕示欲

自己顕示欲は他者に認識してもらいたい心理的欲求です。自己顕示欲は承認欲求の一種とされ、他者から確立した個人として認識されたいと思う心理です。しかし、自己顕示欲が強くなりすぎると周囲へのアピールが過剰に …

ブーメラン効果(ブーメラン現象/説得の逆効果)

ブーメラン効果は物事の結果がブーメランの軌道の様に投げた当事者へと戻ってくる現象です。ブーメラン効果は主に負の要素が戻ってくる現象を指す事が多いです。嫌悪感を抱いている時に干渉されるとより強い嫌悪感を …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ