熟知性の原則 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

熟知性の原則

投稿日:

熟知性の原則は相手の事を知れば知るほど好きになるものです。

人は知らないものに対して恐怖や敵意がわきます。
そのため、他者を知る事でその恐怖や敵意が払拭(ふっしょく)されていきます。
ジョハリの窓で知られているように、情報が開示される事で好感を持つとされています。
そのため、趣味や性格など情報を知れば知るほど好感をもつとされています。

熟知性の法則に関連する心理効果

  • 単純接触効果(接触回数が増える事で好感を持つ心理)
     お互いを知るためには接触回数が多くなります。
     そのため、単純接触効果の影響も後押しし、好感を持ちやすくなります。
     
  • 返報性の原理(お返しをしたくなる心理)
     相手の事を知る事で、相手も自分に興味を持ってくれます。
     これが繰り返される事で自己開示が進み、お互いに好感を持つ好循環な関係ができます。

上記とは異なり、気を付けないといけない心理もあります。

  • ハロー効果(目立った特徴から知らない情報を予想する心理)
     美人は三日であきると言われるように、最初の印象が良すぎると熟知性の原則の効果を得ようとする際に、上がったハードルを下回ってしまう事で評価が下がってしまう事もあるので注意が必要です。

具体例

最初の印象が怖い人はイライラしてそう、怒鳴られそうと憶測で判断してしまいがちです。(ハロー効果
しかし、こちらが優しく接すると相手も優しくしてくれます。(返報性の原理
優しい人とわかれば話しかけやすいです。
話しかける回数が多くなると好感度が増します。(単純接触効果
そして、会話を繰り返していくうちにお互いの情報が開示されていき、さらに好感度が増えます。(熟知性の原理)

まとめ

人は知らない事に対して恐怖や嫌悪感を抱くため、それを払しょくする事が好感度の上昇につながります。
そのため、自ら情報を開示していく事がコミュニケーションを取るには効果的です。
積極的に情報を知りたいと思う時に好感度があがりやすいので、相手が知りたいと思ったときに情報を開示する事が重要です。
なかでも、希少な情報は親密度を大幅に向上させるため、タイミングを見て開示してください。
お互いに秘密を共有するのはとても効果的で、距離を縮めたいならば、是非活用してみてください。

関連記事

 単純接触効果(ザイアンス効果)
 返報性の原理(返報性の法則)
 ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

割れ窓理論

割れ窓理論は始めの些細な犯罪が後に大きな犯罪へと繋がる例です。割れ窓理論はバタフライ効果の様に、最初の些細な切っ掛けが後の大きな犯罪への布石となってしまうモデルケースで、軽微な犯罪でも徹底的に取り締ま …

パーソナルスペース(対人距離)

パーソナルスペースは自分と他者の物理的な距離感です。この距離感は相手をどこまで信用しているかで距離が異なるため、親密度が高ければ近く、親密度が低ければ遠くなります。自分が確保したい距離以上に踏み込まれ …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

愛されたい症候群

愛されたい症候群は他者から愛されたいという要求が強い状態です。愛されたいと思う感情は多くの方が持っている基本的な欲求です。しかし、愛されたい気持ちが強く出すぎてしまうと問題がでてきてしまいます。特に問 …

ベン・フランクリン効果

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。論理的、心理的に納得できない場合、その要因を無意識で探します。これは脳がストレスを軽減するようできているためです。 矛盾によって起こるストレ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ