熟知性の原則 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

熟知性の原則

投稿日:

熟知性の原則は相手の事を知れば知るほど好きになるものです。

人は知らないものに対して恐怖や敵意がわきます。
そのため、他者を知る事でその恐怖や敵意が払拭(ふっしょく)されていきます。
ジョハリの窓で知られているように、情報が開示される事で好感を持つとされています。
そのため、趣味や性格など情報を知れば知るほど好感をもつとされています。

熟知性の法則に関連する心理効果

  • 単純接触効果(接触回数が増える事で好感を持つ心理)
     お互いを知るためには接触回数が多くなります。
     そのため、単純接触効果の影響も後押しし、好感を持ちやすくなります。
     
  • 返報性の原理(お返しをしたくなる心理)
     相手の事を知る事で、相手も自分に興味を持ってくれます。
     これが繰り返される事で自己開示が進み、お互いに好感を持つ好循環な関係ができます。

上記とは異なり、気を付けないといけない心理もあります。

  • ハロー効果(目立った特徴から知らない情報を予想する心理)
     美人は三日であきると言われるように、最初の印象が良すぎると熟知性の原則の効果を得ようとする際に、上がったハードルを下回ってしまう事で評価が下がってしまう事もあるので注意が必要です。

具体例

最初の印象が怖い人はイライラしてそう、怒鳴られそうと憶測で判断してしまいがちです。(ハロー効果
しかし、こちらが優しく接すると相手も優しくしてくれます。(返報性の原理
優しい人とわかれば話しかけやすいです。
話しかける回数が多くなると好感度が増します。(単純接触効果
そして、会話を繰り返していくうちにお互いの情報が開示されていき、さらに好感度が増えます。(熟知性の原理)

まとめ

人は知らない事に対して恐怖や嫌悪感を抱くため、それを払しょくする事が好感度の上昇につながります。
そのため、自ら情報を開示していく事がコミュニケーションを取るには効果的です。
積極的に情報を知りたいと思う時に好感度があがりやすいので、相手が知りたいと思ったときに情報を開示する事が重要です。
なかでも、希少な情報は親密度を大幅に向上させるため、タイミングを見て開示してください。
お互いに秘密を共有するのはとても効果的で、距離を縮めたいならば、是非活用してみてください。

関連記事

 単純接触効果(ザイアンス効果)
 返報性の原理(返報性の法則)
 ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果)

教師期待効果は心理行動の一つで、教育者が学習者に対して期待をする事で、成績の向上に影響を与える効果です。教師に期待されることでその期待に応じた働きを見せる心理行動です。教師期待効果、ピブマリオン効果、 …

オペラント条件付け

オペラント条件付けは、報酬と罰に適応して行動を行うように学習する事です。オペラント行動の概念は大きく二分され 報酬が与えれられれば報酬を目的に行動するようになります。罰を与えられれば罰を避けるために行 …

反動形成

反動形成は抑圧された意識を隠しすぎてしまい本心とは異なった言動をしてしまう心理現象です。自分の気持ちを抑圧すると多くのストレスを受けます。そして、ストレスが過度に蓄積されると、そのストレスを発散させる …

エンハンシング効果

エンハンシング効果は賞賛されるとやる気がでる心理現象です。人は承認欲求と言われる認めてもらいたい心理があり、賞賛されることでこの承認欲求が満たされモチベーションが上がります。そして、その賞賛された経験 …

コールド・リーディング

コールド・リーディングは人を分析する方法の一種で、他者の気持ちを読み取る方法です。コールドリーディングは対象者の情報が一切ない状態から、外見や会話などのあらゆる情報から分析を行い、相手の情報や心理を読 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ