流動性リスク(リクイディティリスク) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

流動性リスク(リクイディティリスク)

投稿日:2020年8月28日 更新日:

流動性リスクは売買が減少する事で取引が成立しなくなる事で起こるリスクです。

物の流動性が低下すると売りたい時に売れない・買いたい時に買えない可能性が高くなります。

特に問題視されるのは短期間で売却したい場合に流動性が少ない状態では購入者の要望が強く反映されてしまうため、安価な取引となりやすいです。
そのため、売却する際に不利益な取引を行わざるを得ない可能性が高くなります。

流動性リスクの具体例

流動性が低下する主な原因は「信用リスク」「需給バランスの乱れ」です。

株式市場でA社の業績が不振で純利益・配当・優待などが低下すると倒産の可能性を考慮する人がでてきます。(信用リスク)

倒産するリスクが高くなると「売りたい人は増加し、買いたい人は減少」します。(需給バランスの乱れ)

買いたい人が減少すると株価は下がり、安価でしか株を売却する事ができなくなります。(流動性リスク)

さらに株価が下がり続けると上場廃止の可能性もあります。
上場廃止となっても配当や優待はありますが、市場を通じて持ち株を売却する事が出来ないため流動性が低く、売却希望価格で売却する事は困難です。

まとめ

基本的に流動性は需要と供給の総和が多ければ流動性が高くなります。
しかし、市場の流動性ではなく、そのもの単体の需給バランスを考える事が重要です。

株式は知名度が低い銘柄や、暴落によって買い手が少ない状態の場合は流動性が低いため現金化する際に安価な状態で取引を強いられるため、不利な取引となる傾向が強いです。

また、流動性リスクは株式以外にもあります。

基本的に不動産は同一の条件の物件が少なく、市場も限られているため流動性リスクが高いです。

反対に国債や社債などは流動性が減少しても満期によって債券は回収できるため、流動性のリスクは少ないですが、国が破綻し回収できないこともあるためリスクはあります。

このように投資対象と考えられているものは全般的に流動性リスクを少なからず考慮する必要はあります。

また、日常生活でも災害などによって物資の供給が困難になる場合は流動性リスクが発生し、通常よりも高額で取引される事もあります。

近年の起きた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の際にはマスクの需要が増加し価格が高騰したのは記憶に新しいです。

関連記事

 需給バランス

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)

狼狽(ろうばい)売りは株価が下落した際、冷静な判断ができずに売却してしまう事です。狼狽売りは価格が下落したことで「保有していると膨大な損失が発生する」と思い込んでしまい、冷静な判断を行う事ができないパ …

育児休業制度

育児休業制度は子育てを支援する制度です。育児休業制度を利用するには一定の条件があり、給付金の額や受け取れる期間には一定の決まりがあります。今では一般的な認識となっていますが、育児休業は男女共に利用でき …

原価

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。通常は原価に利益を載せて販売 …

アセットアロケーション(資産配分)

アセットアロケーションは各資産の配分です。資産には種類があり各資産毎に期待できるリターンやリスクが異なります。そのため、投資資金を複数の異なる資産として保有する事で、リスクを抑えながら投資を行う事がで …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ