決定麻痺 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

決定麻痺

投稿日:

決定麻痺は選択回数が多くなるほど適切な決定が難しくなる心理効果です。

複数の選択肢から選択するためにはエネルギーを使います。

選択は朝出かける間に服を選んだり、髪型が整っているか整っていないかなどの判断も選択となります。

そのため、無意識的に選択している事も多いです。

使うエネルギーの量は選択肢によっても異なりますが、選択回数が増加すれば使うエネルギーは増加します。

エネルギーの消費量が増える一方、エネルギーを補充するためには休息が必要ですが、日中に人が休息する時間は多くはありません、そのため多くの人は夜に向かうにつれて、エネルギー不足で合理的で適切な判断を行えなくなってしまいます。

また、複雑な選択肢は選択を先延ばしにしたり、放棄してしまう事もあります。

決定麻痺による心理効果

  • 現状維持バイアス
     現状を変えるためには多くの選択を行わなければいけません。
     しかし、選択肢が多いため、例え損な状況になるとわかっていても現状の安定を求めてしまいます。
  • ジャム理論
     選択肢が多いと思考を途中であきらめてしまいます。

具体例

ジャム理論はスーパーにジャムを陳列して売れ行きを調査した実験です。

  • ジャムの種類を6種で販売
  • ジャムの種類を24種類で販売

この二つの条件を比較検証しました。

その結果、ジャムの種類が24種の場合は試食をする人が多かったですが、試食後の売れ行きは思わしくありませんでした。
その反面、6種で販売した時は試食が少ないものの、24種の時よりも売上が良かったです。
そのため、人は選択肢が多いと悩んでしまい、悩みが多いと意思決定をする事がストレスとなるため、購入を辞めてしまうという結果となりました。

まとめ

人が1日に選択肢を決定できる回数には上限があり、一日20,000~35,000回と考えられていますが、研究内容は確定的なものには至っていないようです。

また、1日の選択回数の上限は個人差による影響もある事が考えられます。

いずれにしても、選択を繰り返し行う事で疲労が蓄積され正しい判断ができなくなってしまうため、選択肢を減らす事も重要な要因であると考えられています。

特にインターネットの普及によって多くの情報が入る様になったため、選択回数も増加傾向にあります。

そのため、情報を厳選する事は大切です。

海外で活躍している人の中には選択肢を減らすために、毎日同じ服装をしている人もいます。
選択肢を減らす事でその選択にかかる時間もなくなります。
エネルギーと時間の2つを同時得る事ができるため、選択肢を減らす事は人生において重要な要素の1つとなっているのかもしれません。

関連記事

 現状維持バイアス
 ジャム理論

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

レミニセンス効果

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。 短期記憶 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とさ …

アダルトチルドレン(AC)

アダルトチルドレンは容姿よりも精神的に成熟しているように思える人に多く、大人のような子供と表現される事もあります。アダルトチルドレンは幼少期に機能不全家族で育った人に多いです。機能不全家族は親が依存症 …

反動形成

反動形成は抑圧された意識を隠しすぎてしまい本心とは異なった言動をしてしまう心理現象です。自分の気持ちを抑圧すると多くのストレスを受けます。そして、ストレスが過度に蓄積されると、そのストレスを発散させる …

親近効果

親近効果は最後に与えられた情報の影響が強くなる現象です。親近効果は多くの情報を得る事で効果がより現れやすいです。多くの情報を得る事で全体の把握が困難になり、最後の情報の影響が大きくなる傾向を示す心理効 …

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

囚人のジレンマはお互い協力する方が、協力しないよりも良い結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況ではお互いに協力しなくなるというジレンマです。 各個人が合理的に選択した結果が社会全 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ