水平思考(ラテラルシンキング) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

水平思考(ラテラルシンキング)

投稿日:

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。

物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除くなど、柔軟な発想で対応する事で新しい発見ができる可能性が高く、問題解決能力も高くなります。

水平思考(ラテラルシンキング)に近い言葉に、批判的思考(クリティカルシンキング)や、論理的思考(ロジカルシンキング)があり違いが難しいです。

具体例

老後資金は2000万円必要といわれた場足

  • 水平思考(ラテラルシンキング)
     老後資金は環境によって必要な額は異なると考えます。
     2000万円で暮らせる人も暮らせない人もいるはずと考えます。
  • 批判的思考(クリティカルシンキング)
     2000万円必要という前提条件を疑います。
     計算方法や算出の前提条件を確認します。
  • 論理的思考(ロジカルシンキング)
     2000万円ためるのに効率のいい方法を考えます。
     節約や投資などを論理的に分析します。

まとめ

水平思考は芸術肌のタレンテッドが得意な傾向がある分野です。
物事を多面的にみる事ができるのは素晴らしい才能で、新しい発見をするには重要な要素です。

点と点がつながったように思う事も世の中には多いです。
昔何もわからない状態でやっていた事でも、今思うととても役に立っている事や、その逆で昔はやっておいた方が良いと思ったけれど今思うとそれほど重要ではなかったりする事も多いと思います。

広い視野で冷静に物事を分析できる能力は機械化が進む社会では需要が拡大していくはずです。

関連記事

 タレンテッド
 批判的思考(クリティカルシンキング)
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

世界五分前仮説

世界五分前仮説は、「世界は五分前に始まった」という仮説です。この仮説では、私たちの知識や記憶という根源的な要素が覆されます。そのため、例えば5分以上前の記憶があるのはそのように創生されたためであると考 …

大数の法則(多数の法則)

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。試行回数が少ないと偏りによる影響が …

動物園仮設(保護区仮設)

動物園仮設は人類が高度な知的生命体によって、観察・保護されているという仮説です。宇宙は広く、私たちの他に知的生命体がいないのは不自然(フェルミのパラドックス)です。しかし、人類は未だに地球外の知的生命 …

クオリア

クオリアは感覚意識やそれにともなう経験のことです。クオリアはなんらかの脳活動によって生み出されていますが、具体的なメカニズムはわかっていません。また、脳の活動でクオリアを生み出す場合と生み出さない場合 …

クリフハンガー(プロット)

クリフハンガーは物語の盛り上がるシーンの最初の一部を見せる事で興味を引く手法です。クリフハンガーはザイガニック効果(中途半端な状態が気になる心理)を映画の宣伝で利用したものです。動画の宣伝で一番盛り上 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ