機会費用(機会コスト) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

機会費用(機会コスト)

投稿日:2020年2月4日 更新日:

機会費用は数字で表すことの難しい時間に対する成果の概念です。

時間消費に対しての有益性や効率性に関係する経済学上の概念で、複数ある選択肢の中から最も有益な選択を行える機会を持てるかが大切です。

時間の消費の仕方には、自己投資や交際など様々な要素があり、架空の費用を総合的に判断します。

機会費用による損失は機会損失と言われます。
これは二者択一を迫られた時に選ばなかった選択肢のことを指します。

具体例

 最終学歴が中学校卒業(15歳)のAさん
 最終学歴が大学院卒業(24歳)のBさん

AさんとBさん教育課程を終えてから約10年の差があります。
このように異なる選択で生じる知識、経験、時間、お金などをまとめて、機会費用といいます。

 AさんにとってはBさんが選択した学校以外での成果は機会損失となり、
 BさんにとってはAさんが選択した学校教育での成果は機会損失となります。

この約10年の間に何を学び何を得るかはとても大きな差となります。
教育にお金を払うAさんと、働いて稼ぐBさんでは3,000万円程の差はでても不思議ではありません。

そのため、Bさんは社会経験10年分+3,000万円以上の価値のある経験や知識を積まなくては損失となってしまいます。

まとめ

機会費用は意識していいないと気づきにくいです。

お金しか意識していない場合はこの機会損失が大きくなりがちです。
「一文惜しみの百知らず」「損して得取れ」など、機会損失に関することわざは多いです。

そして、若年者の場合はその差が時間経過と共に広がっていきます。
「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と言われるように、若年者は将来の種まきの時期です。
撒いた種が芽吹かないものもありが、全てが芽吹かない事は稀です。

芽吹かない種は需要が少ない能力である可能性が高いです。
これは能力の需要に焦点を当てる事で改善でき、能力の希少性はその価値となります。
また、機械化が進む中で機械でできる能力の需要は少ないため、時間をそこに割くのはお勧めできません。

機械化が進む中でも最終的な判断をするのは人です。
そのため、人と人をつなぐスーパーコネクターのように、機械に真似できない能力に価値があると私は考えます。

関連記事

  スーパーコネクター

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫は事象を確認するまでは予想に過ぎず、確認する事で事象は確定するという理論の例です。シュレディンガーの猫は量子力学における思考実験です。この思考実験のポイントは猫の生死が確認されるま …

国民の階層分類(A層・B層・C層・D層)

国民の思想を分類したものです。思想で分類しているため、貧富の差は関係ありません。国民にはB層が多いとされています。そのため、B層に的を絞った選挙や、販売促進活動を行う事で成功しやすいとされています。小 …

センターピン理論

センターピン理論は影響力の大きいものに狙い効率よく成果をだす理論です。物事の要点を見極める事で効率的に大きな効果や成果が得られのが特徴で、ボーリングのセンターピンをたとえて提唱されているものです。ボー …

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で、逆説的にカラスを証明するパラドックスです。「AはBである」反対に「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。「カラスは黒い」 …

テセウスのパラドックス(テセウスの船)

テセウスのパラドックスは船の部品を全て交換し、元の船の部品が全て入れ替わっても同じであるか、そうでない場合はどこから変わるのかというパラドックスです。船などの大きなものは、長期間使う事が多いです。その …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ