新奇恐怖症(ネオフォビア) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

新奇恐怖症(ネオフォビア)

投稿日:

新奇恐怖はネオフォビア(neophobia)ともいわれ知らないものへの恐怖です。

ネオフォビアの心理が働くのは生存本能による影響が強く。不確定な要素を減らす事で、生存確率を伸ばそうとする本能があります。
そのため、未知のものに対しては恐怖心を抱き避けようとする心理が働きます。

これは現状維持バイアス(現状を維持しようとする心理)や熟知性の原則(理解する事で好感を得る)などの心理作用も影響しています。

新奇恐怖症はわからないものに対しての感情です。
そのため知識・経験の中から推測する事ができると未知の要素が減るため不安や恐怖も軽減されます。
つまり、知識や経験が豊富だと未来に対して予想がつくので怖や不安も少なくなる傾向があります。

具体例

近年は飲食店といえばファミリーレストランやテイクアアウトもできるジャンクフードを販売するフランチャイズ系の飲食店が増加傾向にあります。

これはどこの店舗でも同じような味の商品が販売されているため、失敗する可能性はほとんどない安心感があります。

その反面、昔ながらの個人経営の飲食店は店舗数を減らしています。

昔ながらの店舗は初めて入店する際の敷居がとても高く感じます。
これは個人経営のお店はそのお店独自の味付けがあるため、おいしいかわからないですし、お店の雰囲気も千差万別なため、わからに要素が多いため入りにくいお店になってしまっています。

その結果、個人経営のお店に初めて入る時は不安を抱いてしまうため、それを避けてフランチャイズ系の手堅いお店へ足を運ぶ機会が増えてしまいます。

まとめ



人は生存本能として理解できないものを遠ざける傾向があります。
しかし、わからない事を理由に避けていては成長はありません。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」といわれるように、失敗しても若いうちならばやり直しがきく可能性が高いですし、その経験や知識は将来的に役に立つ可能性が高いです。

しかし、ここまで理解していても実際に挑戦できる人は少ないです。
これはバブル崩壊後の経済が日に日に衰退していったのも大きな原因かもしれません。
経済が縮小していては自由に使えるお金も少なく、夢や欲を抑えて育った人が多いと思います。
このような背景から警戒心が強く保守的な行動をとる人が多く感じられます。

どうせできない、やっても無駄、そのような考えは可能性を奪ってしまいます。

誰しも恐怖や不安な感情を持っていて、その感じ方は人によって異なりますが、それを軽減するために日々勉強し、知識を身に着ける事で緒戦に対する不安感を軽減する事ができます。

考える事をやめてしまうとそこで立ち止まってしまうので、毎日新しい事を吸収できるようにしたいですね。

備考

新奇恐怖症は恐怖症の一種で、新奇(新しいこと)への恐怖を指しています。

関連記事

 現状維持バイアス
 熟知性の原則

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

割れ窓理論

割れ窓理論は始めの些細な犯罪が後に大きな犯罪へと繋がる例です。割れ窓理論はバタフライ効果の様に、最初の些細な切っ掛けが後の大きな犯罪への布石となってしまうモデルケースで、軽微な犯罪でも徹底的に取り締ま …

ロミオとジュリエット効果

ロミオとジュリエット効果は恋愛に障害がある事で、恋愛感情が強くなる効果です。ロミオとジュリエット効果はカリギュラ効果(禁止されると興味や関心が強くなる)の一種で、恋愛を禁止されたり、障害が多くなる事で …

レスポンデント条件付け(パブロフ方条件付け/古典的条件付け)

レスポンデント条件付けは刺激に対する反応です。レスポンデント条件付けは刺激に対しての行動で、大きく分けて「自分の意志で制御できるもの」と「自分の意志で制御できないもの」に分類され基本的に 「自分の意志 …

カニバケツ効果(カニバケツ現象)

カニバケツ効果はカニバケツ現象や、蟹バケツなどと言われます。カニバケツの意味は足を引っ張りあう心理を指します。これは実際にカニをバケツの中に入れるとみられる現象が由来とされています。バケツにカニを一匹 …

損失回避性(損失回避の法則/プロスペクト理論)

損失回避性は、利益から得られる満足感よりも、損失による不満感を大きく評価する心理です。つまり、損をしたくないという感情が強いという事です。人は失う事に対して強い嫌悪感を示します。これは生き残るために遺 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク