損失回避性(損失回避の法則/プロスペクト理論) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

心理学

損失回避性(損失回避の法則/プロスペクト理論)

投稿日:2020年1月11日 更新日:

損失回避性は、利益から得られる満足感よりも、損失による不満感を大きく評価する心理です。
つまり、損をしたくないという感情が強いという事です。

人は失う事に対して強い嫌悪感を示します。
これは生き残るために遺伝的に継承してきた生存本能が働くためです。
失うという事は体力を多く消耗する事です。
このため、現状維持をする事で失うリスクを回避できるのならば余計なリスクは回避し、現状維持に努めます。

具体例

1万円得る事よりも、1万円失う事の方が苦痛を伴います。

A 無条件で1万円得る。
B コインを投げて表なら2万円得る。

Aを選ぶ傾向が強いです。

B コインを投げて表なら2万円得る
C コインを投げて表なら3万円得る、裏なら1万円失う

Bを選ぶ傾向が強いです。

ここまでは期待値1万円の例です。
しかし、ある一定の値を超えると損失回避性が有効ではなくなります。
これには個人差があります。

宝くじの期待値は掛け金の半分程度となるため、掛け金を失う可能性が非常に高いです。
しかし、上位当選は大きな利益を得られるため、損失の可能性よりも利益を優先する方が増えます。

まとめ

日常生活で多く目にするのは限定品です。
その時を逃したら購入できないため、買いそびれると損だと錯覚します。
そのため、消費欲求が刺激され商品の購入を促します。

損を避けようと考えていると次第にリスクを過大評価していく傾向がでてきます。
この状態では正しい選択がしにくくなってしまいます。
研究によると失う事は、得る事の2倍の価値を感じるそうです。

備考

損失回避性はダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって提唱されました。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

親和欲求(親和動機)

親和欲求は他者と友好的になりたいと思う心理です。人は基本的に他者と友好的になりたい気持ちがあります。これは生存率が集団で生活した方が高いためだと思います。しかし、親和欲求は状況によって強くなったり、弱 …

レスポンデント条件付け(パブロフ型条件付け/古典的条件付け)

レスポンデント条件付けは刺激に対する反応です。レスポンデント条件付けは刺激に対しての行動で、大きく分けて「自分の意志で制御できるもの」と「自分の意志で制御できないもの」に分類され基本的に 「自分の意志 …

レミニセンス効果

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。 短期記憶 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とさ …

親近効果

親近効果は最後に与えられた情報の影響が強くなる現象です。親近効果は多くの情報を得る事で効果がより現れやすいです。多くの情報を得る事で全体の把握が困難になり、最後の情報の影響が大きくなる傾向を示す心理効 …

ホーソン効果

ホーソン効果は期待されることで行動の変化を起こす現象です。一般的に他者は興味や関心を持つと、同時に期待を寄せる傾向があります。そして、期待を寄せられるとその気持ちに応えようとする心理(教師期待効果)が …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ