損失回避性(損失回避の法則/プロスペクト理論) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

損失回避性(損失回避の法則/プロスペクト理論)

投稿日:2020年1月11日 更新日:

損失回避性は、利益から得られる満足感よりも、損失による不満感を大きく評価する心理です。
つまり、損をしたくないという感情が強いという事です。

人は失う事に対して強い嫌悪感を示します。
これは生き残るために遺伝的に継承してきた生存本能が働くためです。
失うという事は体力を多く消耗する事です。
このため、現状維持をする事で失うリスクを回避できるのならば余計なリスクは回避し、現状維持に努めます。

具体例

1万円得る事よりも、1万円失う事の方が苦痛を伴います。

A 無条件で1万円得る。
B コインを投げて表なら2万円得る。

Aを選ぶ傾向が強いです。

B コインを投げて表なら2万円得る
C コインを投げて表なら3万円得る、裏なら1万円失う

Bを選ぶ傾向が強いです。

ここまでは期待値1万円の例です。
しかし、ある一定の値を超えると損失回避性が有効ではなくなります。
これには個人差があります。

宝くじの期待値は掛け金の半分程度となるため、掛け金を失う可能性が非常に高いです。
しかし、上位当選は大きな利益を得られるため、損失の可能性よりも利益を優先する方が増えます。

まとめ

日常生活で多く目にするのは限定品です。
その時を逃したら購入できないため、買いそびれると損だと錯覚します。
そのため、消費欲求が刺激され商品の購入を促します。

損を避けようと考えていると次第にリスクを過大評価していく傾向がでてきます。
この状態では正しい選択がしにくくなってしまいます。
研究によると失う事は、得る事の2倍の価値を感じるそうです。

備考

損失回避性はダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって提唱されました。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

同調効果(姿勢反響/ミラーリング効果)

同調効果は、同じ振る舞いをすることで好感度が高まる現象です。同調効果は動作、姿勢、表情、喋り方などで同じ振る舞いをすることで好感を得られます。また、言葉を繰り返す事も効果的です。この際に不自然にならな …

ピーターパンシンドローム(ピーターパン症候群)

ピーターパンシンドロームは実年齢は大人ですが、精神が幼い方です。ピーターパンシンドロームの方は、実年齢は大人ですが、精神的に大人になれていないため、言動が子供と同じ水準です。そのため、容姿と精神のバラ …

ピーク・エンドの法則

ピーク・エンドの法則は一連の中のピークとエンドが与える印象が全体の印象に大きな影響を与える心理です。ピークは一番感情が揺さぶられた時で、エンドは一連の終わりです。過去の経験を思い出す時に、一番感情が動 …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

ダブルバインド

ダブルバインドは提示された選択肢のどちらを選んでも不利益になる状況です。避けにくい学校や家庭内、職場などで起こると悪質です。 特に未成年のような自立できない年の子にとって親は神様同然です。親の言う事は …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ