技術的特異点(シンギュラリティ) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

技術的特異点(シンギュラリティ)

投稿日:2020年11月26日 更新日:

技術的特異点(シンギュラリティ)は今までの技術を飛躍的に向上させる出来事の到来を指します。

近年は技術的特異点(シンギュラリティ)だと考えられているのは自己学習を行える人工知能(人間のように自律的に学習をする事ができるタイプの人工知能)が注目されています。

超知能(ギフテッドの知能をはるかに上回る特別な知能)を持つ人工知能の開発はとても難しいですが、一度超知能を持つAIが開発されると、その成長速度はとても早いため、知能爆発(休息な知能の成長)が起きるまでの時間はわずかだと考えられています。

一説には2045年には技術的特異点(シンギュラリティ)が起こると考えられています。

そして、技術的特異点(シンギュラリティ)による大きな変化は「2045年問題」として対応が検討されています。

技術的特異点(シンギュラリティ)による影響

人工知能(AI)技術が発展する事でいずれ技術的特異点(シンギュラリティ)が起きる可能性は非常に高いです。
そして、技術的特異点(シンギュラリティ)による大きな変化は私たちの生活にも大きな影響を与え、生活が一変すると考えられています。

例えば今ある仕事の多くが人工知能によって行われる事になります。
そのため、今までと同様の労働は大幅に減少します。

具体的には工場で同じ作業を繰り返し行うライン作業や、事務処理の中の単純作業であるもの(伝票入力、経理計算など)は次第に減少していくと考えられています。

そのため、私たち人間はそれらを管理するだけで良くなるため、生産性が大幅に向上します。

一方で単純作業しかできない人達の仕事は日々失われていきます。
しかし、この単純作業も私たちの考えるているものとは若干異なります。

現在機械作業で難易度が高いと考えられているのは掃除です。

空間を認識し、汚れた場所を特定・分析し、対応する掃除方法を考え、掃除完了の判断を正しく行う事は、機械にとっては難易度が高いです。

つまり、能力が低いままでは俗にいう「めんどくさい仕事」しかする事ができなくなってしまいます。

反対に、機械製品に精通する事ができればどこでも仕事に困る事はないはずです。

しかし、更に進んだ未来では、人工知能(AI)によってより優れた人工知能(AI)が開発されるようになるため、私たちの予想を超えた革新的な技術や理論が発見されると考えられています。

機械によって機械が保守管理されるような世界になるのかもしれません。
このような状況になった場合、私たちは仕事すらしなくても良いのかもしれません。

また、私たち体の一部に人工知能(AI)が埋め込まれたり、私たちの脳を全てデータ化し、細胞を持たない生命体となる可能性もあります。

まとめ

技術的特異点(シンギュラリティ)を迎えた世界では、機械は人間の能力を超えた優秀な知能を持つことができると考えられています。

その反面、この技術がグレートフィルターとなっている可能性も危惧され、根本的に超知能を持つ人工知能(AI)を製作する事ができなかったり、作成に成功しても自己破壊につながり、人類は滅びるのではないかとも議論されています。

しかし、近年の開発技術の向上は目覚ましく、収穫加速の法則によってその進展は指数関数的に向上しています。

そのため、人工知能(AI)技術が発展するのも時間の問題だと考えている人が大多数です。

また、人工知能(AI)技術の他にも生命の創造・改変技術が高度になり、人の遺伝子を改変した新たな人類が生まれる可能性もあります。

関連記事

 人工知能(AI)
 ギフテッド
 知能爆発
 収穫加速の法則
 グレートフィルター

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

エンパス(エンパシー)

エンパスは感受性や共感性が強い人です。エンパスは先天的な資質で、他者の感情に敏感で非言語表現に対する感度が高いため、言葉にしていないような情報も表情や行動から察する事ができるます。そのため、会話をして …

無知のベール(無知のヴェール)

無知のベールは自身や他者の置かれている立場や状況についての知識が無い状態で、無知のベールを纏った状態ならば合理的な判断が期待できると考えられています。私たちは日々多くの情報を知る機会があり自分の立場か …

生存者バイアス

生存者バイアスは生き残ったものを基準とした偏った知見です。なにかしらの選択をした結果生き残ってきたものは、その過程で大きな失敗しなかったものであるため、生き残ったものから情報を収集しても根幹を揺るがす …

野生児ピーター

野生児ピーターは森で発見された少年です。1725年の春に北ドイツのハーメルン付近の森で推定12歳前後の少年(裸で四つん這いになって歩き、奇怪な叫び声をあげて草の中や木の上を逃げ回るため褐色の黒い髪の生 …

フェルミのパラドックス

フェルミのパラドックスは地球外の知的生命体が存在している可能性の高さに対して、人類が未だに認識できていない矛盾の事です。この矛盾点を解決しようと様々な推論がされていますが、未だに解明はされていません。 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ