批判的思考(クリティカルシンキング) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

批判的思考(クリティカルシンキング)

投稿日:2020年1月21日 更新日:

批判的思考は客観的に物事を判断し、物事の本質を捉える能力です。

常に正しいか疑い、事実を確かめ、本質を見極める事です。
論理的思考のように論理だけでなく、経験や他者の表情や感情なども考慮し思考します。
真実を見極める事で、自分の中にゆるぎなく、明確な指標ができるはずです。
その指標を持っていれば、最適解を導く事ができるようになります。

そのため、危険回避能力が高く、詐欺や嘘などに騙される事も少なく、トラブルを事前に避ける事が出来ます。

具体例

投資で月利10%の高配当銘柄の宣伝があります。

これを元に年利を計算すると、
単利で年利120%(100万円投資し、一年後には240万円)
福利で年利185%(100万円投資し、一年後には285万円)
となります。

しかし、年利は公開しません。
短期的な利益しか出せないからです。
これが確定されたものならば、宣伝している人が借金をしてでも投資に回す価値があります。

なぜそれを行わないのかを考える事が大切です。
基本的には高配当という事は損失を招く可能性も高いという事です。

実際年利を計算したらマイナスとなる可能性もあるため気を付けてください。

まとめ

人は経験や知識をもとに憶測で判断する事が多いです。
そのため、経験則のように、たぶん大丈夫などの曖昧なままになっているものもあるはずです。
これは優秀な能力ですが、その曖昧さは時に思わぬ落とし穴にはまることがあるため、常にそれが正しいのか疑う事が大切です。

日常生活にも違和感を感じる時があると思います。
それを解明をする事で思わぬ発見があるかもしれません。
中にはその発見でノーベル賞や、一攫千金のチャンスが訪れる可能性もあります。

今まで常識だと思ってた事が世間では非常識という事もあるかもしれません。
常に疑いの目を持ち、真実を見極めてください。

そして、真実を見極めるためには、幅広い知識や経験が必要になります。
そのため、「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と言われるように 若いうちに知識や経験を得る事でその後の将来が大きく異なります。

関連記事

 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

パレート最適(パレート効率性)

パレート最適はパレート効率性とも呼ばれ、個の犠牲がなければ他が満足する事がない状態です。つまり、全体で見た時にそれ以上の最適は存在しない状態です。 具体例 AさんBさんの二人で一枚のビスケットを分ける …

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

機能不全家族

機能不全家族は一般家庭における家族の役割が正常に機能してない家族です。家庭内に不法行為などがある家庭や、家庭崩壊を起こしている家庭が機能不全家族とされています。特に子供が下記の扱いを受ける事で精神的な …

EQ(イーキュー)

EQ(Emotional Inteligence Quotient)は心の知能指数と呼ばれています。EQは感情を測定する指標で、感情に対しての認識・理解・抑制・表現などを数値化したものです。EQが高い …

クリフハンガー(プロット)

クリフハンガーは物語の盛り上がるシーンの最初の一部を見せる事で興味を引く手法です。クリフハンガーはザイガニック効果(中途半端な状態が気になる心理)を映画の宣伝で利用したものです。動画の宣伝で一番盛り上 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ