批判的思考(クリティカルシンキング) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

批判的思考(クリティカルシンキング)

投稿日:2020年1月21日 更新日:

批判的思考は客観的に物事を判断し、物事の本質を捉える能力です。

常に正しいか疑い、事実を確かめ、本質を見極める事です。
論理的思考のように論理だけでなく、経験や他者の表情や感情なども考慮し思考します。
真実を見極める事で、自分の中にゆるぎなく、明確な指標ができるはずです。
その指標を持っていれば、最適解を導く事ができるようになります。

そのため、危険回避能力が高く、詐欺や嘘などに騙される事も少なく、トラブルを事前に避ける事が出来ます。

具体例

投資で月利10%の高配当銘柄の宣伝があります。

これを元に年利を計算すると、
単利で年利120%(100万円投資し、一年後には240万円)
複利で年利185%(100万円投資し、一年後には285万円)
となります。

しかし、年利は公開しません。
短期的な利益しか出せないからです。
これが確定されたものならば、宣伝している人が借金をしてでも投資に回す価値があります。

なぜそれを行わないのかを考える事が大切です。
基本的には高配当という事は損失を招く可能性も高いという事です。

実際年利を計算したらマイナスとなる可能性もあるため気を付けてください。

まとめ

人は経験や知識をもとに憶測で判断する事が多いです。
そのため、経験則のように、たぶん大丈夫などの曖昧なままになっているものもあるはずです。
これは優秀な能力ですが、その曖昧さは時に思わぬ落とし穴にはまることがあるため、常にそれが正しいのか疑う事が大切です。

日常生活にも違和感を感じる時があると思います。
それを解明をする事で思わぬ発見があるかもしれません。
中にはその発見でノーベル賞や、一攫千金のチャンスが訪れる可能性もあります。

今まで常識だと思ってた事が世間では非常識という事もあるかもしれません。
常に疑いの目を持ち、真実を見極めてください。

そして、真実を見極めるためには、幅広い知識や経験が必要になります。
そのため、「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と言われるように 若いうちに知識や経験を得る事でその後の将来が大きく異なります。

関連記事

 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

PREP法(プレップ法)

PREP法は文章の構成方法の一つです。PREP(プレップ)法は結論を最初に伝え、その後に理由付けや裏付け、事例などの具体例を提示し、再度結論を示す事で他者へ伝わりやすくなると考えられています。内容を構 …

第二領域思考

第二領域思考は優先順位を重要性と緊急性に分類した際の考え方です。物事を重要性と緊急性に分類すると4つに分類されます。 第一領域 緊急性が高く 重要度も高い 基本的にはやらなければいけない事が該当します …

マルチタスク

マルチタスクは複数の仕事を並列処理、または短期間に切り替えながら処理する事です。マルチタスクは同時に複数の処理を進めるのが特徴です。そのため作業効率が上がる様に感じるかもしれませんが、基本的には作業効 …

世界五分前仮説

世界五分前仮説は、「世界は五分前に始まった」という仮説です。この仮説では、私たちの知識や記憶という根源的な要素が覆されます。そのため、例えば5分以上前の記憶があるのはそのように創生されたためであると考 …

エンパス(エンパシー)

エンパスは感受性や共感性が強い人です。エンパスは先天的な資質で、他者の感情に敏感で非言語表現に対する感度が高いため、言葉にしていないような情報も表情や行動から察する事ができるます。そのため、会話をして …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ