アウトブレイク(感染爆発/感染症集団発生) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

アウトブレイク(感染爆発/感染症集団発生)

投稿日:2020年2月15日 更新日:

アウトブレイクは特定の地域や集団内で、予想以上の感染症が一定期間発生する現象です。

範囲が限られ、特定の期間で収束する感染症で、院内感染などの限られた範囲で爆発的に感染者が増加する際に用いられます。

感染爆発が疑われる際には被害の早期収束及び再発防止に努める必要があります。
外部に感染が拡大しパンデミックとならないように、食い止める事が重要です。
しかし、感染症には潜伏期間が長いものもあり、早期収束を目指しても収束が難しい事も多いです。

アウトブレイクが疑われる状況

  • 関連する感染症が複数件発生している状態
  • 同一感染症の発生件数が通常よりも増加している状態
  • 通常発生しない感染が地域や集団で発生している状態

対応の仕方

  • 具体的な情報を集め(感染経路、感染源等)、その対策(隔離等)を決める。
  • 未発見の同一感染者(発症者や潜伏期間中の感染者など)の捜索。
  • ※スーパースプレッダーのような特異体質は特に注意が必要。
  • 感染者の治療と共に、隔離を行う。
  • 感染場所の消毒を行う。
  • 感染者と接触の可能性を考慮した対策(うがい、手洗い、マスク等)を行う。

まとめ

近年の目覚ましい経済成長の成果として、交通網の発展により個人が短時間で長距離を移動する事が増加したため、一部の地域で発症した感染症が世界各国へ被害を拡大させ、世界的に大きなパンデミックとなる事もあります。

そのため、アウトブレイクの段階で適切で迅速な対応を怠る事でその後に大きな被害をもたらす可能性があります。

本来の用法用量を守らず、薬剤耐性菌と変化し猛威を振るった事例もあるため、人的ミス(誤った知識や対応)を減らす事も重要です。
しかし、正しい薬剤の摂取量でも、薬剤耐性菌へと進化する事もあるため、薬の研究も日々進化を続けています。

また、病気には発生経路が不明なまま収束する事例もあり、公衆衛生や保健、医療などの水準を高くすることが感染症への抑止となります。

備考

アウトブレイクに近い現象でパンデミック、エンデミック、エピデミックがあります。
違いは下記の通りです。

  • エンデミック
     小規模で限られた範囲での少数の感染が見られる状態
  • エピデミック
     小規模な限られた範囲で感染者が多い状態
  • アウトブレイク
     限られた範囲での大多数が感染している状態
  • パンデミック
     感染範囲が広く、感染者が多い状態

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

ストレス

ストレスは精神的・肉体的に負担となる刺激です。心身は刺激に対して反応を返します。この際にエネルギーを消費します。肉体的に刺激を受けると疲労として症状が現れます。疲労を回復するためにはエネルギーを補充す …

感染経路

感染経路は病原体が感染者を増やす経路です。感染経路は「空気感染」「接触感染」「飛沫感染」「媒介感染」などがあり、対応策も異なるため、感染経路がわからなければ対応が難しいです。 空気感染 特徴:空気中に …

鬱病(うつびょう)

鬱病(うつびょう)は精神的に疲れていて、舞います思考になってしまう状態です。鬱病になってしまう原因は主にストレスによるものが強く、将来に対する不安や、周囲からのプレッシャー、自分の能力以上の仕事量、ハ …

接触感染

接触感染は病原体と接触する事で感染が広がります。接触感染という名前から、手で触れるだけでは感染すると思うかもしれませんが、粘膜に病原体が接触しない限り感染しません。粘膜は皮膚によって守られていますが、 …

自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群/ASD)

自閉症スペクトラム障害は対人コミュニケーションが苦手な症状です。自閉症スペクトラムは旧アスペルガー障害で、ASDとも呼ばれ一般的には発達障害の一種とされています。ASDは知的能力(IQ(アイキュー)) …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ