守銭奴(しゅせんど) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

守銭奴(しゅせんど)

投稿日:2020年6月5日 更新日:

守銭奴(しゅせんど)は貯金に対する価値観が高い人です。

守銭奴はお金を守る能力が高い人で、お金に強い執着心を持つため失う事に対して強い抵抗感を持っています。
そのため、損をしないようにお金を貯める事が優先順位の上位に来ます。

その結果、倹約とは言えないような厳しい方法を取ることもあり、削れる費用は驚くほど削ります。

周囲からは行き過ぎた節約志向があると認識される事も多いため、ケチであるといわれる事もあり、守銭奴が良い意味で使われることは基本的にはありません。

特徴

守銭奴と呼ばれる人は

  • 過去にお金に苦労した経験がある
  • 将来に対して過度な不安がある
  • 損をしたくない気持ちが強い
  • お金が好き
  • お金に対する依存度が高い
  • 金銭ステータス(お金=人間の価値)意識が高すぎる

などの経験や心理が働く事が強いようです。

また、守銭奴はお金に対して非常にシビアな人が多く、会計などの損得勘定の能力は非常に高い傾向があります。

この能力は経営では必須と言っていいほど重要な能力になります。

まとめ

守銭奴はあまり良い意味でつかわれる言葉ではありませんが、そのアセットマネジメント(資産管理・運用)能力は資本主義においてとても重要な能力といえます。

しかし、その能力よりも強すぎる節約志向が目立って認識されてしまい、あまり評価につながりません。

これはお金という数字で示される資産に対しての重要度が高いのですが、数値で表せない知識や経験、人間関係などに対する重要度が低くなりがちなためです。

しかし、守銭奴自身は他者からの評価をあまり気にしない傾向があります。
特に金銭ステータス意識が高い場合はお金がある人が偉く、お金がない人は無能と考えている傾向があるため、自分よりも資産が少ないと思う人にどのように思われても、偉い自分が考えてる事こそ正しいくらいにしか思いません。

貯金をすることは悪い事ではありませんが、そのやり方やバランスは大切です。

備考

「守銭奴」と「金の亡者」はどちらも似ている表現に思われるかもしれませんが、守銭奴はお金を守る人、金の亡者はお金を稼ぐ人の印象が強いです。

関連記事

 金銭ステータス(マネーステータス)
 アセットマネジメント(資産管理・運用)
 資本主義

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)

狼狽(ろうばい)売りは株価が下落した際、冷静な判断ができずに売却してしまう事です。狼狽売りは価格が下落したことで「保有していると膨大な損失が発生する」と思い込んでしまい、冷静な判断を行う事ができないパ …

現在価値(PV)

現在価値(PV)は現在を基準に価値を算出する方法です。ものの価値は変動しているため、同一のものでも過去・未来で異なった価値になります。(現在の価値を現在価値、未来の価値を将来価値と言います。)現在価値 …

多重債務

多重債務は複数の会社から借金をしていて返済が難しい状態です。多重債務の人は借金の総額が多くなったことで、金利も増加し返済が追い付かない状況となっています。多重債務者の中には借金返済のために他の金融機関 …

割賦販売(かっぷはんばい)

割賦販売は分割払いを用いた販売方法です。割賦販売は購入金額を分割して支払うシステムで、ローン払いやリボ払いで使われているシステムです。高額な商品を販売する際に一括で支払いを求められてしまっては販売する …

トレードオフ

トレードオフはお互いに譲れない条件が対立した場合は取引が不成立となる状態です。トレードオフは複数の両立し得ない条件になる関係をさします。一方を得るために、もう一方を犠牲にするように、両立不可能な二律背 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク