大数の法則(多数の法則) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

大数の法則(多数の法則)

投稿日:

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。

大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。
試行回数が少ないと偏りによる影響が大きいため、試行回数を増やす事で理論値に収束させるために用いられます。

具体例

サイコロを投げます。
それぞれの目が出る確率は理論値ではいずれも1/6づつです。

しかし、サイコロを投げる回数が一回の場合の実際の結果はいずれか1つの目だけが100%出たことになります。

サイコロを6回振った場合、全ての同じ目が出る確率は1/6^6=1/46656です。

このように回数を重ねることで偏りが減り、理論値に近づいていきます。

注意点

サイコロを実際に振る場合、1/6に収束しないことが大半です。
物理的な現象として、重心のずれが影響します。

コインも同様で片面が重い場合は1/2に収束しません。

また、人がコインを投げる場合は力加減の影響で偏りが生じます。

このため、現実的な数字と理論的な数字にはずれが生じる事がおおいです。

まとめ

正確な数字がわからない場合、一般的にはフェルミ推定を使う事が多いです。
しかし、フェルミ推定では予測するための実数が必要になり、実数が正しくなければ誤差が大きくなってしまいます。

大数の法則は分母が大きくなることで理論値に近づきます。
このため、正しい理論が確立されていない場合は分母を大きくすることで統計的な確率を割り出す事で実数に近い試算を行えます。

これは保険会社などが用いる事が多い方法です。

関連記事

 フェルミ推定(フェルミの問題)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

EQ(イーキュー)

EQ(Emotional Inteligence Quotient)は心の知能指数と呼ばれています。EQは感情を測定する指標で、感情に対しての認識・理解・抑制・表現などを数値化したものです。EQが高い …

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

コペルニクス的転回は価値観や考え方が全く異なったものになる事です。コペルニクス的転回はコペ転と略され、パラダイムシフトと同じ意味で用いられ、根本が覆る事、考え方や発想が全く異なった事の例えで用いられる …

ピーターの法則

ピーターの法則は有能だったものは不適切な地位に昇進することで無能として留まってしまいます。 能力主義の階層社会では能力の限界まで昇進する事で、昇進後の階層では無能となり、その結果各階層には無能しか残ら …

アキレスと亀のパラドックス

アキレスと亀はアキレス(人)が亀に追いつけないパラドックスです。本来ならば 追いこせるはずの亀をアキレス(人)が追い越せない理論になります。これは着眼点による通常は考える事のすくない視点からの理論です …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ