大数の法則(多数の法則) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

大数の法則(多数の法則)

投稿日:2020年3月3日 更新日:

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。

大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。
試行回数が少ないと偏りによる影響が大きいため、試行回数を増やす事で理論値に収束させるために用いられます。

具体例

サイコロを投げます。
それぞれの目が出る確率は理論値ではいずれも1/6づつです。

しかし、サイコロを投げる回数が一回の場合の実際の結果はいずれか1つの目だけが100%出たことになります。

サイコロを6回振った場合、全ての同じ目が出る確率は1/6^6=1/46656です。

このように回数を重ねることで偏りが減り、理論値に近づいていきます。

注意点

サイコロを実際に振る場合、1/6に収束しないことが大半です。
物理的な現象として、重心のずれが影響します。

コインも同様で片面が重い場合は1/2に収束しません。

また、人がコインを投げる場合は力加減の影響で偏りが生じます。

このため、現実的な数字と理論的な数字にはずれが生じる事が多いです。

また、コインが連続して片方の面が出ていると、次に出る面は連続してでている面とは異なった面がでるように誤認してしまう(ギャンブラーの錯覚(ギャンブラーの誤謬))事がある点にも注意が必要です。

片方の面が過剰に連続して出続けている時は作為的にそのような現象がが引き起こされている可能性の方が高いです。

まとめ

正確な数字がわからない場合、一般的にはフェルミ推定を使う事が多いです。
しかし、フェルミ推定では予測するための実数が必要になり、実数が正しくなければ誤差が大きくなってしまいます。

大数の法則は分母を大きくすることで理論値に近づきます。
このため、正しい理論が確立されていない場合に分母を大きくすることで統計的な確率を割り出す事で実数に近い試算を行えます。

分母を大きくして実態の数字を導き出す方法は主に保険会社などで用いられる事が多い方法です。

関連記事

 ギャンブラーの錯覚(ギャンブラーの誤謬)
 フェルミ推定(フェルミの問題)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

囚人のパラドックス

囚人のパラドックスは「刑の執行を予想できない」という前提によって、予想が正しく行えなくなっているパラドックスです。囚人のパラドックスは前提条件によって前提条件が満たされるパラドックスです。また、囚人や …

ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)

人食いワニのパラドックスはワニが出題する問題に矛盾があるために起こってしまうパラドックスです。子供を助けたい親が「ワニが子供を食べる」を選択してしまうと矛盾が発生してしまいます。 ワニのパラドックスの …

親殺しのパラドックス

親殺しのパラドックスは過去に戻り自分が生まれる前に親を殺した場合、自分が存在できるのかについての思考実験です。親殺しのパラドックスは、タイムマシンのように過去に戻れるという前提での推測となるため、論理 …

砂山のパラドックス

砂山のパラドックスは砂山から砂粒を減らしていき、砂粒が一定の数以下になった場合は砂山でなくなるのかという思考実験です。砂山のパラドックスの問題点は定義が曖昧なものを深く考える事で定義が揺らいでしまい矛 …

セルフブランディング

セルフブランディングとはセルフ(自分)でブランド(信用)を確立する事で、自分の力でプロモーションを行いメディア化する事です。セルフブランディングは個人で行うため、芸能プロダクションのようなものは該当し …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ