囚人のジレンマ(社会的ジレンマ) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

投稿日:2019年12月8日 更新日:

囚人のジレンマはお互い協力する方が、協力しないよりも良い結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況ではお互いに協力しなくなるというジレンマです。
各個人が合理的に選択した結果が社会全体にとって望ましい結果にはなりません

そのため、社会的ジレンマとも呼ばれます。

囚人のジレンマの代表例

共犯の囚人Aと囚人Bがいます。
囚人には「黙秘」「自白」のどちらかが選べます。
それぞれ刑期は下記の通りです。

 ①AB両方が黙秘 刑期2年 
 ②AB両方が自白 刑期5年
 ③Aのみ自白 Bの刑期が10年
 ④Bのみ自白 Aの刑期が10年

上記の条件の場合はお互いに黙秘をするのが全体で見た場合は合計刑期は短いです。
しかし、Aは③を選び、Bは④を選ぶ傾向が強いです。
この場合は②に該当します。
②の場合は個人、全体のどちらの視点から見ても最善な刑期にはなりません。

まとめ

囚人のジレンマは自己の利益を追求する個人の間でいかに協力が可能となるかという社会科学の基本問題であり、幅拾い分野で研究されているほか、自然科学である生物学の協力行動を説明するモデルとして活発に研究されています。

タッカーがゲームの実況を囚人の黙秘や自白にたとえたため、囚人のジレンマとばれています。

囚人のジレンマは、個人の利益を追求する事によってお互いに協力しないという選択になってしまいます。
パレート改善するには、非協力的な相手を信用し黙秘を選択するしかありません。

囚人のジレンマとカニバケツ効果が似ていますが、違いは下記の通りです。
囚人のジレンマは自分の利益を優先します。
カニバケツ効果は人の利益を阻害します。

関連記事

 カニバケツ効果(カニバケツ現象)
 パレート最適(パレート効率性)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

レミニセンス効果

レミニセンス効果は情報を記憶した直後よりも一定時間たってからのほうが記憶をよく思い出せる現象です。基本的に脳は短期記憶と長期記憶を分けて記憶します。 短期記憶 短期記憶は短時間(数秒~数分)の記憶とさ …

保有効果(授かり効果)

保有効果は自分が所有しているものは価値が高いと思う心理です。特に保有している期間が長い場合は高い価値を感じて手放したくないという気持ちが強くなります。そのため、客観的に判断した価値との差が大きくなりま …

シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)

シンデレラ症候群は、男性に高い理想を求める考えです。童話のシンデレラのように理想の相手を待ち続ける事が由来とされています。これは貧困層が富裕層へもつ憧れが、シンデレラストーリーの普遍的な魅力となってい …

ベン・フランクリン効果

ベン・フランクリン効果は心の中で均衡を保とうとする心理です。論理的、心理的に納得できない場合、その要因を無意識で探します。これは脳がストレスを軽減するようできているためです。 矛盾によって起こるストレ …

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク