囚人のジレンマ(社会的ジレンマ) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

投稿日:2019年12月8日 更新日:

囚人のジレンマはお互い協力する方が、協力しないよりも良い結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況ではお互いに協力しなくなるというジレンマです。
各個人が合理的に選択した結果が社会全体にとって望ましい結果にはなりません

そのため、社会的ジレンマとも呼ばれます。

囚人のジレンマの代表例

共犯の囚人Aと囚人Bがいます。
囚人には「黙秘」「自白」のどちらかが選べます。
それぞれ刑期は下記の通りです。

 ①AB両方が黙秘 刑期2年 
 ②AB両方が自白 刑期5年
 ③Aのみ自白 Bの刑期が10年
 ④Bのみ自白 Aの刑期が10年

上記の条件の場合はお互いに黙秘をするのが全体で見た場合は合計刑期は短いです。
しかし、Aは③を選び、Bは④を選ぶ傾向が強いです。
この場合は②に該当します。
②の場合は個人、全体のどちらの視点から見ても最善な刑期にはなりません。

まとめ

囚人のジレンマは自己の利益を追求する個人の間でいかに協力が可能となるかという社会科学の基本問題であり、幅拾い分野で研究されているほか、自然科学である生物学の協力行動を説明するモデルとして活発に研究されています。

タッカーがゲームの実況を囚人の黙秘や自白にたとえたため、囚人のジレンマとばれています。

囚人のジレンマは、個人の利益を追求する事によってお互いに協力しないという選択になってしまいます。
パレート改善するには、非協力的な相手を信用し黙秘を選択するしかありません。

囚人のジレンマとカニバケツ効果が似ていますが、違いは下記の通りです。
囚人のジレンマは自分の利益を優先します。
カニバケツ効果は人の利益を阻害します。

関連記事

 カニバケツ効果(カニバケツ現象)
 パレート最適(パレート効率性)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

熟知性の原則

熟知性の原則は相手の事を知れば知るほど好きになるものです。人は知らないものに対して恐怖や敵意がわきます。そのため、他者を知る事でその恐怖や敵意が払拭(ふっしょく)されていきます。 ジョハリの窓で知られ …

オペラント条件付け

オペラント条件付けは、報酬と罰に適応して行動を行うように学習する事です。オペラント行動の概念は大きく二分され 報酬が与えれられれば報酬を目的に行動するようになります。罰を与えられれば罰を避けるために行 …

単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。これは人 …

損失回避性(損失回避の法則/プロスペクト理論)

損失回避性は、利益から得られる満足感よりも、損失による不満感を大きく評価する心理です。つまり、損をしたくないという感情が強いという事です。人は失う事に対して強い嫌悪感を示します。これは生き残るために遺 …

アダルトチルドレン(AC)

アダルトチルドレンは容姿よりも精神的に成熟して見える方に多く、大人のような子供と表現される事もあります。アダルトチルドレンは幼少期の家庭環境で、親が依存症(アルコール依存症やギャンブル依存症など)であ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ