可処分所得 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

可処分所得

投稿日:2020年5月28日 更新日:

可処分所得は所得から税金や社会保険料などを引いた自由に使えるお金です。

一般的に会社員では給料から2~3割が社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険)や税金(所得税・住民税)などの費用として引かれ、残りの8~7割が手取りとして支給されている方が多いと思います。

この手取りが可処分所得と呼ばれます。

日本では累進課税制度(収入の増加に比例して税金も増加)が設けられているため所得が増加しても、全額が手取りとして増加するわけではありません。

具体例

① 収入が25万円だとします。
② 社会保険料や税金の合計金額を5万円とします。

①から②を引いたものが可処分所得となります。

①(25万円̠̠)-②(5万円)=可処分所得(20万円)

この場合では可処分所得は20万円となります。

この人の収入が30万円に上がる場合
収入(30万円)-②(5万円)=可処分所得(25万円)
とはなりません

これは収入の増加に比例して社会保険料や税金なども増加するため、増えた収入の一部は可処分所得にはならないためです。

まとめ

可処分所得が増えると心理会計(メンタルアカウンティング)の影響から増えた分を娯楽に回してしまう傾向があります。
これはパーキンソンの法則として知られている心理効果の一種で、余裕ができたらその余裕の分だけ使いたくなってしまいますが、

これは時間にも言える事で、本来1時間で終わるものでも2時間あればゆっくりと時間をかけて終わらせます。

例えば、朝早く起きたのはずなのに家を出る前に慌てて準備を行うのはこの原理の影響です。

このように時間もお金も浪費してしまわないようにするためには、計画性を持つ事が大切です。

一般的には生活防衛資金を蓄えるために収入の1~2割は貯金に回す事が良いとされています。

これを踏まえて所得の消費を概算にすると
2~3割は税金などで天引き、1~2割を貯金、2~3割は家賃となるため、合計5~8割が消費されます。
つまり、所得の半分以上は収入を得た時点で消費先が決まっています。
そのため、家計をしっかりと見つめた資産管理が重要となります。

関連記事

 心理会計(メンタルアカウンティング)
 パーキンソンの法則
 生活防衛資金

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

損切(ロスカット/ストップロス)

損切は含み損を抱えている状態で、更なる含み損の増加が予想される場合に、損失を確定させる事です。損切を行う事で損失が確定されてしまいますが、それ以上の損失を止めるためには重要な事です。特にレバレッジを掛 …

金融事故

金融事故は重大な金銭トラブルです。金融情報は履歴が残る取引(クレジットカード・金融機関取引など)が蓄積され、そのデータは信用情報を取扱う機関で管理されます。そのため金融事故を起こすと金融事故情報として …

スタグフレーション

スタグフレーションとは 概要 スタグフレーションは物価が上昇しても景気が良くならない状態です。スタグフレーションをわかりやすく表現すると「物価が上がるのに給料が下がる状態」をイメージしてもらえればわか …

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は国や企業などの経済状況を重点に分析を行う方法です。ファンダメンタルは経済の基礎的条件と言われ、ファンダメンタルズ分析は経済状況を分析し、将来への影響を想定するために行われます。 …

原価

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。通常は原価に利益を載せて販売 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ