可処分所得 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

可処分所得

投稿日:

可処分所得は所得から税金や社会保険料などを引いた自由に使えるお金です。

一般的に会社員では給料から2~3割が社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険)や税金(所得税・住民税)などの費用として引かれ、残りの8~7割が手取りとして支給されている方が多いと思います。

この手取りが可処分所得と呼ばれます。

日本では累進課税制度(収入の増加に比例して税金も増加)が設けられているため所得が増加しても、全額が手取りとして増加するわけではありません。

具体例

① 収入が25万円だとします。
② 社会保険料や税金の合計金額を5万円とします。

①から②を引いたものが可処分所得となります。

①(25万円̠̠)-②(5万円)=可処分所得(20万円)

この場合では可処分所得は20万円となります。

この人の収入が30万円に上がる場合
収入(30万円)-②(5万円)=可処分所得(25万円)
とはなりません

これは収入の増加に比例して社会保険料や税金なども増加するため、増えた収入の一部は可処分所得にはならないためです。

まとめ

可処分所得が増えると心理会計の影響から増えた分を娯楽に回してしまう傾向があります。
これはパーキンソンの法則として知られている心理効果の一種で、余裕ができたらその余裕の分だけ使いたくなってしまいますが、

これは時間にも言える事で、本来1時間で終わるものでも2時間あればゆっくりと時間をかけて終わらせます。

例えば、朝早く起きたのはずなのに家を出る前に慌てて準備を行うのはこの原理の影響です。

このように時間もお金も浪費してしまわないようにするためには、計画性を持つ事が大切です。

一般的には生活防衛資金を蓄えるために収入の1~2割は貯金に回す事が良いとされています。

これを踏まえて所得の消費を概算にすると
2~3割は税金などで天引き、1~2割を貯金、2~3割は家賃となるため、合計5~8割が消費されます。
つまり、所得の半分以上は収入を得た時点で消費先が決まっています。
そのため、家計をしっかりと見つめた資産管理が重要となります。

関連記事

 パーキンソンの法則
 生活防衛資金

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

民事再生(個人再生)

民事再生は借金を減額してもらう制度の一つです。民事再生は借金総額の全額返済見込みがない状態の人の借金総額を減額する制度で、減額後の借金を返済する事で減額された分の借金についても法律上の返済義務がなくな …

守銭奴(しゅせんど)

守銭奴(しゅせんど)は貯金に対する価値観が高い人です。守銭奴はお金を守る能力が高い人で、お金に強い執着心を持つため失う事に対して強い抵抗感を持っています。そのため、損をしないようにお金を貯める事が優先 …

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

変動費率

変動費率は価格の変動する費用が売上に占める割合です。変動費率は経営を安定させるためには大事な指標の一つです。変動費率が正しく導けなければ損益分岐点の計算も正しくは行えません。肝心の変動費率の計算方法は …

需給バランス

需給(じゅきゅう)バランスは需要と供給のバランスです。需要は欲しい人が多ければ増加し、供給はものが多ければ増加します。つまり、ものの量に対してそれを欲しい人のバランスが需給バランスです。需給バランスは …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ