反動形成 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

反動形成

投稿日:

反動形成は抑圧された意識を隠しすぎてしまい本心とは異なった言動をしてしまう心理現象です。

自分の気持ちを抑圧すると多くのストレスを受けます。
そして、ストレスが過度に蓄積されると、そのストレスを発散させるために感情を爆発させてしまう事があります。
しかし、反動形成の影響が強い場合はストレスを抱えている事を周囲に悟られないようにします。

そのため、反動形成は周囲から認識されにくいです。

具体例

会社や学校などの集団生活は社会生活をするため必要です。
そして、そのためにはコミュニケーションが必要ですが、その中には多かれ少なかれ嫌いな人がいると思います。

しかし、嫌いだからと避けていたり、敵視しているとうまくいかない事も多いため、言動を抑制する人が多いと思います。

反動形成は周囲の人から悟られないように言動を抑制しようとする心理が強すぎるため、抑圧された言動とは反対の行動を取ってしまいます。

これは嫌いな人には取らないような言動をする事で周囲から悟られないようにしているためです。

しかし、このような行動を取ると、嫌いな人は嫌われると認識する事ができません。
そのため、ストレッサー(ストレスを与える人)から受けるストレスが減る事はなく、根本的な解決にならないままストレスを蓄積していき、中には鬱病になってしまう人もいます。

まとめ

コミュニケーションを取るためにはある程度は言動を抑制する事も大切です。
しかし、自分の気持ちに素直になれない場合は欲求を抑え込んでいる状態です。

この状態が続くと、爆発して攻撃的になるような人がいますが、このような人はストレスを発散している人です。

しかし、ストレスを抱え込んでしまう人も少なからずいます。
特に反動形成のように自分の本心を偽り続けているとそれが習慣化してしまい、強いストレスを受け続ける事になり、精神的に追い込まれ鬱病などの精神疾患になる可能性があります。

反動形成は言動と気持ちが異なり周囲から認識されにくいため、異変を察して助けてくれる人も少ないです。
むしろ嫌いな人から好かれてしまったり、好きな人から嫌われてしまったりと、周囲からの認識と心の中では異なった認識となる可能性が高いです。

備考

反動形成はフロイトが提唱した防衛機制の一つです。

関連記事

 ストレス

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

ピーターパンシンドローム(ピーターパン症候群)

ピーターパンシンドロームは実年齢は大人ですが、精神が幼い方です。ピーターパンシンドロームの方は、実年齢は大人ですが、精神的に大人になれていないため、言動が子供と同じ水準です。そのため、容姿と精神のバラ …

単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果は接触回数が増加するほど好感度が増加する現象です。最初は好感がなくても、接触回数(見たり聞いたり触れたり)が増加することで、その頻度に比例して好感が強くなり評価が高まっていきます。これは人 …

類似性の法則

類似性の法則は共通点が多い人に好感を抱く心理です。類は友を呼ぶというように、共通点が多い人は自然と集まります。これは共通点が多い人に親近感を抱きやすいためで、共通点が多ければ多いほど、より好感度は上が …

ナルシスト(自己愛性パーソナリティ障害)

ナルシストは自己愛性パーソナリティ障害を持った患者です。ナルシストは異様に自分が大好きで、自分の能力に対して根拠のない自信を持つ傾向があります。 パーソナリティ機能が欠落しているため、コミュニケーショ …

自己顕示欲

自己顕示欲は他者に認識してもらいたい心理的欲求です。自己顕示欲は承認欲求の一種とされ、他者から確立した個人として認識されたいと思う心理です。しかし、自己顕示欲が強くなりすぎると周囲へのアピールが過剰に …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ