反動形成 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

反動形成

投稿日:

反動形成は抑圧された意識を隠しすぎてしまい本心とは異なった言動をしてしまう心理現象です。

自分の気持ちを抑圧すると多くのストレスを受けます。
そして、ストレスが過度に蓄積されると、そのストレスを発散させるために感情を爆発させてしまう事があります。
しかし、反動形成の影響が強い場合はストレスを抱えている事を周囲に悟られないようにします。

そのため、反動形成は周囲から認識されにくいです。

具体例

会社や学校などの集団生活は社会生活をするため必要です。
そして、そのためにはコミュニケーションが必要ですが、その中には多かれ少なかれ嫌いな人がいると思います。

しかし、嫌いだからと避けていたり、敵視しているとうまくいかない事も多いため、言動を抑制する人が多いと思います。

反動形成は周囲の人から悟られないように言動を抑制しようとする心理が強すぎるため、抑圧された言動とは反対の行動を取ってしまいます。

これは嫌いな人には取らないような言動をする事で周囲から悟られないようにしているためです。

しかし、このような行動を取ると、嫌いな人は嫌われると認識する事ができません。
そのため、ストレッサー(ストレスを与える人)から受けるストレスが減る事はなく、根本的な解決にならないままストレスを蓄積していき、中には鬱病になってしまう人もいます。

まとめ

コミュニケーションを取るためにはある程度は言動を抑制する事も大切です。
しかし、自分の気持ちに素直になれない場合は欲求を抑え込んでいる状態です。

この状態が続くと、爆発して攻撃的になるような人がいますが、このような人はストレスを発散している人です。

しかし、ストレスを抱え込んでしまう人も少なからずいます。
特に反動形成のように自分の本心を偽り続けているとそれが習慣化してしまい、強いストレスを受け続ける事になり、精神的に追い込まれ鬱病などの精神疾患になる可能性があります。

反動形成は言動と気持ちが異なり周囲から認識されにくいため、異変を察して助けてくれる人も少ないです。
むしろ嫌いな人から好かれてしまったり、好きな人から嫌われてしまったりと、周囲からの認識と心の中では異なった認識となる可能性が高いです。

備考

反動形成はフロイトが提唱した防衛機制の一つです。

関連記事

 ストレス

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

確証バイアス

確証バイアスは肯定的な情報を重要視し、否定的な情報を軽視する心理です。自分の考えに肯定的な情報を重点的に集める場合、否定的な情報には触れないようにします。しかし、「肯定的な情報=重要な情報」とは限りま …

アンカリング効果

アンカリングは評価する際の基準点が感情的な影響によって作り上げられる事で、合理的な判断結果と異なることです。感情的な経験が強いほど、強力な基準ができ、その基準を繰り返し用いる事で、さらに基準は強くなり …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果)

教師期待効果は心理行動の一つで、教育者が学習者に対して期待をする事で、成績の向上に影響を与える効果です。教師に期待されることでその期待に応じた働きを見せる心理行動です。教師期待効果、ピブマリオン効果、 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ