割れ窓理論 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

割れ窓理論

投稿日:

割れ窓理論は始めの些細な犯罪が後に大きな犯罪へと繋がる例です。

割れ窓理論はバタフライ効果の様に、最初の些細な切っ掛けが後の大きな犯罪への布石となってしまうモデルケースで、軽微な犯罪でも徹底的に取り締まる事が凶悪犯罪を含めた犯罪の抑止になるとされています。

  1. 割れた窓を放置すると管理していないと周知されます。
  2. 管理されていないためゴミの不法投棄などが増えます。
  3. ゴミが増えると人が近寄らなくなります。
  4. 人が近寄らないと軽犯罪の犯行場所となりやすくなります。
  5. 軽犯罪が増加すると治安が悪くなります。
  6. 治安が悪いと人が近づきにくくなります。
  7. 治安が悪いと大きな犯罪も起きるようになります。

上記のように最初は小さなきっかけから始まり、やがて凶悪犯罪につながる可能性が高いです。
つまり、軽微な犯罪を取り締まる事で治安がいい環境になる事が提唱されています。

具体例

海外ではこの理論が取り入れられ、軽微な犯罪を取り締まる事によって、凶悪犯罪の減少が確認されています。

軽犯罪取り締まるためには警官などの巡回も必然的に増加します。
そのため、犯罪の抑止力にもなります。

実際に取り締まる軽微な犯罪は、壁の落書き、ゴミのポイ捨てなども含まれるため、公衆衛生もよくなりました。

このように、多くのメリットが重なり住み良い街となる事で、住民が増加した町もあります。

まとめ

人は責任が少ないほど大胆な行動を取る傾向があります。
そのため、責任が明確化されてしまう環境では堅実な態度を取ることが多くなります。

また、犯罪が少ない環境では、軽犯罪でも社会から受ける影響が大きくなりがちです。

ここまでの内容では割れ窓理論は問題がない理論であるように思えますが、反対意見もあります。
実験を行った都市の秩序が良くなりましたが、実験を行わなかった都市も秩序が良くなったことから、割れ窓理論により成果ではない。とする意見もあります。

備考

割れ窓理論は心理学者のジュージ・ケリングが提唱しました。
破れ窓理論、ブロークウインドーズ理論などと呼ばれることもあります。

関連記事

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。後光効果やハローエラーとも呼ばれます。ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる …

パブロフの犬

パブロフの犬は、条件反射の実験例です。犬に限ったことではなく、人にも同様の現象がおき、数多くの条件反射があります。広義には癖や習慣、トラウマなどもこの条件反射の一つといえます。そしてこれらは人生に大き …

スポットライト効果

スッポットライト効果は他者からの認識を過剰に考えてしまい、自身が注目されていると錯覚をしてしまう現象です。自身の見られている意識と、周囲から見られている意識の差が大きい現象です。スポットライト効果は集 …

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク