制度疲労 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

制度疲労

投稿日:

制度疲労は昔に作られた制度が現在の状況に適していない状態です。

制度疲労は、制度ができた当時は有効的に機能していたはずの内容が時間経過で徐々に状況に対応できなくなっている状態です。

本来の制度は社会状況に応じて柔軟に変化が必要ですが、制度ができてからの社会情勢に制度の変更が追い付かないために起こります。

これらの制度は次第に経済発展の足かせとなっていきます。

具体例

田舎へ行くと田んぼの真ん中にアスファルトで綺麗に整備された道を目にする事があると思います。

周囲は田んぼで見通しも良いのですが、速度制限40キロとなっている道もあります。

このような道の制限速度は昔の車両の走行性能や道路状況に合わせた制度となっている場所が多いです。

現在は車両性能や路面状況が昔よりも大幅に向上しているのですが、旧制度のまま適用されているため、本来は速度超過を取り締まる機関ですら速度超過で走行しています。

このような状況が一般的に認識されているにも関わらず、制度の改正が行われない状況が制度疲労と呼ばれます。

まとめ

制度疲労を改善するためには制度を理解し現状を改善できる立案を行わなくてはいけません。
しかし、これらの状況を改善できるような環境でもありません。
制度疲労が進行すると、制度疲労が更なる制度疲労を呼ぶ状況となり悪循環となってしまいます。

これらの問題を考えるには選挙制度が重要となると思います。

日本の選挙制度は最大多数の最大幸福を目指した民主主義制度です。
この選挙ではB層と呼ばれる政治に肯定的な印象を持つ、制度を理解していない人が主役になっていると考えられています。
制度を理解していないのに主役である事を不思議に思われるかもしれませんが、民主主義は大多数側の意見が常に採用されます。
そのため優れている意見でも少数側の意見は採用されません。

このような、民主主義の怖い側面を理解している人はどのくらいいるのでしょうか?
また、臓器くじのようなモラルジレンマ問題を考えた事がある人はどのくらいいるのでしょうか?

海外ではノブレス・オブリージュのように力がある者はその力に対しての責務を果たす事が常識と考えられている国も多いです。
その一方で日本ではこのような教育を受ける事はほとんどありません。

民主主義は優れた教育がなければ成り立たない制度となっているのですが、フリン効果ではIQ(アイキュー)が低下傾向にあるとの研究結果もあります。

私は若年者への教育が将来的に大切な要素になると思います。

備考

制度疲労は金属疲労から転じているとされています。

関連記事

 臓器くじ
 モラルジレンマ
 国民の階層分類(A層・B層・C層・D層)
 ノブレス・オブリージュ
 フリン効果
 IQ(アイキュー)

 

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

知能爆発

知能爆発は知能が指数関数的に成長する事です。知能爆発は知能が飛躍的に向上していく事を意味します。知能爆発にはいくつかの可能性があり、 高度な人工知能(AI)のような機械的な存在が自己学習を行い超知能が …

センターピン理論

センターピン理論は影響力の大きいものに狙い効率よく成果をだす理論です。物事の要点を見極める事で効率的に大きな効果や成果が得られのが特徴で、ボーリングのセンターピンをたとえて提唱されているものです。ボー …

第二領域思考

第二領域思考は優先順位を重要性と緊急性に分類した際の考え方です。物事を重要性と緊急性に分類すると4つに分類されます。 第一領域 緊急性が高く 重要度も高い 基本的にはやらなければいけない事が該当します …

マルチタスク

マルチタスクは複数の仕事を並列処理、または短期間に切り替えながら処理する事です。マルチタスクは同時に複数の処理を進めるのが特徴です。そのため作業効率が上がる様に感じるかもしれませんが、基本的には作業効 …

HSP(エイチエスピー/ハイリー・センシティブ・パーソン)

HSPは先天的に刺激に対して敏感な人です。HSPは日本人に比較的多く約20%(5人に1人)と考えられています。しかし、HSPではない人が約8割(5人のうち4人)なので、日常的には少数派になってしまう事 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ