初頭効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

初頭効果

投稿日:2020年4月22日 更新日:

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。

最初に与えられる刺激に対しては感情的に受け止める事が多いです。
最初は未知の部分がほとんどで、その未知の部分に対して予想を立てる事で、合理的な判断と異なった印象を持つ事が多いです。
つまり憶測で判断してしまう事で、合理的な判断とは異なった決定をしてしまう事です。

特に第一印象は最初の数秒の視覚的刺激によって決まると言われています。
そしてこの印象は感情的な影響を強くうけ、合理性がほとんどありません。
しかし、この影響は数か月程度持続し、最初についてしまった印象を覆すにはそれなりに時間がかかります。

初頭効果はアンカリング効果ハロー効果に影響を与えます。

アンカリング効果
 感情的な影響を強く受ける事で基準が作られる現象です。
 特に初めての経験では基準点がないため、最初の経験が基準となります。

ハロー効果
 顕著な特徴が過大評価される現象です。
 初めて目にする刺激に対して、その人や物の表面的に見える部分からその印象を決定します。

具体例

アンカリング効果

初めて株を購入した際に株価が上がり儲かったとします。

この経験から、株は儲かるものという経験が残ります。
そしてこれが基準となり、その後に損失を出しても儲かるという印象が残ります。

しかし、この儲かるという基準は試行回数が少ない中での感情的な判断ですので、試行回数が増加する事で合理的な判断ができるようになり、実際と異なると思う時がくるかもしれません。

このように感情的に決定付けらた基準点は合理性が乏しくなるのがアンカリング効果の特徴です。

ハロー効果

やる気がない人を見るとどうしても能力が低い印象を抱いてしまいがちです。
しかし、やる気というのは能力に対して、その人がどれだけ能力を発揮するかで決定されます。

やる気があるAさんは能力を100%使います。
やる気がないBさんは能力を50%しか使いません。

しかし、Aさんの能力が50でBの能力が110あったとしたら、Bさんはやる気を出さなくてもAさん以上の能力を発揮しています。

このように最初印象で未知の部分を想定するのがハロー効果の特徴です。

まとめ

最初の印象は大切です。
ここで大切なのは過大評価も過小評価もせずに合理的な判断を行う事ですが、情報が少ない状態で合理的な判断を行う事は難しいです。
そのため、知識や経験を積み、感情に左右されないようにすることが大切です。

しかし、この影響は自分が判断を下す側に限った事ではありません。
自分が他者へ与える印象もこの影響を大きく受けます。

未知の部分が多いと予想する部分が膨らみます。
そのため、未知の部分を無くす事で等身大の自分を受け止めてもらうことができます。

ジョハリの窓では自己開示が進む事で好感を持たれるとされている事からも他者へ自分を知ってもらう事は交友関係を深める上で重要な要素となります。

備考

ポーランドの心理学者のソロモン・アッシュが提唱しました。

初頭効果は最初に与える影響が大きい現象です。
それに対して、最後に与える影響が大きい親近効果があります。

関連記事

 アンカリング効果
 親近効果
 ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

愛されたい症候群

愛されたい症候群は他者から愛されたいという要求が強い状態です。愛されたいと思う感情は多くの方が持っている基本的な欲求です。しかし、愛されたい気持ちが強く出すぎてしまうと問題がでてきてしまいます。特に問 …

寛大効果(寛容効果/寛大化傾向)

寛大効果は他者の良い面は過大に悪い面は過少に評価する心理です。寛大効果は無意識のうちに他者の良い面は過大評価し、悪い面は過小評価する心理のため、実際の評価よりも寛大(全体的に良い)な評価となります。こ …

優越の錯覚

優越の錯覚は自分は平均よりも優れていると過大評価する心理です。知識や技術、身体能力や性格など、他者よりも優れていると錯覚しやすい傾向があります。 これは人間の生存本能によるもので、他者よりも優れている …

オペラント条件付け

オペラント条件付けは、報酬と罰に適応して行動を行うように学習する事です。オペラント行動の概念は大きく二分され 報酬が与えれられれば報酬を目的に行動するようになります。罰を与えられれば罰を避けるために行 …

反動形成

反動形成は抑圧された意識を隠しすぎてしまい本心とは異なった言動をしてしまう心理現象です。自分の気持ちを抑圧すると多くのストレスを受けます。そして、ストレスが過度に蓄積されると、そのストレスを発散させる …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ