全般性不安障害(GAD) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

全般性不安障害(GAD)

投稿日:

全般不安性障害は日常生活に問題がなくても不安な気持ちが常にある状態です。

全般性不安障害は不安障害の一種とされていますが、不安の原因が漠然としているたため、その解決方法も明確になりません。
そのため、不安は改善されることがありません。

そして、強い不安から些細な事でも悪いほうに考えてやすくなる傾向があるため、本来ならば影響がないような事でも過剰に反応するなど、精神をすり減らしてしまします。

症状が進むと睡眠にも影響が出始め、日常生活に支障がでるようになるため、通常の生活が困難になります。

このように持続的で過度な不安はその改善の見込みもないため、不安を抱いてる本人ですら、それを改善する事が難しく、コントロールすることが困難です。

全般性不安障害の特徴

一般的に全般不安障害の原因は遺伝的要因や性格、疲労やストレスによる自律神経の問題などが原因と考えられています。

全般性不安障害は日常生活で起こる可能性のある事にたいして不安を抱く事から、不安の対象がとても広いです。

そのため、日常生活の中で全ての不安を取り除いた生活をすることは困難にもかかわらず、小さな不安要素までも心配の種となる事で自身を追い込んでしまいます。

また、その心配の種が的を射ている事も多い事から、周囲も本人も心配性な傾向があるだけだと誤解している事も珍しくなく、治療を受けずに過ごしている方もいます。

これは全般性不安障害の認知度が低い事が原因の一つですが、医療機関でも自律神経失調症や更年期障害と誤診される人が多いといわれています。

しかし、全般性不安障害は悪化すると鬱病やパニック障害や社会不安障害などのリスクも高まるため、早期の治療を行う事が望ましい症状です。

全般性不安障害の主な症状

身体的症状

頭痛・めまい・動悸・便秘・下痢・頻尿

精神的症状

取り越し苦労が増える・落ち着かない・疲労感・集中力が持続しない・睡眠不足・記憶力低下・悲観的になる

このような症状はその重症度を問わなければ一般的に起こる症状が多いです。
そのため発見が遅れる事や、誤診が多い要因となっています。
しかし、症状が6カ月以上続く場合は全般性不安症の可能性があります。

まとめ

全般性不安障害はアメリカの研究で約5%(20人に1人)の人が生涯に一度は発症するとされています。

しかし、病院で検査を行っても身体的に問題があるわけではない事から、原因の特定が難しく誤診されることもありますが、適切な治療を行わない場合は異なる不安障害も併発しやすくなり、日常生活を行う事が困難になりかねないので注意が必要です。

一般的には環境的要因(仕事や家庭のストレス)が発症リスクを高めるとされているため、これらの環境を良くすることが望ましいです。

また、女性は男性よりも発症リスクが高いため、専門の医療機関への早期受診が望ましいです。

関連記事

 不安障害
 パニック障害
 ストレス

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

発達障害

発達障害は先天的に脳の発達が遅い症状です。先天的な障害のため、幼少期から症状が現れるのが特徴ですが、自己判断する事が難しいです。また、五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)のような障害から学習による遅れ …

被虐待症候群(BPS)

被虐待症候群(ひぎゃくたいしょうこうぐん)は虐待の被害者が虐待を受け入れてしまう状態です。虐待は身体に限らず、精神的・性的虐待なども含まれ、日常的に行われている虐待が発見されないように隠す事が多いです …

パニック障害

パニック障害は急に理由もなく不安や恐怖を感じるため日常生活に支障がでます。パニック障害の「突然」「理由もなく」強い不安や恐怖、動機や発汗手足の震えなどの症状が起きます。また、パニック障害は特定の場所や …

オーバーシュート

オーバーシュートは予想を大きく超えた感染を意味します。オーバーシュート(overshoot)は直訳すると的を外す事を意味します。金融関係でも用いられる言葉ですが、ここでは感染症についての記事になります …

接触感染

接触感染は病原体と接触する事で感染が広がります。接触感染という名前から、手で触れるだけでは感染すると思うかもしれませんが、粘膜に病原体が接触しない限り感染しません。粘膜は皮膚によって守られていますが、 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ