全能のパラドックス(全能の逆説) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

全能のパラドックス(全能の逆説)

投稿日:2020年11月8日 更新日:

全能のパラドックスは、全能には論理的な矛盾が発生してしまうため、全能を否定するパラドックスになっています。

全能のパラドックスの論理的な矛盾は物理的に無理があったり、正反対のことを同時に満たす事はできないという考えが根幹にあります。

例えば、「液体と固体と気体の性質を同時に満たす物質」「不老不死が死を経験する」など、不可能だと考えられる事は多いです。

数ある矛盾点の中で有名なのは「全能の石」です。

「全能の石」の概要

全能の石は全能者の能力で

  • 「持ち上げられない石」を作る事ができるのか?
  • 「どんな石でも持ち上げる」事はできるのか?

そして、全能者はこの二つを同時に満たす事ができるのかを考える思考実験です。

全能である場合は「持ち上げられない石」を作る事はできるはずです。
しかし、持ち上げられないはずの石でも、全能であれば「どんな石でも持ち上げる」事ができるはずです。

そこで問題が生まれます。

  • 石を持ち上げる場合は「持ち上げられない石」にはならない
  • 石を持ち上げる事ができない場合は「どんな石でも持ち上げる」ことはできない

このように、二つの相反する要素を同時に満たす事はできないのではないのか?という問題点です。

そして、この問題を深く考えていくと

砂山のパラドックスのように私たちの定義した「持ち上げるという」という定義が曖昧な事が原因で矛盾が生まれている可能性がでてきます。

そのため、定義の見直しから行う必要がでてきます。

まとめ

言葉は私たちの祖先から代々変化を重ねて引き継がれてきたものです。
そのため、最初から矛盾を抱えていた可能性もありますが、その変化の過程で本質を見失ってしまったものも多いのかもしれません。

そのような不完全な言葉でしかコミュニケーションを取る事ができない私たちは箱の中のカブトムシのように、それぞれの認識を完全に共有する事はできません。

そのため、中国語の部屋のような誤解が生まれます。

しかし、不完全でも意志疎通を行うように努力する事は大切です。
全てを分かり合えなくても、他者を理解しようとすることは大切です。

関連記事

 パラドックス
 砂山のパラドックス
 箱の中のカブトムシ
 中国語の部屋


アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

フェルミ推定(フェルミの問題)

フェルミ推定とはいくつかの手がかりを元に論理的な概算を求める方法です。求めたい数値を仮定とする情報を元に論理的に分析するため、答えのわからない問いに対しての一つの解決方法として重宝されています。しかし …

HSP(エイチエスピー/ハイリー・センシティブ・パーソン)

HSPは先天的に刺激に対して敏感な人です。HSPは日本人に比較的多く約20%(5人に1人)と考えられています。しかし、HSPではない人が約8割(5人のうち4人)なので、日常的には少数派になってしまう事 …

ピーターの法則

ピーターの法則は有能だったものは不適切な地位に昇進することで無能として留まってしまいます。 能力主義の階層社会では能力の限界まで昇進する事で、昇進後の階層では無能となり、その結果各階層には無能しか残ら …

マルチタスク

マルチタスクは複数の仕事を並列処理、または短期間に切り替えながら処理する事です。マルチタスクは同時に複数の処理を進めるのが特徴です。そのため作業効率が上がる様に感じるかもしれませんが、基本的には作業効 …

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ