全能のパラドックス(全能の逆説) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

全能のパラドックス(全能の逆説)

投稿日:2020年11月8日 更新日:

全能のパラドックスは、全能には論理的な矛盾が発生してしまうため、全能を否定するパラドックスになっています。

全能のパラドックスの論理的な矛盾は物理的に無理があったり、正反対のことを同時に満たす事はできないという考えが根幹にあります。

例えば、「液体と固体と気体の性質を同時に満たす物質」「不老不死が死を経験する」など、不可能だと考えられる事は多いです。

数ある矛盾点の中で有名なのは「全能の石」です。

「全能の石」の概要

全能の石は全能者の能力で

  • 「持ち上げられない石」を作る事ができるのか?
  • 「どんな石でも持ち上げる」事はできるのか?

そして、全能者はこの二つを同時に満たす事ができるのかを考える思考実験です。

全能である場合は「持ち上げられない石」を作る事はできるはずです。
しかし、持ち上げられないはずの石でも、全能であれば「どんな石でも持ち上げる」事ができるはずです。

そこで問題が生まれます。

  • 石を持ち上げる場合は「持ち上げられない石」にはならない
  • 石を持ち上げる事ができない場合は「どんな石でも持ち上げる」ことはできない

このように、二つの相反する要素を同時に満たす事はできないのではないのか?という問題点です。

そして、この問題を深く考えていくと

砂山のパラドックスのように私たちの定義した「持ち上げるという」という定義が曖昧な事が原因で矛盾が生まれている可能性がでてきます。

そのため、定義の見直しから行う必要がでてきます。

まとめ

言葉は私たちの祖先から代々変化を重ねて引き継がれてきたものです。
そのため、最初から矛盾を抱えていた可能性もありますが、その変化の過程で本質を見失ってしまったものも多いのかもしれません。

そのような不完全な言葉でしかコミュニケーションを取る事ができない私たちは箱の中のカブトムシのように、それぞれの認識を完全に共有する事はできません。

そのため、中国語の部屋のような誤解が生まれます。

しかし、不完全でも意志疎通を行うように努力する事は大切です。
全てを分かり合えなくても、他者を理解しようとすることは大切です。

関連記事

 パラドックス
 砂山のパラドックス
 箱の中のカブトムシ
 中国語の部屋


アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ハイエンド

ハイエンドは最上級の商品やサービスを指します。ハイエンドは提供している商品やサービスの中で(性能・機能・仕様などが総合的に)優れたものが属するカテゴリなどを指し、基本的に価格が高いです。一般的には 高 …

水平思考(ラテラルシンキング)

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除く …

臓器くじ

臓器くじは健常者の臓器を取り出して多くの人の命を救う事は善い事かを考える思考実験として提案されました。臓器くじは功利主義、モラルジレンマを考える際の題材として取り上げられることが多いです。健常者の臓器 …

浮きこぼれ(吹きこぼれ)

浮きこぼれは能力が高すぎて周囲となじめない人を指します。浮きこぼれは特に学校教育で問題になる事がある現象です。ギフテッドやタレンテッドの様に一般的な能力よりも高い能力を持つ生徒や、高い教育によって後天 …

PREP法(プレップ法)

PREP法は文章の構成方法の一つです。PREP(プレップ)法は結論を最初に伝え、その後に理由付けや裏付け、事例などの具体例を提示し、再度結論を示す事で他者へ伝わりやすくなると考えられています。内容を構 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ