偽薬効果(プラシーボ効果/プラセボ効果) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

偽薬効果(プラシーボ効果/プラセボ効果)

投稿日:

偽薬効果は病気の症状に効果がないとされている物質での治癒効果です。

心理的影響を強く受ける方では、薬の作用の30~40%は心理効果によってもたらされているといわれています。
このため、治療法のない患者や、副作用などの問題のある患者に対して暗示効果を期待し処方する事があります。
※客観的測定可能な状態の改善として現れる事もあります。

また、慢性疾患や精神状態に影響を受けやすい疾患ではかなりの効果が現れる事があります。

具体例

痛み止めを飲んだとして、その薬の作用するまでの時間が本来ならば半日なのに、1時間もすれば痛みが引く事があると思います。
これは心理効果が大きく影響しているためです。

また、癌などで治療しても改善の見込みがないとされた患者が、医師のいう事を聞かずに独自の治療を行う事で完治した例もります。

薬学的根拠は示されていませんが、過去の計測結果から偽薬効果は有効な治療法と考える医師も多いです。

注意点

偽薬効果の影響によって臨床試験の結果に影響が出る事が予想されるので、それを区別する必要があります。
特に偽薬によって副作用(有害作用)が現れる(反偽薬効果、ノーシーボ効果などと呼ばれる)事があり、副作用があると信じ込む事によってより強く出現する事があるのではと心配されています。
本物の薬の効果を確かめるために比較対象として利用される事もあります。
その一方で薬剤投与を継続しても効果がないと思い込む事で効果でない事もあります。

まとめ

偽薬効果は薬の値段、医師のへの信頼度、病院の規模、周囲の雰囲気など、様々な要因が心理的影響を与える事で差が生じます。

火傷も本人が自身の状態をどのように認識するかで、その後の症状が異なるといわれています。

科学的に証明されていない現象は世の中にまだまだ多いです。

備考

偽薬作用は薬理作用に基づかない薬物の治癒効果で、ヘンリー・ビッチャーが研究報告をして広く知られました。
偽薬はプラシーボやプラセボとも呼ばれるため、ブラシーボ効果やプラセボ効果とも呼ばれます。
偽薬を処方する事に対して賛否がありますが、WHOは推奨していません。

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

発達障害

発達障害は先天的に脳の発達が遅い症状です。先天的な障害のため、幼少期から症状が現れるのが特徴ですが、自己判断する事が難しいです。また、五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)のような障害から学習による遅れ …

飛沫感染

飛沫感染(ひまつかんせん)は空気中に飛び散った病原体を吸入する事で感染する事です。飛沫感染は咳き・くしゃみ・会話などにより空気中に病原体が飛び散り、他者にの体内に入り込み感染者が増加します。病原体は体 …

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)は不安や恐怖、強いこだわりによって生活に支障がでる状態です。強迫性障害の人は不合理なイメージが脳内に浮かび、それを払拭しようと行 …

書字障害(ディスグラフィア)

書字障害(ディスグラフィア)は字を書く事が困難な症状です。ディスグラフィア(dysgraphia)は発達障害(LD)の一種とされていますが、字を書く事が苦手な事以外は周囲と差がないため、知的レベルが劣 …

鬱病(うつびょう)

鬱病(うつびょう)は精神的に疲れていて、舞います思考になってしまう状態です。鬱病になってしまう原因は主にストレスによるものが強く、将来に対する不安や、周囲からのプレッシャー、自分の能力以上の仕事量、ハ …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク