休業手当 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

休業手当

投稿日:

休業手当は会社の事情によって従業員を休ませた場合に時に発生する手当です。

従業員を会社の事情で休業させる場合、従業員には労働して入ってくる予定だった収入が入らなくなります。

従業員は会社で労働する事で給料を支給される前提として生活をしているため、収入が急に減少すると生活に悪影響がでますし、休業が頻繁に行われると生活が困難になってしまいます。
そのため、会社の事情によって労働者を休業させる場合は給料の6割以上の支払いを行わなくてはいけません。

休業手当を支給する条件

  • 経営悪化によって仕事量が減少し休業させる場合
  • 生産を調整するための休業
  • 監督官庁の勧告による営業停止
  • その他、会社の事情で従業員を休ませる場合

※会社の責任にならない条件は天災などの予測できない状態によって従業員を休業させる場合です。

休業手当の計算

休業手当は基本6割以上となっていますが、実際に計算すると少ないと感じる人が多いと思います。

直近3カ月の賃金総額÷3か月の日数×60%×勤務予定だった日数

具体例

月給の基本的な計算の場合

月の総支給20万円、3カ月の暦日を90日で計算する場合

20万円(月給)×3か月÷90日×60%=1日の休業手当額
1日分の休業手当は約4,000円になります。
30日-8日(完全週休二日)=22日
22日×4,000円=80,000円
ここから社会保障などの費用が引かれます。

日給や時給の基本的な計算の場合

3カ月の総支給合計60万円、3カ月の労働日数66日で計算する場合

60万円(3カ月の総支給)÷66日(3カ月の労働日数)×60%
1日の休業手当は約5,455円になります。
※日給や時給で労働している人は月給の計算と比較し、高い方で支払いをしてもらう事ができます。

まとめ

会社の事情で従業員を労働させない場合はノーワーク・ノーペイの原則は適用されません。

これは会社からの一方的な条件によって労働者が生活に困窮しないようにと定められたものです。

しかし、休業手当は通常の勤務よりも支給額が減少するため、100%支給される年次有給休暇を使用する労働者もいます。

通常は年次有給休暇を使用するためには労働日でなくてはいけないため、休業になってしまうと労働日でなくなり、年次有給休暇を使用する事ができなくなると考えてしまいがちですが、企業側が休業指示を出した後に年次有給休暇の申請を認める事は問題がないとされています。

関連記事

 ノーワーク・ノーペイ
 年次有給休暇

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

金銭警戒

金銭警戒は貯金する傾向が強い人です。マネースクリプトで分類される金銭警戒はお金を使う事に抵抗を感じる傾向がある人です。節約や倹約を行い浪費を抑えて貯金し、いざという時に備える事が大切だと考えている傾向 …

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払いは分割払いの一種です。リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(利息/ …

労使協定

労使協定は会社と労働者の間で労働基準法の例外を定めるために結ばれる協定です。労使協定は誰でも結べるわけではなく、労働者の中から代表を選出し、選出された人が会社との交渉などを行います。労働者の代表は民主 …

奨学金

奨学金は学生を支援するために貸し出されるお金です。奨学金は国内の高等専門学校・専修学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院などで学ぶ人を対象にしています。奨学金は基本的には借金のため、借りた分は返す …

キャシュフロークワドラント(ESBI)

キャッシュフロークワドラントは収入を得る方法を4つに分類した考えです。収入を得ている人は基本的に「社員」「自営業者」「経営者」「投資家」に分類されます。※中には複数を掛け持ちしている人もいます。 労働 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので「有料情報よりも価値がある情報を無料で提供する」事を目指しています。

ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも学校では教えもらえない事をメインに取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできるような情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ