仮面鬱病(かめんうつびょう) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

仮面鬱病(かめんうつびょう)

投稿日:

仮面鬱病は鬱病(うつびょう)の一種で精神的症状よりも、肉体的症状の影響が大きく診られる症状です。

うつ病は精神的な症状が広く知られていますが、身体的な症状もあります。
仮面うつ病の場合はこの身体的な症状を自覚症状として認識しますが、精神的な症状に対する自覚症状は少ないです。

鬱病の一種のため身体検査では異常がでる事は少なく、日常生活に問題があると診察される事は稀です。

仮面鬱病はその特性から、日常生活に大きな問題がなく過ごせてしまう点も本人の自覚症状とは裏腹に、周囲からの認識との差が現れます。

仮面鬱病の主な原因は過労やストレスで、やる気がなくなり、心身の不調を訴えるのが特徴です。

そのため仮面鬱病の治療では休息をとる事が大切です。

仮面鬱病の主な症状

  • 倦怠感、疲労感
  • 不眠・頭痛・肩こり・動悸・多汗・腰痛
  • 食欲不振・体重減少・過食
  • 腹痛・消化器系・順消化器系の異常
  • 興味が希薄になる
  • 思考がまとまらなくなる

仮面鬱病の落とし穴

仮面鬱病は本人が症状から鬱病の一種であると気づく事は稀です。

多くの人は自覚症状から内科系を受診する傾向が強いですが、内科の異常ではないため診断結果から異常なしと診断され、病気を見過ごしてしまう事が多いです。

診断結果で異状がないとされても、次第に仮面鬱病が悪化する事で社会生活に問題が起きるようになります。
更に重症化していくと社会復帰が難しくなる事もあるため、内科での治療で改善されない場合は精神科や心療内科を受診する事も必要です。

まとめ

仮面鬱病は鬱病の一種ですので、「がんばれ」「努力が足りない」などの言葉は重荷を背負わせてしまいます。

社会的なイメージでは鬱病は怠け者のかかる病気だと捉えられる事が多いですが、鬱病は責任感が強い人や真面目な人が過度のストレスを抱えてしまうために起こります。
特に仮面鬱病の場合は本人が健康的な被害が出るほどにストレスを抱えているにも関わらず、それを強い精神力で耐えている状態です。

その疲労感に周囲が診療を進めても、実際に受診するのは内科系が多く、周囲は取り越し苦労だったと安心する事さえもあります。

このような背景から周囲も本人も努力や頑張りが足りないなどと勘違いしてしまい、社会復帰できないような状況になってしまう人もいるため、注意が必要です。

関連記事

 鬱病(うつびょう)
 ストレス

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

パンデミック

パンデミックは感染症が世界的に増加する現象です。免疫を持つ人が少なかった感染症が、効率的に感染者を増やす能力を得る事で、二次感染、三次感染と次第に感染者が増加しパンデミックを起こします。そのためパンデ …

飛沫感染

飛沫感染(ひまつかんせん)は空気中に飛び散った病原体を吸入する事で感染する事です。飛沫感染は咳き・くしゃみ・会話などにより空気中に病原体が飛び散り、他者にの体内に入り込み感染者が増加します。病原体は体 …

論理療法(理性感情行動療法)

論理療法は心理療法の一種で、論理的な観点からメンタルケアを行う方法です。論理療法は心理的問題や生態的反応は論理的な思考が心理に影響を及ぼすというアルバート・エリスのABCDE理論(ABC理論)が基礎的 …

パニック障害

パニック障害は急に理由もなく不安や恐怖を感じるため日常生活に支障がでます。パニック障害の「突然」「理由もなく」強い不安や恐怖、動機や発汗手足の震えなどの症状が起きます。また、パニック障害は特定の場所や …

アルコール依存症

アルコール依存症は行動や感情を抑制する事ができなくなる症状です。アルコール依存症は飲酒をしている人の誰しもがなる可能性がある依存症で、身体にも悪景況を及ぼす危険な症状です。しかし、日本では成人を過ぎる …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ