仮面鬱病(かめんうつびょう) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

健康

仮面鬱病(かめんうつびょう)

投稿日:

仮面鬱病は鬱病(うつびょう)の一種で精神的症状よりも、肉体的症状の影響が大きく診られる症状です。

うつ病は精神的な症状が広く知られていますが、身体的な症状もあります。
仮面うつ病の場合はこの身体的な症状を自覚症状として認識しますが、精神的な症状に対する自覚症状は少ないです。

鬱病の一種のため身体検査では異常がでる事は少なく、日常生活に問題があると診察される事は稀です。

仮面鬱病はその特性から、日常生活に大きな問題がなく過ごせてしまう点も本人の自覚症状とは裏腹に、周囲からの認識との差が現れます。

仮面鬱病の主な原因は過労やストレスで、やる気がなくなり、心身の不調を訴えるのが特徴です。

そのため仮面鬱病の治療では休息をとる事が大切です。

仮面鬱病の主な症状

  • 倦怠感、疲労感
  • 不眠・頭痛・肩こり・動悸・多汗・腰痛
  • 食欲不振・体重減少・過食
  • 腹痛・消化器系・順消化器系の異常
  • 興味が希薄になる
  • 思考がまとまらなくなる

仮面鬱病の落とし穴

仮面鬱病は本人が症状から鬱病の一種であると気づく事は稀です。

多くの人は自覚症状から内科系を受診する傾向が強いですが、内科の異常ではないため診断結果から異常なしと診断され、病気を見過ごしてしまう事が多いです。

診断結果で異状がないとされても、次第に仮面鬱病が悪化する事で社会生活に問題が起きるようになります。
更に重症化していくと社会復帰が難しくなる事もあるため、内科での治療で改善されない場合は精神科や心療内科を受診する事も必要です。

まとめ

仮面鬱病は鬱病の一種ですので、「がんばれ」「努力が足りない」などの言葉は重荷を背負わせてしまいます。

社会的なイメージでは鬱病は怠け者のかかる病気だと捉えられる事が多いですが、鬱病は責任感が強い人や真面目な人が過度のストレスを抱えてしまうために起こります。
特に仮面鬱病の場合は本人が健康的な被害が出るほどにストレスを抱えているにも関わらず、それを強い精神力で耐えている状態です。

その疲労感に周囲が診療を進めても、実際に受診するのは内科系が多く、周囲は取り越し苦労だったと安心する事さえもあります。

このような背景から周囲も本人も努力や頑張りが足りないなどと勘違いしてしまい、社会復帰できないような状況になってしまう人もいるため、注意が必要です。

関連記事

 鬱病(うつびょう)
 ストレス

アドセンス

アドセンス

-健康

執筆者:

関連記事

注意欠損・多動性障害(ADHD)

注意欠損・多動性障害(ADHD)は注意散漫な状態が続く症状です。ADHDは先天的・後天的に発症する症状で、注意散漫が原因で過活動・衝動性・不注意などがみられる症状でが、幼少期にADHDと通常の行動の差 …

発達障害

発達障害は先天的に脳の発達が遅い症状です。先天的な障害のため、幼少期から症状が現れるのが特徴ですが、自己判断する事が難しいです。また、五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)のような障害から学習による遅れ …

論理療法(理性感情行動療法)

論理療法は心理療法の一種で、論理的な観点からメンタルケアを行う方法です。論理療法は心理的問題や生態的反応は論理的な思考が心理に影響を及ぼすというアルバート・エリスのABCDE理論(ABC理論)が基礎的 …

全般性不安障害(GAD)

全般不安性障害は日常生活に問題がなくても不安な気持ちが常にある状態です。全般性不安障害は不安障害の一種とされていますが、不安の原因が漠然としているたため、その解決方法も明確になりません。そのため、不安 …

依存症

依存症は特定の物・行為・関係に対して過剰な執着を示す症状です。依存症は精神的な依存に留まらず身体的にも依存するようになるため、自分で感情や行動を制御できなくなってしまいます。特に物質への依存症の場合、 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ