ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)

投稿日:2020年11月3日 更新日:

人食いワニのパラドックスはワニが出題する問題に矛盾があるために起こってしまうパラドックスです。

子供を助けたい親が「ワニが子供を食べる」を選択してしまうと矛盾が発生してしまいます。

ワニのパラドックスの概要

人食いワニが子供をさらいました。
ワニはさらった子供の親に「ワニがこれから何をするのかを当てられれば’(正解ならば)子供を返す、当てられなければ(不正解ならば)子供を食べる」と言いました。

そこで「ワニは子供を食べると」言った場合

ワニは子供を食べたいので、この答えは正解です。
正解したので子供を返さなくてはいけません。
しかし、子供を食べないと正解にはなりません。
そのため、ワニは子供を食べるのと返すの両方を行わなくてはいけなくなってしまいます。

解説

子供の親が「ワニは子供を食べない」を選択してしまう場合

ワニは子供を食べたいので、この答えは不正解です。
不正解なのでワニは子供を食べる事ができます。

そのため、この選択肢を子供の親が選ぶことはできません。

しかし、唯一子供が返ってくるのは、本当にワニに子供を食べる気がない時なので、子供が返ってくる可能性があるのはこの選択肢になります。

まとめ

ワニのパラドックスはワニが子供を食べるか食べないかにこだわりすぎているために起こるパラドックスです。

このパラドックスを解決するためには、ワニが子供よりも求めるものを考える事が大切です。

例えば、「ワニが子供を食べたら自殺する」と答える場合
これを正解としてしまうとワニが自殺する事が前提となってしまいます。
この場合はワニは子供を返す可能性が高いです。

備考

ワニのパラドックスは不思議の国のアリスの作者で数学者のルイス・キャロルがクロコディルズという作品名で発表しました。

関連記事

 パラドックス

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

大数の法則(多数の法則)

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。試行回数が少ないと偏りによる影響が …

国民の階層分類(A層・B層・C層・D層)

国民の思想を分類したものです。思想で分類しているため、貧富の差は関係ありません。国民にはB層が多いとされています。そのため、B層に的を絞った選挙や、販売促進活動を行う事で成功しやすいとされています。小 …

コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

コペルニクス的転回は価値観や考え方が全く異なったものになる事です。コペルニクス的転回はコペ転と略され、パラダイムシフトと同じ意味で用いられ、根本が覆る事、考え方や発想が全く異なった事の例えで用いられる …

無限の猿定理

無限の猿定理は難解なものでも、十分な時間をかければできるとするものです。無限の猿定理では、猿がタイプライターをランダムに打ち続ける事ができるならば、ウィリアム・シェイクスピアの作品を全て打ち出す事がで …

モラルジレンマ

モラルジレンマとは道徳的に矛盾した二者択一です。モラルジレンマは複数の選択を迫られた時にどの選択も正しく、どの選択も間違っているとする矛盾を抱えています。実社会ではモラルジレンマが起きないようにするこ …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ