ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)

投稿日:2020年11月3日 更新日:

人食いワニのパラドックスはワニが出題する問題に矛盾があるために起こってしまうパラドックスです。

子供を助けたい親が「ワニが子供を食べる」を選択してしまうと矛盾が発生してしまいます。

ワニのパラドックスの概要

人食いワニが子供をさらいました。
ワニはさらった子供の親に「ワニがこれから何をするのかを当てられれば’(正解ならば)子供を返す、当てられなければ(不正解ならば)子供を食べる」と言いました。

そこで「ワニは子供を食べると」言った場合

ワニは子供を食べたいので、この答えは正解です。
正解したので子供を返さなくてはいけません。
しかし、子供を食べないと正解にはなりません。
そのため、ワニは子供を食べるのと返すの両方を行わなくてはいけなくなってしまいます。

解説

子供の親が「ワニは子供を食べない」を選択してしまう場合

ワニは子供を食べたいので、この答えは不正解です。
不正解なのでワニは子供を食べる事ができます。

そのため、この選択肢を子供の親が選ぶことはできません。

しかし、唯一子供が返ってくるのは、本当にワニに子供を食べる気がない時なので、子供が返ってくる可能性があるのはこの選択肢になります。

まとめ

ワニのパラドックスはワニが子供を食べるか食べないかにこだわりすぎているために起こるパラドックスです。

このパラドックスを解決するためには、ワニが子供よりも求めるものを考える事が大切です。

例えば、「ワニが子供を食べたら自殺する」と答える場合
これを正解としてしまうとワニが自殺する事が前提となってしまいます。
この場合はワニは子供を返す可能性が高いです。

備考

ワニのパラドックスは不思議の国のアリスの作者で数学者のルイス・キャロルがクロコディルズという作品名で発表しました。

関連記事

 パラドックス

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

カクテルパーティー効果(カクテルパーティー現象/音の選択的聴取)

カクテルパーティー効果は影響の大きい音声を集中して認識する現象です。カクテルパーティー効果は様々な会話が飛び交う中で興味や関心が強い話題は自然と耳に入ってくる現象で選択的注意の中でも音に集中している状 …

グレートフィルター(The Great Filter)

グレートフィルターは生命の特異点のようなもので、生命が次の段階に発展するための大きな障害となるものです。宇宙は広大であるため、私たちのような文明をもつ知的生命体が私たちの他にいなくてはおかしい(フェル …

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫は事象を確認するまでは予想に過ぎず、確認する事で事象は確定するという理論の例です。シュレディンガーの猫は量子力学における思考実験です。この思考実験のポイントは猫の生死が確認されるま …

貧困(絶対的貧困と相対的貧困)

貧困には定義があり、絶対的貧困と相対的貧困に分類されます。絶対的貧困と相対的貧困ではその生活水準が大きく異なります。 絶対的貧困 人としての水準を維持する事が難しい(貧困線を下回る)状態相対的貧困 文 …

男女のパラドックス(子供のパラドックス)

男女のパラドックスは問題に対する答えが直観とは異なるパラドックスです。通常は男女の比率は約1:1となるため、男女の問題ではその前提条件を元に考える事が多いです。しかし、その前提条件が変わる事があるため …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ