ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)

投稿日:2020年11月3日 更新日:

人食いワニのパラドックスはワニが出題する問題に矛盾があるために起こってしまうパラドックスです。

子供を助けたい親が「ワニが子供を食べる」を選択してしまうと矛盾が発生してしまいます。

ワニのパラドックスの概要

人食いワニが子供をさらいました。
ワニはさらった子供の親に「ワニがこれから何をするのかを当てられれば’(正解ならば)子供を返す、当てられなければ(不正解ならば)子供を食べる」と言いました。

そこで「ワニは子供を食べると」言った場合

ワニは子供を食べたいので、この答えは正解です。
正解したので子供を返さなくてはいけません。
しかし、子供を食べないと正解にはなりません。
そのため、ワニは子供を食べるのと返すの両方を行わなくてはいけなくなってしまいます。

解説

子供の親が「ワニは子供を食べない」を選択してしまう場合

ワニは子供を食べたいので、この答えは不正解です。
不正解なのでワニは子供を食べる事ができます。

そのため、この選択肢を子供の親が選ぶことはできません。

しかし、唯一子供が返ってくるのは、本当にワニに子供を食べる気がない時なので、子供が返ってくる可能性があるのはこの選択肢になります。

まとめ

ワニのパラドックスはワニが子供を食べるか食べないかにこだわりすぎているために起こるパラドックスです。

このパラドックスを解決するためには、ワニが子供よりも求めるものを考える事が大切です。

例えば、「ワニが子供を食べたら自殺する」と答える場合
これを正解としてしまうとワニが自殺する事が前提となってしまいます。
この場合はワニは子供を返す可能性が高いです。

備考

ワニのパラドックスは不思議の国のアリスの作者で数学者のルイス・キャロルがクロコディルズという作品名で発表しました。

関連記事

 パラドックス

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ハイエンド

ハイエンドは最上級の商品やサービスを指します。ハイエンドは提供している商品やサービスの中で(性能・機能・仕様などが総合的に)優れたものが属するカテゴリなどを指し、基本的に価格が高いです。一般的には 高 …

人工知能(AI)

人工知能は計算によって知能(思考)を再現する技術です。人工知能は人間の脳を模して造られたもの全般を指し、その模倣の大小は問わないため、一部でも模倣していればそれはAIとして認識されています。そのため、 …

クオリア

クオリアは感覚意識やそれにともなう経験のことです。クオリアはなんらかの脳活動によって生み出されていますが、具体的なメカニズムはわかっていません。また、脳の活動でクオリアを生み出す場合と生み出さない場合 …

コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

コペルニクス的転回は価値観や考え方が全く異なったものになる事です。コペルニクス的転回はコペ転と略され、パラダイムシフトと同じ意味で用いられ、根本が覆る事、考え方や発想が全く異なった事の例えで用いられる …

シングルタスク

シングルタスクは一つの処理を集中的に行う事です。基本的に人の脳はシングルタスクをに適しています。そのため、一つの事に集中して処理したほうが生産性が高いです。また、マルチタスクに比べてシングルタスクの方 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ