ロミオとジュリエット効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ロミオとジュリエット効果

投稿日:2020年4月5日 更新日:

ロミオとジュリエット効果は恋愛に障害がある事で、恋愛感情が強くなる効果です。

ロミオとジュリエット効果はカリギュラ効果(禁止されると興味や関心が強くなる)の一種で、恋愛を禁止されたり、障害が多くなる事で恋愛感情が高まります。

  • 遠距離恋愛
  • 年の差
  • 浮気や不倫
  • 周囲の反対
  • 同性愛
  • etc

上記の様に恋愛には人それぞれ、多種多様な障害があります。
これを乗り越える事がお互いの絆を深め、親密な関係へと発展していきます。

具体例

社内恋愛禁止で相手は上司、それも一回り以上年上の既婚者だとします。

周囲に知られると反対される可能性が高いです。
そのため二人の関係は周囲に知られないような二人だけの秘密の関係となります。

その結果、秘密を共有する事でお互いに好感度があがります。

そして、仮にこの秘密の関係が周囲(社内や親族、友人など)に知られてしまい、障害が発生する事がある場合、その障害を乗る超えるために二人で協力するようになります。
乗り越える障害が多ければ多いほど、リスクが多くなります。

  • 社内恋愛禁止を破り二人とも会社を退職となる可能性。
  • 既婚者の相手から損害賠償請求を受ける可能性。
  • 周囲の人間からの絶縁となる可能性。

このような障害を二人で協力し乗る超える過程で二人の関係はより親身になっていきます。

しかし、このような関係は二人の気持ちが昂るような環境である事を忘れてはいけません。

お互いに協力しこの関係を継続した場合「会社を辞め無職」「正妻からの損害賠償請求」「人間関係の破綻」が考えられます。

つまり、恋人以外には頼れる人もいなく、金銭面的にも追い込まれるような状況となる可能性があります。

このような状態になるとお互いの気持ちだけではどうしようもない壁がでてくることが多く。
好きだった感情が冷めていく方が多いです。
そして唯一の頼りだった恋人と別れてしまうとなにも残らなくなってしまいます。

まとめ

ロミオとジュリエット効果は恋愛における障害を乗り越える事で恋愛感情か強くなります。
その過程では、

のような多くの心理作用が働きます。

恋は盲目と呼ばれるように、多くの心理作用が働く状況では、冷静な判断が行えなくなってしまう事が多いです。

障害を乗り越えられるパートナーを選ぶ事は大切ですが、パートナーが障害を作っている状況は長続きしない事が多いです。

人生を豊かにしてくれる素敵なパートナーと出会えるといいですね。

備考

ロミオとジュリエット効果はアメルカの心理学者リチャード・ドリスコールが提唱しました。

関連記事

 一貫性の法則(一貫性の原理)
 カリギュラ効果(心理的リアクタンス)
 熟知性の原則
 損失回避性(損失回避の法則)
 単純接触効果(ザイアンス効果)
 返報性の原理(返報性の法則)
 茹でガエル現象(茹でガエル効果/茹でガエル症候群)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

カリギュラ効果(心理的リアクタンス)

カリギュラ効果は禁止されている事に対しての興味や関心が強くなる効果です。禁止されている事を破りたくなった事は誰しもあると思います。普段だったらやらないような事でも禁止されると気になってしまうものです。 …

アンカリング効果

アンカリングは評価する際の基準点が感情的な影響によって作り上げられる事で、合理的な判断結果と異なることです。感情的な経験が強いほど、強力な基準ができ、その基準を繰り返し用いる事で、さらに基準は強くなり …

寛大効果(寛容効果/寛大化傾向)

寛大効果は他者の良い面は過大に悪い面は過少に評価する心理です。寛大効果は他者の良い面は過大評価し、悪い面は過小評価するため、実際の評価よりも寛大な評価となります。これは愛着を持つ事や自身が寛容な人間で …

同調効果(姿勢反響/ミラーリング効果)

同調効果は、同じ振る舞いをすることで好感度が高まる現象です。同調効果は動作、姿勢、表情、喋り方などで同じ振る舞いをすることで好感を得られます。また、言葉を繰り返す事も効果的です。この際に不自然にならな …

ダブルバインド

ダブルバインドは提示された選択肢のどちらを選んでも不利益になる状況です。避けにくい学校や家庭内、職場などで起こると悪質です。 特に未成年のような自立できない年の子にとって親は神様同然です。親の言う事は …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク