ロサダ比(ロサダの法則/3:1の法則) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ロサダ比(ロサダの法則/3対1の法則)

投稿日:2019年12月6日 更新日:

ロサダ比(ロサダの法則)は「3対1の法則」とも呼ばれています。
幸福になるためには感情の黄金比がポジティブ(※1)な感情3に対してネガティブ(※2)な感情が1になるという心理学の法則として提唱されました。

幸福という表現だとわかりにくいですが、良好な人間関係や信頼関係を築くにはポジティブ、ネガティブの比率を約3:1(※3)の黄金比にするのがロサダ比の特徴です。

教育で耳にする機会が多い「3褒めて1叱る」などはロサダ比から来ています。

ロサダ比の実験

ロサダ比の実験ではポジティブ、ネガティブの比率が6対1のグループの生産性が高かったという結果も出ており、数学的根拠もないため、ロサダ比は嘘だと否定する方もいます。

そのほかにも友人、恋人、夫婦のように親密度が違う関係では比率が変化するとされており、友人の場合は3:1、恋人の場合は5~7:1、婚姻関係の場合は13:1の比率だと良好な関係を保てるようです。

実験結果を踏まえると、お互いの関係によって理想の比率が変わるということになります。

まとめ

ロサダ比の黄金比とされる3対1は友人関係という条件でのみ成り立っています。
そのためロサダ比の比率は誤りであるように思えます。しかし、ポジティブだけではなく、ネガティブが必要だということは共通しています。

ポジティブのみの発言は不信や疑念といった感情を抱きやすいため、時には相手を肯定するだけではなく、間違いを指摘することでお互いの良好な人間関係を保てます。

相手と自分の距離感、超えてはいけないラインの見定めも当然重要ですが、手の事を大事に思うのなら、時にはネガティブな発言も必要なようです。

また、逆に「笑う門には福が来る」ということわざもあるように、ネガティブばかりの方は人間関係を悪化させる可能性があるのでポジティブな性格になれるようにしたいですね。

しかし、ポジティブになろうとしても現状維持バイアスが働きなかなかできないと思います。

そういう場合は感謝の気持ちを表現するところから始めてみましょう。

注釈

※1 ポジティブ=肯定 褒める 優しくする 共感etc
※2 ネガティブ=否定 拒否 蔑む etc
※3 ポジティブ 2.9013:1 ネガティブ

関連記事

現状維持バイアス

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

フレーミング効果

フレーミング効果は同じ事を意味する内容でも、表現方法が異なる事で受け取り方に影響する心理です。内容が同じでも視点を変えたり、具体例を与えたりと表現を変える事で印象が変わります。また、絶対評価と相対評価 …

反報性の原理(返報性の法則)

返報性(へんぽうせい)の原理は頂いたものは返したいと思う心理です。これは人間が本能的に持っている心理です。特に日本人は昔から「恩を受けたら返しなさい」と教育された方が多いと思います。そのため、好意を受 …

愛着障害(アタッチメント障害)

愛着障害は幼少期に愛情が満たされなかった人がなりやすいです。医学的に愛着障害と確定認定を受ける大人は稀ですが、自らが愛着障害ではないかと悩む方は多いです。その多くは対人関係などの精神的不安によって愛着 …

ホーソン効果

ホーソン効果は期待されることで行動の変化を起こす現象です。一般的に他者は興味や関心を持つと、同時に期待を寄せる傾向があります。そして、期待を寄せられるとその気持ちに応えようとする心理(教師期待効果)が …

帰結主義(結果主義)

帰結主義は結果を重要視し、その結果から行動が正しいのかを判断します。基本的に何かを進めるには行動を行った後に結果が生まれます。帰結主義では結果を見る事で、その行動が有効かを判断します。帰結主義では努力 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク