ロサダ比(ロサダの法則/3:1の法則) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ロサダ比(ロサダの法則/3対1の法則)

投稿日:2019年12月6日 更新日:

ロサダ比は対人関係の黄金比とされる考え方です。

ロサダ比(ロサダの法則)は「3対1の法則」とも呼ばれています。
「3:1の法則」と呼ばれるのは幸福になるためには、他者と接する際にポジティブ(※1)な感情3に対してネガティブ(※2)な感情1で接する事が感情の黄金比であるという心理学の法則として提唱されたためです。

幸福という表現だとわかりにくいですが、良好な人間関係や信頼関係を得るためにはポジティブな表現とネガティブな表現の比率を約3:1(※3)にする事で、信頼感や安心感などを与えやすいとするのがロサダ比の特徴です。

会社や学校の教育場面で耳にする機会が多い「3褒めて1叱る」などはロサダ比の黄金比から来ています。

ロサダ比の実験

ロサダ比の実験ではポジティブとネガティブの比率が6対1のグループの生産性が高かったという結果も出ています。
また、ロサダ比には数学的根拠もないため、ロサダ比は嘘だと否定する意見をもつ人もいます。

その他にも、友人・恋人・夫婦のように親密度が違う関係では比率が変化するとされており、友人の場合は3:1、恋人の場合は5~7:1、婚姻関係の場合は13:1の比率だと良好な関係を保てるようです。

実験結果を踏まえると、お互いの関係によって理想の比率が変わるということになります。

まとめ

ロサダ比の黄金比とされる3対1の比率は、友人関係という条件では成り立っていると考えられる事が多いですが、どのような関係でもロサダ比が適用されるとは考えられていません。
そのためロサダ比の比率は誤りであるように思えます。しかし、ポジティブだけではなく、ネガティブが必要だということは共通しています。

ポジティブのみの発言は不信や疑念といった感情を抱きやすいため、時には相手を肯定するだけではなく、間違いを指摘することでお互いに良好な人間関係を保てます。

相手と自分の距離感、超えてはいけないラインの見定めも当然重要ですが、相手の事を大事に思うのならば、時にはネガティブな発言も必要なようです。

また、逆に「笑う門には福が来る」ということわざもあるように、ネガティブばかりの方は人間関係を悪化させる可能性があるのでポジティブな表現を増やせるようにしたいですね。

しかし、ポジティブになろうとしても現状維持バイアスが働きなかなかできないと思います。

そういう場合は感謝の気持ちを表現するところから始めてみましょう。

注釈

※1 ポジティブ=肯定 褒める 優しくする 共感etc
※2 ネガティブ=否定 拒否 蔑む etc
※3 ポジティブ 2.9013:1 ネガティブ

関連記事

現状維持バイアス

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

サトルクエスチョン

サトルクエスチョンは状況や言動を予測した質問をすることで、相手から話や情報を引き出すテクニックです。サトルクエスチョンは基本的には他者への質問ですが、質問している事を相手に意識させないようにする事が重 …

確証バイアス

確証バイアスは肯定的な情報を重要視し、否定的な情報を軽視する心理です。自分の考えに肯定的な情報を重点的に集める場合、否定的な情報には触れないようにします。しかし、「肯定的な情報=重要な情報」とは限りま …

優越の錯覚

優越の錯覚は自分は平均よりも優れていると過大評価する心理です。知識や技術、身体能力や性格など、他者よりも優れていると錯覚しやすい傾向があります。 これは人間の生存本能によるもので、他者よりも優れている …

おとり効果

おとり効果は選択肢の中に不適切な選択肢を入れて特定の選択肢を選ぶ可能性をあげる心理効果です。おとり効果は主にマーケティングで用いられています。そのため、商品の陳列の際にはこれを意識した陳列がされている …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ