ロサダ比(ロサダの法則/3:1の法則) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ロサダ比(ロサダの法則/3対1の法則)

投稿日:2019年12月6日 更新日:

ロサダ比は対人関係の黄金比とされる考え方です。

ロサダ比(ロサダの法則)は「3対1の法則」とも呼ばれています。
「3:1の法則」と呼ばれるのは幸福になるためには、他者と接する際にポジティブ(※1)な感情3に対してネガティブ(※2)な感情1で接する事が感情の黄金比であるという心理学の法則として提唱されたためです。

幸福という表現だとわかりにくいですが、良好な人間関係や信頼関係を得るためにはポジティブな表現とネガティブな表現の比率を約3:1(※3)にする事で、信頼感や安心感などを与えやすいとするのがロサダ比の特徴です。

教育の場面で耳にする機会が多い「3褒めて1叱る」などはロサダ比の黄金比から来ています。

ロサダ比の実験

ロサダ比の実験ではポジティブとネガティブの比率が6対1のグループの生産性が高かったという結果も出ています。
また、ロサダ比には数学的根拠もないため、ロサダ比は嘘だと否定する意見をもつ人もいます。

その他にも、友人・恋人・夫婦のように親密度が違う関係では比率が変化するとされており、友人の場合は3:1、恋人の場合は5~7:1、婚姻関係の場合は13:1の比率だと良好な関係を保てるようです。

実験結果を踏まえると、お互いの関係によって理想の比率が変わるということになります。

まとめ

ロサダ比の黄金比とされる3対1の比率は、友人関係という条件では成り立っていると考えられる事が多いですが、どのような関係でもロサダ比が適用されるとは考えられていません。
そのためロサダ比の比率は誤りであるように思えます。しかし、ポジティブだけではなく、ネガティブが必要だということは共通しています。

ポジティブのみの発言は不信や疑念といった感情を抱きやすいため、時には相手を肯定するだけではなく、間違いを指摘することでお互いに良好な人間関係を保てます。

相手と自分の距離感、超えてはいけないラインの見定めも当然重要ですが、相手の事を大事に思うのならば、時にはネガティブな発言も必要なようです。

また、逆に「笑う門には福が来る」ということわざもあるように、ネガティブばかりの方は人間関係を悪化させる可能性があるのでポジティブな表現を増やせるようにしたいですね。

しかし、ポジティブになろうとしても現状維持バイアスが働きなかなかできないと思います。

そういう場合は感謝の気持ちを表現するところから始めてみましょう。

注釈

※1 ポジティブ=肯定 褒める 優しくする 共感etc
※2 ネガティブ=否定 拒否 蔑む etc
※3 ポジティブ 2.9013:1 ネガティブ

関連記事

現状維持バイアス

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

愛されたい症候群

愛されたい症候群は他者から愛されたいという要求が強い状態です。愛されたいと思う感情は多くの方が持っている基本的な欲求です。しかし、愛されたい気持ちが強く出すぎてしまうと問題がでてきてしまいます。特に問 …

囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

囚人のジレンマはお互い協力する方が、協力しないよりも良い結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況ではお互いに協力しなくなるというジレンマです。 各個人が合理的に選択した結果が社会全 …

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

パーソナルスペース(対人距離)

パーソナルスペースは自分と他者の物理的な距離感です。この距離感は相手をどこまで信用しているかで距離が異なるため、親密度が高ければ近く、親密度が低ければ遠くなります。自分が確保したい距離以上に踏み込まれ …

保有効果(授かり効果)

保有効果は自分が所有しているものは価値が高いと思う心理です。特に保有している期間が長い場合は高い価値を感じて手放したくないという気持ちが強くなります。そのため、客観的に判断した価値との差が大きくなりま …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ