リボルビング払い(リボ払い) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

リボルビング払い(リボ払い)

投稿日:2020年6月29日 更新日:

リボルビング払いは分割払いの一種です。

リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。
手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(利息/利子)が高く設定(約15%前後が多い)されている事が多いです。

これは法廷の上限金利に近く消費者金融とも差がほとんどありません。

遅延すると20%の遅延損害金を求められる事もあります。
このように損なのがわかっていても、利用してしまう人は多いです。
生活に困窮して利用する人もいますが、中には買い物依存症ギャンブル依存症の人などもいます。

リボルビング払いのメリット

  • クレジットカードの支払いを後からでも分割して行うことができる
  • 返済額が一定なので返済計画を立てやすく支払いやすい
  • 一回当たりの返済額が少なく設定できるため返済の負担が少ない
  • 余裕があるときに返済を多くすることで返済期間を減らすことができる
  • クレジットカードを持っていると申請の手続きが少ない
  • 保証人が必要になることが少ない

リボルビング払いのデメリット

  • 金利が高い
  • 返済金額が多くなりやすい
  • 返済期間が長い
  • 内容を理解しないで使用する人が多い

リボ払いの種類

リボ払いは返済の方法によって「元金定額」「元利定額」の二種類に分類され、返済の方法が異なります。

元金定額リボルビング払い

月々の支払の内訳は「元金の支払いが定額で、月々の利息を合算した支払い」となります。

借入が増えるとその分支払いも増えるのが特徴です。

元利定額リボルビング払い

月々の支払の内訳は「利息の支払いが定額で、元金の支払いを合算した支払い」となります。

借入が増えると元金が減らなくなるのが特徴で、残高スライドなどと呼ばれる事もあります。

具体例

元金3万円で月利1%で1万円定額のリボ払いとします。
※計算はわかりやすいように大まかな数字です。

元金定額(月1,000円)の場合

1か月目元金 = 30,000円
元金の毎月固定支払額 = 10,000円
借入の利息 = 300円
合計支払い額 = 10,300円
2か月目元金 = 20,000円
元金の毎月固定支払額 = 10,000円
借入の利息 = 200円
合計支払い額 = 10,200円
3か月目元金 = 10,000円
元金の毎月固定支払額 = 10,000円
借入の利息 = 100円
合計支払い額 = 10,100円
支払い総額30,600円

元利定額(月10,000円)の場合

1か月目元金 = 30,000円
借入の利息 = 300円
元金の支払額 = 9,700円
合計支払い額 = 10,000円
2か月目元金 = 20,300円
借入の利息 = 203円
元金の支払額 = 9,797円
合計支払い額 = 10,000円
3か月目元金 = 10,503円
借入の利息 = 105円
元金の支払額 = 9,895円
合計支払い額 = 10,000円
4か月目元金 = 608円
借入の利息 = 6円
元金の支払額 = 608円
合計支払い額 = 614円
支払い総額30,614円

まとめ

元金定額払いと元利定額払いでは総支払額が元利定額払いの方が多くなっています。
基本的に返済期間が長くなると総支払額も増加するため、同じ元金ならば一回の支払額が少ない場合の方が、合計支払い額は多いです。

例では元金が少ないため大きな差とはなりませんが、金利は比率で増加するため、元金に比例して金利も増加します。

また、元利定額払いは借金(返済残高)の総額が増えている事に気が付きにくいため、返済計画を立てないまま借入を続けると元金が大きくなり、返せない状態となる人も多いです。
これは元利定額のシステムである、「毎月の支払額が一定で、金利を優先して支払う」事で、元金の増加に比例して月々の返済額の利息が占める割合が多くなり、元金が減りにくくなっていくため、返済期間が長くなり総支払額が増加するためです。

極端な例では、100万円の借入元金があり月々の金利が1万円に対して、返済額が1万円では元金が減る事はなく、支払いを続けても終わりはありません。

このような状態にならないようにするには、事前に返済計画を立て、借り入れ後は自身の返済残高を常に確認する事が重要です。

このように計画的にリボルビング払いを利用できない人は多重債務によって自己破産などに陥ってしまう人もいます。
このような人は金融事故の履歴がついてしまうため、個人信用情報が大きく低下してしまうため、その後の生活にも影響がでてしまう人もいます。

関連記事

 割賦販売(かっぷはんばい)
 消費者金融
 金利(利息/利子)
 買い物依存症
 ギャンブル依存症
 多重債務
 自己破産
 金融事故
 個人信用情報

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

レバレッジ効果

レバレッジ効果は自己資本を超えて運用資産を増やして取引する方法です。レバレッジは自己資本の他に他者の資本を借り入れる事で、少ない資金で大きなお金を動かす事ができるようになるため、少資本で少ない利益しか …

ヴェブレン効果(ベブレン財)

ヴェブレン効果は商品価格が高いものを所有したくなる欲求です。ヴェブレン効果は価格が上昇する事で需要が増加する現象ですがただ価格を上げるだけでは購入する人はいなくなってしまいます。そのため価格を上げても …

パーソナルファイナンス

パーソナルファイナンスはライフプランに応じたお金の知識や使い方を意味します。パーソナルファイナンスを考えるためには、どのような人生を送りたいかを考える事が重要です。個人個人でお金の使い方は異なりますが …

為替変動リスク

為替変動リスクは為替相場の変動によるリスクです。日本の通貨と国外の通貨の為替相場は常に変動しています。そのため、換金する際に為替の影響を受ける事があります。また、金融商品はリアルタイムで価格が変動しま …

多重債務

多重債務は複数の会社から借金をしていて返済が難しい状態です。多重債務の人は借金の総額が多くなったことで、金利も増加し返済が追い付かない状況となっています。多重債務者の中には借金返済のために他の金融機関 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ