ラベリング効果 | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

心理学

ラベリング効果

投稿日:2020年4月16日 更新日:

ラベリング効果はそのものの本質ではなく、提示されたラベルによる効果です。

ラベルング効果は周囲が評価するための指標です。
基本的には一番最初にだれかがラベルを張り、その後は周知されたり、変更されたりが繰り返されます。

  • Aさんは頭がいい
  • Bさんは仕事ができる
  • Cさんのお店は商品が安い

このような周囲からの評価がラベリングです。
そして、ラベリングがおかしいと思うようになると別のラベルが貼られます。

また、反対にラベルの影響を受ける事でそのラベルに近づくように心理が働く教師期待効果もあります。

具体例

Aさんは特に勉強する事なく平均点程度の成績を抑えています。
そのため、周囲から「Aさんは勉強しない子」というラベルが貼られます。
しかし、Aさんの様子を見ていた先生が気に掛け「Aさんは頭がいいから勉強すればすぐ成績が上がる子」というラベルを与えたとします。
するとAさんはその期待に応えるように成績が向上していきます。

また、大人になると結婚相手を選ぶのにラベルに気を取られる方が増えます。
特に女性に多く普通の男性像のラベルが世間とずれている事がよくあります。
「最終学歴は大卒以上」「年収は1000万円以上」「身長は175センチ以上」「年齢は30才まで」などの条件を限定して相手を探す人は注意が必要です。
このようなラベルを全て満たすのは通常の男性ではありませんし、そのような男性との交際をするためには女性側もそれ相応の能力がなくてはいけません。
このような高い理想を男性に求める女性の多くはシンデレラ症候群です。

まとめ

物事の本質がわかればラベルに左右されることなく本当の価値を見抜けるようになります。
新品や新商品というラベルがついた商品は購入した瞬間から価格が下がります。
新古や中古と性能は変わらないものでも、価格はさがります。
つまり新品や新商品と言ったネームバリューが価格に含まれている事が多いです。

普段から論理的思考で物事を考え、感情に流されない冷静な判断を行う必要があります。

また、このようなラベリングによる影響は差別や偏見につながります。
偏った視点でみるのではなく、多面的な視点で物事を判断できる目はとても重要です。

関連記事

 教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果)
 シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

サブリミナル効果

サブリミナル効果は認識できない刺激によって行動を誘導する効果です。サブリミナル効果で用いられる認識できない刺激は、サブリミナル刺激と言われ、意識や潜在意識よりも深い閾下知覚(いきかちかく)に刺激を与え …

愛着障害(アタッチメント障害)

愛着障害は幼少期に愛情が満たされなかった人がなりやすいです。医学的に愛着障害と確定認定を受ける大人は稀ですが、自らが愛着障害ではないかと悩む人は多いです。その多くは対人関係などの精神的不安によって愛着 …

透明性の錯覚

透明性の錯覚について 概要 透明性の錯覚は心を読まれていると錯覚する心理現象です。自分の内向的状態(精神面や個人情報)の情報伝達を過大評価してしまう心理的傾向で、ポジティブに表現すると「意思疎通を十分 …

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

優越の錯覚(レイク・ウォビゴン効果)

優越の錯覚について 概要 優越の錯覚は「自分は優れている」と実力以上の過大評価をしてしまう心理です。基本的に人は「自分の能力は平均以上」であると思っています。そのため、他者と比べる時に同程度の能力をも …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ