メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

投稿日:2020年3月10日 更新日:

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。

物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。
しかし、色に関しての知識が全てある状態でなにかしらの学があるならば、それは物理主義に反しているとされます。

実際にこの実験を行う事は不可能に近いため、実験を様々な観点から分析、検討するにとどまっています。

思考実験の内容

メアリーは聡明な科学者で専門は視覚に関する神経生理学です。
彼女は生まれてから白黒のものしか目にしたことがなく、部屋もすべて白黒です。
彼女は白黒の部屋からテレビ画面を通してのみ世界を調査することができます。
彼女は物理的過程に関して得られるすべての物理情報を知っています。
例えば「赤」や「青」などの言葉の意味も理解していますし、光の見え方の違いも理解しています。
彼女が白黒の部屋から解放されたり、テレビがカラーになったとき、彼女は何かを学ぶのでしょうか?

上記が思考実験の内容です。

この実験のポイントは色についての物理的知識はあるが、一度も色を見たことがないメアリーはどのような反応をするのかです。

メアリーが色彩豊富な世界を見て何かを学ぶとするならば、物理情報だけではなく、クオリアが存在するという認識が裏付けられます。

まとめ

この実験ではメアリーがとても優秀ですべての色に関する知識を身に着ける前提です。
しかし、実際に視覚に関する全ての知識を持つ事は不可能です。

過去に全色盲の視覚科学者が存在しましたが、その科学者は色の持つ性質を理解する事はできなかったと語っていました。

また、後天的に色盲となった画家は自分の記憶に残る色は鮮明に記憶しているにも関わらず、新しい絵を目にしてもその色を感じる事ができませんでした。

このように、知識を詰め込んだり、体感しても実際に目にする色がなければ色として認識できないとされています。

このことからクオリアは実在すると考えられています。

備考

メアリーの部屋は、スーパー科学者メアリー、一人ぼっちのメアリーなど、さまざまな呼び方で呼ばれています。

関連記事

 クオリア

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

パレート最適(パレート効率性)

パレート最適はパレート効率性とも呼ばれ、個の犠牲がなければ他が満足する事がない状態です。つまり、全体で見た時にそれ以上の最適は存在しない状態です。 具体例 AさんBさんの二人で一枚のビスケットを分ける …

砂山のパラドックス

砂山のパラドックスは砂山から砂粒を減らしていき、砂粒が一定の数以下になった場合は砂山でなくなるのかという思考実験です。砂山のパラドックスの問題点は定義が曖昧なものを深く考える事で定義が揺らいでしまい矛 …

シングルタスク

シングルタスクは一つの処理を集中的に行う事です。基本的に人の脳はシングルタスクをに適しています。そのため、一つの事に集中して処理したほうが生産性が高いです。また、マルチタスクに比べてシングルタスクの方 …

浮きこぼれ(吹きこぼれ)

浮きこぼれは能力が高すぎて周囲となじめない人を指します。浮きこぼれは特に学校教育で問題になる事がある現象です。ギフテッドやタレンテッドの様に一般的な能力よりも高い能力を持つ生徒や、高い教育によって後天 …

生存者バイアス

生存者バイアスは生き残ったものを基準とした偏った知見です。なにかしらの選択をした結果生き残ってきたものは、その過程で大きな失敗しなかったものであるため、生き残ったものから情報を収集しても根幹を揺るがす …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ