マキャベリズム | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

心理学

マキャベリズム

投稿日:

マキャベリズム(マキャヴェリズム)は、誠実性や倫理観、道徳心が欠如していても、目的のためには手段を選ばないのを良いとする思考です。

究極の合理主義の一つの形式ともいえるのがマキャベリズムです。
非道徳的な行為でも効率を優先させます。
マキャヴェリズムを支持する人をマキャベリストと言います。

効率がいいと判断した場合、人を騙す事や貶める事に抵抗がないため、嘘をつくことに罪悪感がなく、また嘘を正当化しようとします。

目的のためには手段を選ばないため、犯罪者に多く、人の弱みを握ったり、他者を蹴落としたり利用するなどして、目的を遂行しようとします。

組織の中では出世いやすい傾向がありますが、その反面多くのトラブルを抱えやすく追放される事も多いです。
そのため、出世してもその立場を維持できない特徴があります。

具体例

トロッコが走行中に車両トラブルでブレーキが利かなくなってしまいました。
線路の先には作業員が5名います。
このままでは5名の命が助かりません。

線路の切り替えスイッチによって行先を変更する事ができ、その先には作業員が1名います。
そのため、現在の線路上の5名を助けるためには、切り替え後の線路にいる1名の命を犠牲にしなくてはいけません。
※法的措置は受けないものとします。

 A. 線路を切りかえず、5名の命を犠牲にする。
 B. 線路を切りかえ、1名を犠牲に5名を助ける。

この状況では、マキャベリストはBを選択します。

この例はモラルジレンマのトロッコ問題を引用した内容です。

まとめ

マキャベリズムは効率を重視しすぎる傾向が強いため、感情面で他者へと寄り添う事が苦手です。
そのため、周囲からは異常者と思われる事が多いです。

マキャベリストは遺伝という説もありますが、生育環境が大きな要因とするのが近年の主流です。
そのため、自分の行動は正常だと思っている事が多いため、目的を達成している自分は良く働いているとすら考えています。

治療するには豊富な経験を持つ専門家の力が必要です。

備考

哲学者ニッコロ・マッキャベリの「君主論」で紹介されています。

また、精神科医のリチャード・クリスティーとフローレンス・ゲイスはマキャベリストは「愚かな人間はたくさんいて、その人たちを利用するべきで、利用しないのは間違っている」と考えていると分析しています。

心理学ではダークトライアドの特性(マキャベリズム、サイコパシー、ナルシシズム)に含まれています。
ダークトライアドは様々なところで見られますが、いずれも不安定で危険な心理傾向が強いです。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

サトルクエスチョン

サトルクエスチョンは状況や言動を予測した質問をすることで、相手から話や情報を引き出すテクニックです。サトルクエスチョンは基本的には他者への質問ですが、質問している事を相手に意識させないようにする事が重 …

コントロール幻想バイアス(制御幻想)

コントロール幻想は自分の力では変える事ができないものでも、コントロールできると考えてしまう心理です。自分の力が及ばない事象でも自分の与えた影響によって結果が変わったという認識を持ちます。そのため、主観 …

親和欲求(親和動機)

親和欲求は他者と友好的になりたいと思う心理です。人は基本的に他者と友好的になりたい気持ちがあります。これは生存率が集団で生活した方が高いためだと思います。しかし、親和欲求は状況によって強くなったり、弱 …

承認欲求

承認欲求は自分の価値を他者から認めてもらいたい心理的な欲求です。承認欲求は「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれ、大きくは「自己承認」「他者承認」の2種類に分類されます。後者の「他者承認」は細分化され「上位承 …

反動形成

反動形成は抑圧された意識を隠しすぎてしまい本心とは異なった言動をしてしまう心理現象です。自分の気持ちを抑圧すると多くのストレスを受けます。そして、ストレスが過度に蓄積されると、そのストレスを発散させる …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ