ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

投稿日:

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で、逆説的にカラスを証明する方法です。

「A=B」つまり「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。

「カラスは黒い」事を前提とする場合、「黒ではないならばカラスではない」となります。
つまり、黒くないものをすべて調べ、その中にカラスがいない事を確認する事で、カラスを調べることなくカラスが黒だと断定できます。
そのため、実物を観測する事ができなくても判断がつきます。

これだけですと違和感を抱く方も多いと思いますが、論理的には正しいです。

しかし、これには問題があり、黒くないものという定義の曖昧さと実際の総数が多すぎる点、さらには存在が不明なものでも成立してしまう点です。

この問題は前提条件がおかしい事で起こります。

具体例

「幽霊は透明である」ことを前提とします。
この場合「透明でないならば幽霊ではない」となります。

つまり、見えるものを全て調べ、そこに幽霊がいなければ幽霊は透明であるとなります。

ここで問題となるのが

  1. 幽霊は透明とする定義が正しいか
  2. 幽霊の存在が前提となっている
  3. 透明の解釈を目に見えないとする場合、盲目の方との定義の差が生まれる
  4. 見えるもが多すぎるため、実際に調べる事が困難

上記の4番目で取り上げられた絶対数が多すぎる事によって証明することは不可能に近いです。

そのため、ヘンペルのパラドックスは対象となる調査対象が多いとその調査ができないため、限定的な枠の定義を用いる事で有効的に使う事ができます。

例えば、三部屋中、二部屋には人がいる、一部屋には幽霊がいると定義を追加します。

この場合二部屋で人が確認されれば、残りの一部屋には幽霊がいる事になります。

しかしここでも疑問が残ります。
幽霊は実際に存在しているのかという点です。

まとめ

このように、ヘンペルのパラドックスは前提条件を元に展開されるため、前提条件が具体的で正しくなければ成り立ちません。
しかし、その前提条件を正しく導く事ができれば実際にカラスが黒である事はわかる事が多いです。
また調査を行うのに多大な時間や労力をかける必要性が出る事もあるため、活用する事には疑問を持ちます。
このため、証明の手段としては問題が多く不適切です。

備考

ヘンペルのパラドックスでは黒くないカラスはカラスではないとしていますが、白いカラスは実在します。
アルビノという色素の変化した個体はその代表ともいえます。

ヘンペルのパラドックスはカラスのパラドックスやヘンペルのカラスとも呼ばれます。

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

スーパーコネクター

スーパーコネクターは、人脈が広い人です。スーパーコネクターは人と人を結びつけるのが好きで、広く多種多様な人脈(コネクト)を持ち、人間関係の輪を広げてくれます。また、その人脈は数だけでなく、質も良く、年 …

機能不全家族

機能不全家族は一般家庭における家族の役割が正常に機能してない家族です。家庭内に不法行為などがある家庭や、家庭崩壊を起こしている家庭が機能不全家族とされています。特に子供が下記の扱いを受ける事で精神的な …

ノブレス・オブリージュ

ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)は力には責任が伴うという考えです。ノブレス・オブリージュで言われる力とは物理的な力に限らず、資産や権力などの見えない力も含みます。財産や権力・社 …

ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は非協力状態における硬直状態のことです。三つの力関係が同じくらいになると、力関係が拮抗し硬直状態となります。一度この状態になるとなかなか抜け出せず、この状態が長く続く場合、この力関係を前提 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ