ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

雑学

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

投稿日:2020年3月5日 更新日:

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

概要

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で逆説的にカラスを証明するパラドックスです。

具体的には

  • 「カラスは黒い」事を前提条件とする場合「黒ではないならばカラスではない」となります。

世界中の黒くないものをすべて調べてその中にカラスがいない事を確認できればカラスを調べることなく「カラスが黒」だと断定できます。

他にも「カラスは鳥である」という前提条件の場合は「鳥でなければカラスではない」となり、鳥でないものを全て調べてカラスがいなければ「カラスは鳥」だと証明できます。

つまり、「AはBである」という命題の反対である「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。

この内容が正しければ実物のカラスを1羽も観測する事ができなくても真偽を判断する事ができます。

この理論を実際に行うのは物理的には不可能に近いと思いますが、それを抜きにしても違和感を抱く人が多いと思います。

そして、日常的な感覚とずれる事から「パラドックスである」と考えられています。

この理論の問題としては「黒くないもの」という定義の曖昧さと「実際に調べる対象の総数が多すぎる」点は現実的な課題となります。

ヘンペルのカラスの不可解さ

実験の一つとして「室内鳥類学」という表現があります。

この理論では、実物のカラスが1羽も観察できない閉じられた空間内で「ヘンペルのカラス」の論法通りにカラスの特徴を抽出して確証性を高める事で、実際には「世の中の全ての黒くないものを全て調べる」という前提を満たせていなくとも、ある程度の妥当性を調べる事ができるという考えです。

空間内をしっかりと調査する事で「世の中の全体を把握するために十分なサンプルが得られた」と判断できれば命題の妥当性を高めることができますし、カラスの他の特徴から逆説的な調査を行う事で理論の確証性を高めることができます。

しかし、この内容は一般化の不適切な例で誤謬(早まった一般化)であり、実際には「ヘンペルのパラドックス」には理論に大きな欠点があります。

ヘンペルのカラスの問題点

ヘンペルのカラスには大きな問題点があり、論法の「実物を観察できなくても」という前提条件は「実際に観察できないものについても」とほぼ同様の意味をもっていない事から、この論法の信ぴょう性については疑問が指摘されています。

具体的には

「幽霊は透明である」ことを前提とする場合「透明でないならば幽霊ではない」となります。

つまり、見えるものを全て調べて幽霊がいなければ幽霊は透明であるとなります。

ここで問題となるのが

  1. 幽霊は透明とする定義が正しいか
  2. 幽霊の存在が前提となっている
  3. 透明の解釈を目に見えないとする場合、盲目の人との定義の差が生まれる
  4. 見えるもが多すぎるため実際に調べる事が困難

上記の4番目で取り上げられた絶対数が多すぎる事によって証明することは不可能に近いです。

そのため、調査対象が多すぎるので妥当性を検証するために「十分なサンプルを得られた」と考えられるような範囲を限定します。

例えば

  • 閉じられた空間内を調べて幽霊を見つけられなければ幽霊は透明である。

このような条件で妥当性を検証するというのが「室内鳥類学」で行われている事になります。

しかし、ここで大きな疑問が残ります。

幽霊は実際に存在しているのかという点です。

そのため、この論法には問題があるという結論になっています。

まとめ

ヘンペルのパラドクスは論法と日常的な感覚がずれてしまうという一例として広まっています。

基本的に論法は前提条件を元に展開されるため、前提条件が具体的で正しくなければ成り立ちませんが、その前提条件を正しく導く事ができれば実際にカラスが黒である事はわかる事が多いです。
※カラスの存在が確認されていれば黒いカラスの存在が判明している事が多いです。

また、この論法を正確に調査するには多大な時間や労力をかける必要性が出る事も多く、活用する事には一定の条件付けが必要になりやすいです。

そのため、このような逆説的な論法は特定の条件下でのみ採用される事が多いです。

ちなみに、命題である「カラスは黒い」という日常的にはは常識であると思える事でも、実際には「白いカラス」も存在しています。
※アルビノでとても珍しいです。

また、東南アジアに生息するカラスの多くはお腹が白かったり、全体的に灰色であったりと、日本で目にする事が多い真っ黒なカラスと異なる事も珍しくはありません。

備考

ヘンペルのパラドックスでは黒くないカラスはカラスではないとしていますが、白いカラスは実在します。
アルビノという色素の変化した個体はその代表ともいえます。

ヘンペルのパラドックスはカラスのパラドックスやヘンペルのカラスとも呼ばれます。

関連記事

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

EQ(イーキュー)

EQ(Emotional Inteligence Quotient)は心の知能指数と呼ばれています。EQは感情を測定する指標で、感情に対しての認識・理解・抑制・表現などを数値化したものです。EQが高い …

クリフハンガー(プロット)

クリフハンガーは物語の盛り上がるシーンの最初の一部を見せる事で興味を引く手法です。クリフハンガーはザイガニック効果(中途半端な状態が気になる心理)を映画の宣伝で利用したものです。動画の宣伝で一番盛り上 …

ピーターの法則

ピーターの法則とは 概要 ピーターの法則は有能だったものは不適切な地位に昇進することで無能として留まってしまうという法則です。 能力主義の階層社会では能力の限界まで昇進しています。しかし、昇進後の階層 …

カスパー・ハウザー

カスパー・ハウザーはドイツのバイエルン州のニュルンベルク(首都)で発見された子供です。1828年5月26日の夜8時頃にボロボロな身なりで徘徊していたため、近所の人が警察に通報し対応にあたりました。警官 …

中国語の部屋

中国語の部屋は思考実験の一種で、答えを導く事ができてもそれが理解に直結しないという考えです。理解できていない事に対して、正しい解を導く事ができるのかを疑問に思う人もいると思います。しかし、問に対する回 …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-1.png鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ