プロフィットファクター(PF) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

プロフィットファクター(PF)

投稿日:2020年2月21日 更新日:

プロフィットファクターは投資の安定性を見る指標です。

投資では収益のみ発生する事は基本的にはありません。
そのため、損益のバランスを考慮し、安定して収益を出せるかが重要なため、その指標としてPFが用いられます。

PFは収益の合計÷損失の合計を指標とします。
正しいデータを参照する事が重要な要素となってきます。
取引の条件を限定したり、期間を絞ったりしている場合は正しい値が出ていないことがあるので注意が必要です。
一般的にPFは2以上で優秀とされています。

具体例

取引の収支を計算しPFを出します。

計算式
 PF=収益÷損失

取引回数A社利益B社利益C社利益
1+100+60+10
2-50-20+10
3-70+40-20
4+200+50+20
5-80-30+10
収益合計+300+150+60
損失合計-200-50-20
総合計+100+100+40
PF1.5(300÷200)3(150÷50)3(60÷20)

上記のデータのように、利益額が同じでもPFは異なります。
反対にPFが同じでも利益額は異なります。

PFが高ければ高いほど、損失の経験が少ないので、安定した投資先となります。

まとめ

PFは過去の統計から安定した投資先を選定するのに重要な指標です。
しかし、明日どうなるのかがわからないのが投資の世界です。
資産分散を行い、最悪の事態に備えた対策を考えましょう。

一般的には資産三分割法が良いとされています。
そのため、最低でも資産は3種類の値動きが異なる投資先に分散します。
これは金銭的な安定のほかに、精神的な面での安定ももたらしてくれます。
しかし、投資先を分散さていくと収益性が劣ってしまう事もあります。

リスクとリターンのバランスが大切ですが、割ける時間や知識、経験など多くの要素があるため、正しい分配はわかりません。

ポートフォリオを常に確認し、自分なりのベストなバランスを探す事が大切です。

関連記事

 資産三分割法

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払いは分割払いの一種です。リボ払いは割賦販売(かっぷはんばい)の一種で、主にクレジットカードの支払いを分割して支払うカードローンの一種です。手軽に借り入れができる反面、基本的に金利(手数料 …

資本主義(資本制)

資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は取引を行い、競争が起き、発展していくのが特徴とされています。しかし、放任するだけで経済成長が伸び続けるわけではなく、金融危機の影響な …

難平(ナンピン)

難平(なんぴん)は売買方法の一種で、価格が下落した場合に買い足す方法です。難平のメリットは平均習得価格を下げる効果です。平均取得単価が下がることで上げ幅が少なくても利益が出やすくなります。その反面、投 …

金銭忌避

金銭忌避はお金があると不幸になるという考えです。マネースクリプトで分類される金銭忌避はお金が悪であるという認識が強い人で金銭崇拝とはほぼ対局の考えです。「高所得者は悪人、人をだましてお金を搾取している …

資産三分割法

資産三分割法は性質の異なる三種類の資産を保有する投資方法です。三分割する事でリスクを分散させる方法です。基本的に三種類のうちの一種類は預金とする事が多いです。代表的な選択肢は下記になります。 預金(普 …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク