プロフィットファクター(PF) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

プロフィットファクター(PF)

投稿日:2020年2月21日 更新日:

プロフィットファクターは投資の安定性を見る指標です。

投資では収益のみ発生する事は基本的にはありません。
そのため、損益のバランスを考慮し、安定して収益を出せるかが重要なため、その指標としてPFが用いられます。

PFは収益の合計÷損失の合計を指標とします。
正しいデータを参照する事が重要な要素となってきます。
取引の条件を限定したり、期間を絞ったりしている場合は正しい値が出ていないことがあるので注意が必要です。
一般的にPFは2以上で優秀とされています。

具体例

取引の収支を計算しPFを出します。

計算式
 PF=収益÷損失

取引回数A社利益B社利益C社利益
1+100+60+10
2-50-20+10
3-70+40-20
4+200+50+20
5-80-30+10
収益合計+300+150+60
損失合計-200-50-20
総合計+100+100+40
PF1.5(300÷200)3(150÷50)3(60÷20)

上記のデータのように、利益額が同じでもPFは異なります。
反対にPFが同じでも利益額は異なります。

PFが高ければ高いほど、損失の経験が少ないので、安定した投資先となります。

まとめ

PFは過去の統計から安定した投資先を選定するのに重要な指標です。
しかし、明日どうなるのかがわからないのが投資の世界です。
資産分散を行い、最悪の事態に備えた対策を考えましょう。

一般的には資産三分割法が良いとされています。
そのため、最低でも資産は3種類の値動きが異なる投資先に分散します。
これは金銭的な安定のほかに、精神的な面での安定ももたらしてくれます。
しかし、投資先を分散さていくと収益性が劣ってしまう事もあります。

リスクとリターンのバランスが大切ですが、割ける時間や知識、経験など多くの要素があるため、正しい分配はわかりません。

ポートフォリオを常に確認し、自分なりのベストなバランスを探す事が大切です。

関連記事

 投資
 資産三分割法
 ポートフォリオ

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

スノッブ効果

スノッブ効果は希少なものほど価値が高いと認識する心理作用です。スノッブ効果における希少性とは 需要に対して供給が少なければ希少性が高い需要に対して供給が多ければ希少性は低い のように、需要に対しての供 …

FX(外国為替証拠金取引)

FXは通貨の価格変動を利用して利益を得る投資の方法です。FXはお金とお金を取引して、その価格差で利益を得る方法のため、異なる通貨を取引する事が多いです。そのため、国内の情勢だけではなく、海外の情勢につ …

インデックス投資(インデックス運用)

インデックス投資は株価指数など連動した運用成績を目指す投資です。株価指数はその基準となる銘柄がある(日経225ならば東証一部に上場している225社の株価が対象)ため、その対象銘柄の推移に連動した価格変 …

エンジェル投資家

エンジェル投資家は資金が少ない企業へ投資をする方です。特に創業間もない企業は資金が少なく、運用資金を集めるのが大変です。新規事業を起こすと融資を受ける際の審査を通すことが難しく、資金繰りに苦労する事が …

金融事故

金融事故は重大な金銭トラブルです。金融情報は履歴が残る取引(クレジットカード・金融機関取引など)が蓄積され、そのデータは信用情報を取扱う機関で管理されます。そのため金融事故を起こすと金融事故情報として …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ