プロフィットファクター(PF) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

プロフィットファクター(PF)

投稿日:2020年2月21日 更新日:

プロフィットファクターは投資の安定性を見る指標です。

投資では収益のみ発生する事は基本的にはありません。
そのため、損益のバランスを考慮し、安定して収益を出せるかが重要なため、その指標としてPFが用いられます。

PFは収益の合計÷損失の合計を指標とします。
正しいデータを参照する事が重要な要素となってきます。
取引の条件を限定したり、期間を絞ったりしている場合は正しい値が出ていないことがあるので注意が必要です。
一般的にPFは2以上で優秀とされています。

具体例

取引の収支を計算しPFを出します。

計算式
 PF=収益÷損失

取引回数A社利益B社利益C社利益
1+100+60+10
2-50-20+10
3-70+40-20
4+200+50+20
5-80-30+10
収益合計+300+150+60
損失合計-200-50-20
総合計+100+100+40
PF1.5(300÷200)3(150÷50)3(60÷20)

上記のデータのように、利益額が同じでもPFは異なります。
反対にPFが同じでも利益額は異なります。

PFが高ければ高いほど、損失の経験が少ないので、安定した投資先となります。

まとめ

PFは過去の統計から安定した投資先を選定するのに重要な指標です。
しかし、明日どうなるのかがわからないのが投資の世界です。
資産分散を行い、最悪の事態に備えた対策を考えましょう。

一般的には資産三分割法が良いとされています。
そのため、最低でも資産は3種類の値動きが異なる投資先に分散します。
これは金銭的な安定のほかに、精神的な面での安定ももたらしてくれます。
しかし、投資先を分散さていくと収益性が劣ってしまう事もあります。

リスクとリターンのバランスが大切ですが、割ける時間や知識、経験など多くの要素があるため、正しい分配はわかりません。

ポートフォリオを常に確認し、自分なりのベストなバランスを探す事が大切です。

関連記事

 投資
 資産三分割法
 ポートフォリオ

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

不労所得

不労所得とは所得を得るための労力が少ない所得です。労働をして得る事のできる勤労所得を除いたもの全般を指します。労力無しで得られる収入と誤解される事が多いですが、労力がかかるものも含みます。労力が収入に …

リスクプレミアム

リスクプレミアムはリスク資産から無リスク資産を引いた収益率の差です。リスクプレミアムは無リスク資産を基準とします。 無リスク資産はリスクがない(ほとんどないor少ない)資産を指します。投資は基本的にリ …

内部者取引(インサイダー取引)

インサイダー取引は一般の投資家が知らない情報を利用し利益を上げる事です。会社関係者が重大な影響を与える未公開の事実を元に売買を行う事は一般投資家と比べ有利となります。そのため、会社関係者が利益を上げる …

個人信用情報(こしん)

個人信用情報は個人的な金銭の履歴です。個人信用情報の指す信用情報は 銀行での借り入れクレジットカードの作成キャッシングキャッシングローンリボ払い車や家のローン 上記のようなお金の履歴をはじめ 信用履歴 …

ポートフォリオ

ポートフォリオは業界毎に意味が若干異なりますが、いずれも実績がわかる内訳明細を示します。金融の世界では異なる種類の資産(株式・債券・不動産・貴金属など)の詳細を表現する事が多いです。ポートフォリオの構 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ