フェルミ推定(フェルミの問題) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

フェルミ推定(フェルミの問題)

投稿日:

フェルミ推定とはいくつかの手がかりを元に論理的な概算を求める方法です。

求めたい数値を仮定とする情報を元に論理的に分析するため、答えのわからない問いに対しての一つの解決方法として重宝されています。
しかし、求めらた答えは正確な数字ではないため、フェルミ推定では解決しない問題も多く存在します。

フェルミ推定の特性上、予備知識と論理的な思考が必要になります。

フェルミ推定はビジネスで多く利用されています。

具体例

飲食店のお昼の純利を求めるとします。

仮説として

 注文から完食まで15分(座席にいる時間)
 お昼時を2時間(混んでいる時間帯)
  座席数が50席(店内を見渡します)
 平均販売価格を1,000円(使用金額)
 利益率を10%

と定義します。
※仮定です。

2時間÷15分=8回転
50席×8回転×1,000円×10%=40,000円

数字に近似値を代入する事ができればより実数に近い値がでます。

まとめ

フェルミ推定は会社の採用試験でも取り入れられ、ケース面接といわれる事もあります。
当然の事ながら、予備知識と過程が正しい場合は実際の数字に近くなります。

採用基準は結果を導き出した過程となることが多いため、計算された数字は重要でないことが多いです。
しかし、フェルミ推定は論理的思考力だけではなく、知識の量(教養のレベル)も判断できる試験となっているため、一般教養が大幅に少ないのには問題があるかもしれません。

備考

ノーベル物理学賞を受賞したエンリコ・フェルミから由来されています。

関連記事

  論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ソーシャルグッド

ソーシャルグッドは社会に対して良い影響を与える事です。ソーシャルグッド(social good)は直訳すると「社会的に良いこと」で、社会に役立つ取り組み(社会貢献活動や支援など)を指します。海外では企 …

モラルジレンマ

モラルジレンマとは道徳的に矛盾した二者択一です。モラルジレンマは複数の選択を迫られた時にどの選択も正しく、どの選択も間違っているとする矛盾を抱えています。実社会ではモラルジレンマが起きないようにするこ …

制度疲労

制度疲労は昔に作られた制度が現在の状況に適していない状態です。制度疲労は、制度ができた当時は有効的に機能していたはずの内容が時間経過で徐々に状況に対応できなくなっている状態です。本来の制度は社会状況に …

SDGs(エスディージーエス)

SDGs(Sustainable Development Doals)は世界中の人々が暮らしやすい社会を目指すための持続可能な開発目標を国際的に決めたものです。国際的な目標は大きく分けて17項目あり、 …

トロッコ問題(トロリー問題)

トロッコ問題は多数の人を助けるために少数の人の犠牲は許されるのかについて考える問題です。トロッコ問題は倫理や道徳を考えるため提案されたモラルジレンマ問題の一つで、多くを助けるために少数が犠牲になる事に …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ