フェルミ推定(フェルミの問題) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

フェルミ推定(フェルミの問題)

投稿日:

フェルミ推定とはいくつかの手がかりを元に論理的な概算を求める方法です。

求めたい数値を仮定とする情報を元に論理的に分析するため、答えのわからない問いに対しての一つの解決方法として重宝されています。
しかし、求めらた答えは正確な数字ではないため、フェルミ推定では解決しない問題も多く存在します。

フェルミ推定の特性上、予備知識と論理的な思考が必要になります。

フェルミ推定はビジネスで多く利用されています。

具体例

飲食店のお昼の純利を求めるとします。

仮説として

 注文から完食まで15分(座席にいる時間)
 お昼時を2時間(混んでいる時間帯)
  座席数が50席(店内を見渡します)
 平均販売価格を1,000円(使用金額)
 利益率を10%

と定義します。
※仮定です。

2時間÷15分=8回転
50席×8回転×1,000円×10%=40,000円

数字に近似値を代入する事ができればより実数に近い値がでます。

まとめ

フェルミ推定は会社の採用試験でも取り入れられ、ケース面接といわれる事もあります。
当然の事ながら、予備知識と過程が正しい場合は実際の数字に近くなります。

採用基準は結果を導き出した過程となることが多いため、計算された数字は重要でないことが多いです。
しかし、フェルミ推定は論理的思考力だけではなく、知識の量(教養のレベル)も判断できる試験となっているため、一般教養が大幅に少ないのには問題があるかもしれません。

備考

ノーベル物理学賞を受賞したエンリコ・フェルミから由来されています。

関連記事

  論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

国民の階層分類(A層・B層・C層・D層)

国民の思想を分類したものです。思想で分類しているため、貧富の差は関係ありません。国民にはB層が多いとされています。そのため、B層に的を絞った選挙や、販売促進活動を行う事で成功しやすいとされています。小 …

収穫加速の法則

収穫加速の法則は技術的革新のスピードは指数関数的な伸びを見せるという考えです。収穫加速の法則は新しい発見や、既存の定義の証明が進む事で革新的な方法が次々と立証される事で、さらに次の革新的な方法の発見ま …

ノブレス・オブリージュ

ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)は力には責任が伴うという考えです。ノブレス・オブリージュで言われる力とは物理的な力に限らず、資産や権力などの見えない力も含みます。財産や権力・社 …

貧困(絶対的貧困と相対的貧困)

貧困には定義があり、絶対的貧困と相対的貧困に分類されます。絶対的貧困と相対的貧困ではその生活水準が大きく異なります。 絶対的貧困 人としての水準を維持する事が難しい(貧困線を下回る)状態相対的貧困 文 …

中国語の部屋

中国語の部屋は思考実験の一種で、答えを導く事ができてもそれが理解に直結しないという考えです。理解できていない事に対して、正しい解を導く事ができるのかを疑問に思う人もいると思います。しかし、問に対する回 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ