ピーターの法則 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ピーターの法則

投稿日:2019年12月25日 更新日:

ピーターの法則は有能だったものは不適切な地位に昇進することで無能として留まってしまいます。

能力主義の階層社会では能力の限界まで昇進する事で、昇進後の階層では無能となり、その結果各階層には無能しか残らないとする考えです。

この原因は、昇進することで求められる能力が変化し、その階層における能力を満たせなくなることで無能となります。
つまり、個の能力は変わりませんが、求められる能力は上昇し続ける事で、いずれ個の能力以上に能力が求められる事が原因です。
昇進後に必要な能力の難易度が上がるとは限りませんが、階層ごとに必要な能力が異なるため、要求される能力が増加していきます。

具体例

有能な社員が昇進した場合。
昇進後に求められる能力は依然よりも多くなるため、無能となる可能性があります。
ここで有能だった場合はさらに昇進します。
しかしここでも、無能となる可能性があります。

このように、昇進する事で、求めらる能力が増加するため、それを満たせなければ無能として扱われ、それ以上の昇進は望めなくなります。
その結果、各階層は無能な構成員で埋め尽くされてしまいます。

ハロー効果(後光効果/ハローエラー) による影響

現在の階層で重要視される能力と次の階層で重要視される能力は異なることが多いです。
現在の階層で重要視される能力が高いとポジティブハロー効果の影響で他の能力も高いと周囲の方は錯覚します。
しかし、昇進後に重要視される能力が変わり、その能力が低い場合、ネガティブハロー効果の影響により、他の能力も低いと周囲の方は錯覚します。
この結果、長所を活かしきれない事が影響し、能力が過小評価され、無能と認識されてしまいます。

解決策

この問題を回避する方法は3つあります。

  1. 昇進させずに昇給を行う
    • 現在の延長上の仕事を継続する事で専門性を磨きます。
    • モチベーションの維持も期待できます。
  2. 昇進後に必要な能力を事前に習得させる
    • 次の階層の能力を備えてから昇進させることで、昇進後も無能とはなりません。
    • 次の階層の能力に欠ける方を事前に発見できます。
  3. 降格を行う
    • 能力が足りない場合は周囲から批判されることで、本人のモチベーションが低下する事はもちろん、周囲のモチベーションも低下するため、降格も一つの手ですが、やりすぎには注意が必要です。

関連記事

 ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

水平思考(ラテラルシンキング)

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除く …

パラドックス

パラドックスは論理的な矛盾が発生してしまうものです。パラドックスの特徴として、直感的には正しそうに思えますが、実際は正しそうに思えるだけで、それが正しいのかが疑問となるのがパラドックスになりますす。パ …

超知能

超知能は驚異的な知能で、現在超知能を持つ存在はいません。超知能は優れた知能ですが、私たちの考える優秀な人(ギフテッドのような人)を遥かに凌駕する驚異的な知能を指します。そのため、特定の分野に特化した専 …

フレンドシップパラドックス

フレンドシップパラドックスは「あなたの友達はあなたよりも友達が多い」というパラドックスです。多くの方の場合、自分の友達よりも友達の友達の方が多いのには数学的トリックが隠されています。友達と話をしている …

ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)

人食いワニのパラドックスはワニが出題する問題に矛盾があるために起こってしまうパラドックスです。子供を助けたい親が「ワニが子供を食べる」を選択してしまうと矛盾が発生してしまいます。 ワニのパラドックスの …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ