ハロー効果(後光効果/ハローエラー) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

投稿日:2019年12月8日 更新日:

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。
後光効果やハローエラーとも呼ばれます。

ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる事が多いです。

ハロー効果は良い印象が協調される時と、悪い印象が協調される時の印象が真逆になってしまう2種類に分類されます。

  • ポジティブ・ハロー効果 (良い印象)
     特徴的な印象の評価が高いと知らない他の情報の評価も高いと予想します。
  • ネガティブ・ハロー効果 (悪い印象)
     特徴的な印象の評価が低いと知らない他の情報の評価も低いと予想します。

ハロー効果の具体例

 条件を下記の4つとします。
  Aさん、Bさんがいます。
  Aさんは学校教育を大学まで受け、高学歴の社会人になりました。
  Bさんは学校教育を高校を中退し、社会人になりました。
  他の要素は全く知らないとします。

 ポジティブ・ハロー効果
  Aさんは博識で給料も多く、仕事もできる印象を受けます。

 ネガティブ・ハロー効果
  Bさんは定職に就かず、親にお世話になっている印象を受けます。。

上記のように、事実がわからず、先入観で判断し、歪んだ印象を持ちかねません。

特にイケメン(美男、美女など)がポジティブ・ハロー効果を受けやすい傾向があり、生涯年収にも影響するといわれています。

このように誤解を生む心理が働くのは、生態系の中で生き残るために物事を即断できる能力が必要だったためです。

即断する能力が高かった個体が生存競争に勝ち続けてきたため遺伝的に受け継がれてきました。

ハロー効果の克服

ハロー効果を克服し、先入観を防ぐ対策として、

  • 事実的な評価から他の評価を想像しないようにしましょう。
  • 一つの行動から得られる評価は事実的な評価一つにしましょう。
  • 数字などを意識し客観的事実を元に評価基準を設けて評価するようにしましょう。

などがあります。

基本的に感情と評価は別に考え客観的な視点で捉えなくては現実的な評価との差が生まれてしまいます。

具体例

 やる気のない雰囲気で淡々と仕事をし、定時に帰宅する社員Aさんがいるとします。

ここでハロー効果を受けてしまう場合

  •  やる気のない雰囲気だから仕事もできないだろう
  •  淡々と仕事をしてるのだから周りとかかわりたくないのだろう
  •  定時で帰っているから大した仕事をしていないだろう

このような先入観が生まれます。

ハロー効果を克服するためのポイントです。

  • やる気のない雰囲気→受信者側の主観なのでよくありません。
  • 淡々と仕事をしている→なぜ淡々と仕事をしているのかを確認してください。
  • 定時に帰宅→仕事の進捗具合を算出してくください。

このように感情的な評価と実際の内容を確認する事が大切になります。

実際の社員Aさんは下記のような社員かもしれません。

  • 仕事はとても効率の良い社員さん。
  • 仕事量が多く、周りを気にする余裕はありません。
  • 家には親や子供の世話をするため早く帰宅しなければいけません。
  • 仕事量が多いのに家に帰れば家事等を毎日しているため疲労困憊で出社してしまいます。

このように最初の先入観とは異なった見え方になる可能性もあり、ハロー効果を受けた評価の社員Aさんと、実際の社員Aさんでは印象がまったく異なります。

ハロー効果に惑わされないように気を付けたいですね。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

正常性バイアス(恒常性バイアス/正常化の偏見)

正常性バイアスは自分にとって都合の悪い事を過小評価する心理です。認めなくない事などは突き詰めて考える事を放棄したりします。そして、その結果がどうなるのかを考慮する事をやめ、結果による被害を過小評価しま …

サブリミナル効果

サブリミナル効果は認識できない刺激によって行動を誘導する効果です。サブリミナル効果で用いられる認識できない刺激は、サブリミナル刺激と言われ、意識や潜在意識よりも深い閾下知覚(いきかちかく)に刺激を与え …

おとり効果

おとり効果は選択肢の中に不適切な選択肢を入れて特定の選択肢を選ぶ可能性をあげる心理効果です。おとり効果は主にマーケティングで用いられています。そのため、商品の陳列の際にはこれを意識した陳列がされている …

現状維持バイアス

現状維持バイアスは変化や知らないものを避ける心理です。人は安定を求める思いが強く、わからないものを恐怖として認識します。そのため、現状維持しようとする傾向が強いです。これには複数の心理的作用が働いてい …

メラビアンの法則(7-38-55ルール/3Vの法則)

メラビアンの法則は矛盾した情報に対しての影響に関する法則です。コミュニケーションを取ろうとすると、言語を用いて表現する事が主流です。その際に会話の内容以外にも多くの情報があります。しかし、会話の内容や …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ