ハロー効果(後光効果/ハローエラー) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

ハロー効果(後光効果/ハローエラー)

投稿日:2019年12月8日 更新日:

ハロー効果は認知バイアスの影響で顕著な特徴が過大に捉えられる現象です。
後光効果やハローエラーとも呼ばれます。

ハロー効果は特徴的な印象を元に先入観で情報を予想するため、実際の人物像とは異なった現象となる事が多いです。

ハロー効果は良い印象が協調される時と、悪い印象が協調される時の印象が真逆になってしまう2種類に分類されます。

  • ポジティブ・ハロー効果 (良い印象)
     特徴的な印象の評価が高いと知らない他の情報の評価も高いと予想します。
  • ネガティブ・ハロー効果 (悪い印象)
     特徴的な印象の評価が低いと知らない他の情報の評価も低いと予想します。

ハロー効果の具体例

 条件を下記の4つとします。
  Aさん、Bさんがいます。
  Aさんは学校教育を大学まで受け、高学歴の社会人になりました。
  Bさんは学校教育を高校を中退し、社会人になりました。
  他の要素は全く知らないとします。

 ポジティブ・ハロー効果
  Aさんは博識で給料も多く、仕事もできる印象を受けます。

 ネガティブ・ハロー効果
  Bさんは定職に就かず、親にお世話になっている印象を受けます。。

上記のように、事実がわからず、先入観で判断し、歪んだ印象を持ちかねません。

特にイケメン(美男、美女など)がポジティブ・ハロー効果を受けやすい傾向があり、生涯年収にも影響するといわれています。

このように誤解を生む心理が働くのは、生態系の中で生き残るために物事を即断できる能力が必要だったためです。

即断する能力が高かった個体が生存競争に勝ち続けてきたため遺伝的に受け継がれてきました。

ハロー効果の克服

ハロー効果を克服し、先入観を防ぐ対策として、

  • 事実的な評価から他の評価を想像しないようにしましょう。
  • 一つの行動から得られる評価は事実的な評価一つにしましょう。
  • 数字などを意識し客観的事実を元に評価基準を設けて評価するようにしましょう。

などがあります。

基本的に感情と評価は別に考え客観的な視点で捉えなくては現実的な評価との差が生まれてしまいます。

具体例

 やる気のない雰囲気で淡々と仕事をし、定時に帰宅する社員Aさんがいるとします。

ここでハロー効果を受けてしまう場合

  •  やる気のない雰囲気だから仕事もできないだろう
  •  淡々と仕事をしてるのだから周りとかかわりたくないのだろう
  •  定時で帰っているから大した仕事をしていないだろう

このような先入観が生まれます。

ハロー効果を克服するためのポイントです。

  • やる気のない雰囲気→受信者側の主観なのでよくありません。
  • 淡々と仕事をしている→なぜ淡々と仕事をしているのかを確認してください。
  • 定時に帰宅→仕事の進捗具合を算出してくください。

このように感情的な評価と実際の内容を確認する事が大切になります。

実際の社員Aさんは下記のような社員かもしれません。

  • 仕事はとても効率の良い社員さん。
  • 仕事量が多く、周りを気にする余裕はありません。
  • 家には親や子供の世話をするため早く帰宅しなければいけません。
  • 仕事量が多いのに家に帰れば家事等を毎日しているため疲労困憊で出社してしまいます。

このように最初の先入観とは異なった見え方になる可能性もあり、ハロー効果を受けた評価の社員Aさんと、実際の社員Aさんでは印象がまったく異なります。

ハロー効果に惑わされないように気を付けたいですね。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

アンダードック効果(判官贔屓効果/負け犬効果)

アンダードック効果は立場や状況が劣勢な状況の人を応援したくなる心理現象です。アンダードック効果は弱い立場や劣勢な状況では同情や共感が集まるため、その状況を打開しようと頑張っている人を応援したくなる心理 …

ロサダ比(ロサダの法則/3対1の法則)

ロサダ比は対人関係の黄金比とされる考え方です。ロサダ比(ロサダの法則)は「3対1の法則」とも呼ばれています。「3:1の法則」と呼ばれるのは幸福になるためには、他者と接する際にポジティブ(※1)な感情3 …

統制の所在(帰属意識の在処/ローカスオブコントロール)

統制の所在はローカスオブコントロールや帰属意識の在処などと呼ばれ、評価を受けた際、責任の所在が内側か、外側か分類する考え方です。周囲のせいにする方が精神的に安定しますが成長には繋がりません。そのため、 …

教師期待効果(ピグマリオン効果/ローゼンタール効果)

教師期待効果は心理行動の一つで、教育者が学習者に対して期待をする事で、成績の向上に影響を与える効果です。教師に期待されることでその期待に応じた働きを見せる心理行動です。教師期待効果、ピブマリオン効果、 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ