ハイエンド | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ハイエンド

投稿日:

ハイエンドは最上級の商品やサービスを指します。

ハイエンドは提供している商品やサービスの中で(性能・機能・仕様などが総合的に)優れたものが属するカテゴリなどを指し、基本的に価格が高いです。

一般的には

  • 高級、上級、玄人 = ハイエンド
  • 中級 = ミドルレンジ
  • 低級、下級、初心者 = ローエンド、エントリー、エコノミーなど

とされていて、日本で昔から言われる「松竹梅」の「松」に値するカテゴリでパソコンなどの電気機器で用いられることが多い単語です。

具体例

ハイエンドパソコンと呼ばれるような商品は価格帯が30~100万円前後のものを指す事が多いです。
値段を問わず性能を極限まで高めるスーパーコンピューターなどは含みません。

一般的な家電屋さんで普及しているパソコンの値段が10万円前後なので、価格帯も異なりますが、性能も全く別のものとなっています。

このようなハイエンドパソコンはハイスペックなため一般的な事務作業(経理や書類作成)ではその性能を持て余すしてしまいます。
そのため、ハイエンドパソコンを購入するような人はパソコンの負荷が高くなるプログラミング、データ解析、グラフィック、動画編集などを扱う人がメインとなります。

一部ゲームで必要と考え購入する人もいるようです。

まとめ

ハイエンド層をターゲットにした製品は通常の仕様と異なるものになるため、大量生産する事が難しいです。
そのため、価格も高騰しやすいので通常の一般ユーザーはランクを下げた大量生産された製品で構成されたものを購入します。

つまり、ハイエンドは一般の人が手を出さないような一つレベルが上のものです。
反対にハイエンド製品を購入してしまうと、一般ユーザー向けの説明が端折られている可能性もあるため、注意が必要です。

備考

ハイエンドの対義語はローエンドです。

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は非協力状態における硬直状態のことです。三つの力関係が同じくらいになると、力関係が拮抗し硬直状態となります。一度この状態になるとなかなか抜け出せず、この状態が長く続く場合、この力関係を前提 …

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫は事象を確認するまでは予想に過ぎず、確認する事で事象は確定するという理論の例です。シュレディンガーの猫は量子力学における思考実験です。この思考実験のポイントは猫の生死が確認されるま …

水平思考(ラテラルシンキング)

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除く …

コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

コペルニクス的転回は価値観や考え方が全く異なったものになる事です。コペルニクス的転回はコペ転と略され、パラダイムシフトと同じ意味で用いられ、根本が覆る事、考え方や発想が全く異なった事の例えで用いられる …

センターピン理論

センターピン理論は影響力の大きいものに狙い効率よく成果をだす理論です。物事の要点を見極める事で効率的に大きな効果や成果が得られのが特徴で、ボーリングのセンターピンをたとえて提唱されているものです。ボー …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク