ハイエンド | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ハイエンド

投稿日:

ハイエンドは最上級の商品やサービスを指します。

ハイエンドは提供している商品やサービスの中で(性能・機能・仕様などが総合的に)優れたものが属するカテゴリなどを指し、基本的に価格が高いです。

一般的には

  • 高級、上級、玄人 = ハイエンド
  • 中級 = ミドルレンジ
  • 低級、下級、初心者 = ローエンド、エントリー、エコノミーなど

とされていて、日本で昔から言われる「松竹梅」の「松」に値するカテゴリでパソコンなどの電気機器で用いられることが多い単語です。

具体例

ハイエンドパソコンと呼ばれるような商品は価格帯が30~100万円前後のものを指す事が多いです。
値段を問わず性能を極限まで高めるスーパーコンピューターなどは含みません。

一般的な家電屋さんで普及しているパソコンの値段が10万円前後なので、価格帯も異なりますが、性能も全く別のものとなっています。

このようなハイエンドパソコンはハイスペックなため一般的な事務作業(経理や書類作成)ではその性能を持て余すしてしまいます。
そのため、ハイエンドパソコンを購入するような人はパソコンの負荷が高くなるプログラミング、データ解析、グラフィック、動画編集などを扱う人がメインとなります。

一部ゲームで必要と考え購入する人もいるようです。

まとめ

ハイエンド層をターゲットにした製品は通常の仕様と異なるものになるため、大量生産する事が難しいです。
そのため、価格も高騰しやすいので通常の一般ユーザーはランクを下げた大量生産された製品で構成されたものを購入します。

つまり、ハイエンドは一般の人が手を出さないような一つレベルが上のものです。
反対にハイエンド製品を購入してしまうと、一般ユーザー向けの説明が端折られている可能性もあるため、注意が必要です。

備考

ハイエンドの対義語はローエンドです。

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

フェルミ推定(フェルミの問題)

フェルミ推定とはいくつかの手がかりを元に論理的な概算を求める方法です。求めたい数値を仮定とする情報を元に論理的に分析するため、答えのわからない問いに対しての一つの解決方法として重宝されています。しかし …

コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

コペルニクス的転回は価値観や考え方が全く異なったものになる事です。コペルニクス的転回はコペ転と略され、パラダイムシフトと同じ意味で用いられ、根本が覆る事、考え方や発想が全く異なった事の例えで用いられる …

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

機会費用(機会コスト)

機会費用は数字で表すことの難しい時間に対する成果の概念です。時間消費に対しての有益性や効率性に関係する経済学上の概念で、複数ある選択肢の中から最も有益な選択を行える機会を持てるかが大切です。 時間の消 …

EQ(イーキュー)

EQ(Emotional Inteligence Quotient)は心の知能指数と呼ばれています。EQは感情を測定する指標で、感情に対しての認識・理解・抑制・表現などを数値化したものです。EQが高い …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ