ノーワーク・ノーペイ | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

ノーワーク・ノーペイ

投稿日:2020年9月13日 更新日:

ノーワーク・ノーペイは「働かなくして給料なし」という原則です。

ノーワーク・ノーペイは会社などの組織の基本概念で、働いた分についての給料を支払わなくてはいけませんが、働いていない分についての給料は支払う必要がないという考えです。

具体例

欠勤や遅刻・早退などによって労働をしていない時間は給料を支払う必要がない事を定めたものです。

そのため、労災や産前・産後休暇、育児休業制度などはノーワーク・ノーペイの原則によって給料の支払いはありません。
しかし、これらの場合は会社からの給料ではなく、給付金や社会保険料免除などの制度を利用する事ができます。

また、ノーワーク・ノーペイの例外的な要因として、年次有給休暇と休業手当は働かなくても給料が発生します。

まとめ

ノーワーク・ノーペイの原則は修行規則によってその取り扱いが定められています。
しかし、慣行として常態化している場合は就業規則での処理よりも慣行が優先されます。
そのため、遅刻などの勤労以外の時間の処理も現行通りの処理となる可能性がある点には注意が必要です。

これは台風などの自然災害の時に多いと思います。
自然災害の影響によって遅れて出社した人に対して、その遅れた分についての賃金を減らさない会社も多いと思います。

このように会社の決まは様々なため、就業規則を理解してもわからない点は多いです。
そのため、入社後間もない時期は経歴が長い人に確認する事が望ましいです。

備考

ノーワーク・ノーペイの原則は労働基準法24条で定められている給料に関する基本原則です。

関連記事

 育児休業制度
 年次有給休暇
 就業規則

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

スノッブ効果

スノッブ効果は希少なものほど価値が高いと認識する心理作用です。スノッブ効果における希少性とは 需要に対して供給が少なければ希少性が高い需要に対して供給が多ければ希少性は低い のように、需要に対しての供 …

流動性リスク(リクイディティリスク)

流動性リスクは売買が減少する事で取引が成立しなくなる事で起こるリスクです。物の流動性が低下すると売りたい時に売れない・買いたい時に買えない可能性が高くなります。特に問題視されるのは短期間で売却したい場 …

ギャンブラーの錯誤(ギャンブラーの誤謬)

ギャンブラーの錯覚は確率の偏りが発生している状況では、その偏りが収束する確率が高いと誤認してしまう心理です。ギャンブルをしていて確率の偏りが発生している場合、感覚的にその偏りが収束するように働くと考え …

運用報告(2022年4月末)

今月の経済状況 注目 先月に引き続き今月もドル円の動きがとても激しく、先月「2021年の10月くらいから115円程度で推移していたドル円が3月に入ってからあっという間に122円台まで変動しました。」と …

埋没費用効果(コンコルド効果/サンクコスト効果)

埋没費用効果(コンコルド効果/サンクコスト効果)とは 概要 埋没費用効果(コンコルド効果/サンクコスト効果)は損切(損失を確定させる)ができない心理状態です。基本的になにか進行形のプロジェクトを行って …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ