ナッシュ均衡 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ナッシュ均衡

投稿日:2019年12月8日 更新日:

ナッシュ均衡は非協力状態における硬直状態のことです。

三つの力関係が同じくらいになると、力関係が拮抗し硬直状態となります。
一度この状態になるとなかなか抜け出せず、この状態が長く続く場合、この力関係を前提に物事が動くようになります。
しかし、一方の力が強くなったり弱くなったりすると大きくバランスが崩れていきます。

漫画やアニメの三強や三つ巴を想像していただければ分かりやすいと思います。

具体例

 AさんとBさんとCさんがいます。
 それぞれ実力が同じで敵同士とします。

 ①AさんがBさんを攻撃する
 →AさんとBさんの体力が落ちる
 →CさんがAさんとBさんを倒す。
  
 ②BさんがCさんを攻撃する
 →BさんとCさんの体力が落ちる
 →AさんがBさんとCさんを倒す。

 ③CさんがAさんを攻撃する
 →CさんとAさんの体力が落ちる
 →BさんがCさんとAさんを倒す。

上記の条件で攻めにでると、自らの首を絞めてしまいます。

まとめ

ナッシュ均衡は漫画やアニメのほかに、社会でも存在します。
〇〇メーカー大手三社など大企業で見られることが多く、ナッシュ均衡の状態となっている事が多いです。
3つが一般的ですが、4でも5でも条件が整えばナッシュ均衡とされます。

仮に販売会社が独占市場になってしまう場合、消費者はその販売会社が決めた価格で取引をしなくてはいけなくなってしまいます。

このような事を避けるために、日本では独占禁止法が制定されています。

ナシュ均衡はパレート最適になる状態の時もありますが、必ずしもそうなるとは限りません。
最適とならない状況の代表が囚人のジレンマです。

備考

数学者ジョン・フォーブス・ナッシュは提唱した事で、ナッシュ均衡と呼ばれています。

関連記事

  囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)
  パレート最適(パレート効率性)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

アキレスと亀のパラドックス

アキレスと亀はアキレス(人)が亀に追いつけないパラドックスです。本来ならば 追いこせるはずの亀をアキレス(人)が追い越せない理論になります。これは着眼点による通常は考える事のすくない視点からの理論です …

人工知能(AI)

人工知能は計算によって知能(思考)を再現する技術です。人工知能は人間の脳を模して造られたもの全般を指し、その模倣の大小は問わないため、一部でも模倣していればそれはAIとして認識されています。そのため、 …

セルフブランディング

セルフブランディングとはセルフ(自分)でブランド(信用)を確立する事で、自分の力でプロモーションを行いメディア化する事です。セルフブランディングは個人で行うため、芸能プロダクションのようなものは該当し …

第二領域思考

第二領域思考は優先順位を重要性と緊急性に分類した際の考え方です。物事を重要性と緊急性に分類すると4つに分類されます。 第一領域 緊急性が高く 重要度も高い 基本的にはやらなければいけない事が該当します …

パレート最適(パレート効率性)

パレート最適はパレート効率性とも呼ばれ、個の犠牲がなければ他が満足する事がない状態です。つまり、全体で見た時にそれ以上の最適は存在しない状態です。 具体例 AさんBさんの二人で一枚のビスケットを分ける …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ