ドッグフーディング | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ドッグフーディング

投稿日:2020年7月9日 更新日:

ドッグフーディングはシステムやサービスの問題や向上に向け積極的に改善していく取組です。

製品やサービスを提供する際には、販売して終わりではなく、その後も継続的に品質が保証されていなくてはシェアの拡大には繋がりません。

例えば
製品の場合はメンテナンスなどのアフターフォローが行われている
消耗品やサービスの場合は継続して同程度の品質が保証されている

このようにユーザーが利用しやすく、価値の高い状態を維持させなくてはいけません。

そのためには開発サイドで検証を行う必要があります。
多くはリリース前から始まり、サービス提供後も継続してユーザーにとって良いサービスを提供できるように繰り返し改善が行われます。

これはより良いサービスを提供するための創意工夫を行う事で競合他社に引けを取らないサービスを提供し続けるためでもあります。

具体例

ドッグフーディングはサービスの公開前から始まり、公開後にも継続して行われます。
アプリのようなサービスを提供する場合は

  1. プロト版
    意図した操作が正常に行われるのかを確認します。
  2. α版の公開をする前
    プロト版よりもサービスが拡大しているため、再度意図した操作が正常に行われるのかを確認します。
  3. α版の公開
    この段階では制作サイドだけではなく、テストプレイヤーにも参加してもらい、意図した操作が正しく実行できるのかの確認を行います。
  4. β版の公開をする前
    α版よりもサービスが拡大し、実装予定の内容がほぼ完全な状態のサービスであるため、細かな調整などが行われます。
  5. β版の公開
    ユーザーにも協力してもらい、試験運用を行います。
  6. 正式リリース
    制作サイドによる実証、ユーザーからの不具合報告の修正やバランスの調整などを行います。

このようにサービスの保全に努める事で、ユーザーにとって良いサービスを提供する事につながります。

まとめ

開発サイドだけの情報では、理解度が高い人向けのサービスを提供する事につながってしまうため、一般ユーザーの求めるものとは異なったものとなってしまう事があります。
また、一般ユーザーの意見を優遇しすぎても、右往左往してシステムの本筋が定まらずにこれも、一般ユーザーの求めるものとは異なったものとなってしまう事があります。

開発サイドと一般ユーザー、双方の意見を取り入れる事で将来的により良いサービスを提供する事が望ましいと考えられており、実際にGoogleなどの大企業もドッグフードサービスに取り組んでいます。

備考

営業担当が自社製品のドッグフードを食べて品質をアピールしたエピソードが由来とされています。

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は非協力状態における硬直状態のことです。三つの力関係が同じくらいになると、力関係が拮抗し硬直状態となります。一度この状態になるとなかなか抜け出せず、この状態が長く続く場合、この力関係を前提 …

ソーシャルスタイル理論

ソーシャルスタイルは人の言動を4つの性格に分類した分類方法の一種です。ソーシャルスタイルを知る事で自身や他者についての理解が深まり、円滑なコミュニケーションがとりやすくなります。自己主張、感情表現の項 …

人工知能(AI)

人工知能は計算によって知能(思考)を再現する技術です。人工知能は人間の脳を模して造られたもの全般を指し、その模倣の大小は問わないため、一部でも模倣していればそれはAIとして認識されています。そのため、 …

トロッコ問題(トロリー問題)

トロッコ問題は多数の人を助けるために少数の人の犠牲は許されるのかについて考える問題です。トロッコ問題は倫理や道徳を考えるため提案されたモラルジレンマ問題の一つで、多くを助けるために少数が犠牲になる事に …

PREP法(プレップ法)

PREP法は文章の構成方法の一つです。PREP(プレップ)法は結論を最初に伝え、その後に理由付けや裏付け、事例などの具体例を提示し、再度結論を示す事で他者へ伝わりやすくなると考えられています。内容を構 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ