トレードオフ | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

トレードオフ

投稿日:2019年12月11日 更新日:

トレードオフはお互いに譲れない条件が対立した場合は取引が不成立となる状態です。

トレードオフは複数の両立し得ない条件になる関係をさします。
一方を得るために、もう一方を犠牲にするように、両立不可能な二律背反の関係です。

ビジネスでは常にトレードオフと向き合わなくてはいけません。
価格交渉では買い手の希望よ、売りての希望があります。
その両者の合意がなければ取引は成立しません。

このように取引では常に選択の余地があり、なにを優先するかでその後に大きな影響を与えます。

具体例

 商品の品質を上げれば価格も上がります。
 商品の価格を下げれば品質も下がります。

高品質で低価格の商品を販売するには、利益を削ります。

利益を削ると経営が難しくなります。
経営を安定させるには利益を増やすしかありません。

通常はこのバランスを取りパレート最適された状態で会社は運営されます。
パレート改善するには、別の方法を提案しなくてはなりません。

例えば
仕入れ値を下げれば高品質で低価格の商品を提供できます。
顧客が増加すれば利益が増加します。
しかし、実際に行うには難しい課題があります。

まとめ

トレードオフは金銭的な選択に留まらず日常生活の機会費用の選択でも多いです。

例えば同日同刻に予定が重なってしまう場合、両方へ参加することはできないので、参加できなかった予定はとの折り合いをつけなくてはいけません。

日常生活は選択の連続なので、全てを行う事は当然できません。
そのため、無理のない選択を行う事は大切です。

関連記事

 パレート最適(パレート効率性)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

スノッブ効果

スノッブ効果は希少なものほど価値が高いと認識する心理作用です。スノッブ効果における希少性とは 需要に対して供給が少なければ希少性が高い需要に対して供給が多ければ希少性は低い のように、需要に対しての供 …

損害遅延金(遅延賠償)

損害遅延金はお金の引き渡しが遅延した場合に追加で請求される賠償金です。基本的になにか契約を結ぶ時に金額とその引渡期限が決められています。そして、その引き渡し期限を守らない場合には何らかのペナルティーが …

安全余裕率(経営安全率)

安全余裕率は売上に対して利益が占める割合です。売上高と損益分岐点との差を示す指標です。そのため、安全余裕率が高ければ損失への耐性が高くなります。つまり、経営の安全度を示す指標の一つとして考える事もでき …

為替変動リスク

為替変動リスクは為替相場の変動によるリスクです。日本の通貨と国外の通貨の為替相場は常に変動しています。そのため、換金する際に為替の影響を受ける事があります。また、金融商品はリアルタイムで価格が変動しま …

狼狽売り(狼煙売り/パニック売り)

狼狽(ろうばい)売りは株価が下落した際、冷静な判断ができずに売却してしまう事です。狼狽売りは価格が下落したことで「保有していると膨大な損失が発生する」と思い込んでしまい、冷静な判断を行う事ができないパ …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ