テセウスのパラドックス(テセウスの船) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

テセウスのパラドックス(テセウスの船)

投稿日:2020年11月10日 更新日:

テセウスのパラドックスは船の部品を全て交換し、元の船の部品が全て入れ替わっても同じであるか、そうでない場合はどこから変わるのかというパラドックスです。

船などの大きなものは、長期間使う事が多いです。
そのため、部品が壊れてしまっても一部の部品を交換して継続して使用する事が多いです。
次第に最初についていた部品が減っていきます。
その結果、最終的には元の部品がなくなってしまいます。

元の部品がなくなり、全て新しい部品で構成された船は元の船と同じと考えてもよいのでしょうか?

具体例

船は制作された際に番号を登録して管理されます。

しかし、船を所有している人は少ないと思います。
ここではイメージしやすいうように身近な車で例えたいと思います。

車にはナンバープレートがあり、ナンバープレートは部品を交換しても変わる事はありません。

しかし、車を長期間使用しているとタイヤなどの消耗する部品などから徐々に交換が進んでいきます。
事故にあってしまったらドアを交換する事もあると思いますし、部品の劣化による交換も増えていきます。

このように長期間になればなるほど交換される部品の割合が増加していき、やがては最初に使われていた部品がなくなります。

そして、最初に使われていた部品がなくなり、全て新しい部品へと交換された場合でもナンバープレートが変わる事はありません。

このように全ての部品が新しくなっても書類上は制作された時と同じ車体ですが、これは同じ車と表現して良いのかは疑問です。

そして、分品を全て新しくした場合、「新しい車」と「古い車」の部品があります。
そのため、車の部品は全て合わせると二台分以上あります。

つまり、全ての部品を使うと同じ車が2台できてしまう事になります。

※実際に車の部品を交換していく場合、フレームに割り振られた番号とナンバーが紐図いているため、車ではテセウスのパラドックスは起こりません。

まとめ

テセウスの船は砂山のパラドックスのように一つ一つ取り除いていくと、どこまで元の船と呼べるのかという定義の曖昧さによる影響が強くでます。

極端なものには「おじいさんの古い斧」というのがあります。
おじさんの斧は長年使っています。
そのため、持ち手や刃や金具も交換してあるため元の部品はありません。
しかし、おじいさんが使う斧は古いままで、いつ買ったのかを尋ねると初めて買った日を答えます。

このように、定義が曖昧なものは個人の価値観によって定義が変わってしまいます。

そのため、正確に意思疎通を行う事はとても難しいです。

関連記事

 パラドックス
 砂山のパラドックス

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

砂山のパラドックス

砂山のパラドックスは砂山から砂粒を減らしていき、砂粒が一定の数以下になった場合は砂山でなくなるのかという思考実験です。砂山のパラドックスの問題点は定義が曖昧なものを深く考える事で定義が揺らいでしまい矛 …

IQ(アイキュー)

IQ(Intelligence Quotiont)は知能指数の一つです。特に論理的思考(ロジカルシンキング)に対する知能指数を意味し、数字が大きいほど知能が高い事を意味します。IQの表記は標準偏差を用 …

センターピン理論

センターピン理論は影響力の大きいものに狙い効率よく成果をだす理論です。物事の要点を見極める事で効率的に大きな効果や成果が得られのが特徴で、ボーリングのセンターピンをたとえて提唱されているものです。ボー …

コロンブスの卵

コロンブスの卵は簡単な事でも最初に行う事は難しい例えで使われます。コロンブスの卵は新大陸を発見したコロンブスが中傷され、その批判に対してコロンブスが取った行動が逸話となり広まりました。 コロンブスの卵 …

ノブレス・オブリージュ

ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)は力には責任が伴うという考えです。ノブレス・オブリージュで言われる力とは物理的な力に限らず、資産や権力などの見えない力も含みます。財産や権力・社 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ