テセウスのパラドックス(テセウスの船) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

テセウスのパラドックス(テセウスの船)

投稿日:

テセウスのパラドックスは船の部品を全て交換し、元の船の部品が全て入れ替わっても同じであるか、そうでない場合はどこから変わるのかというパラドックスです。

船などの大きなものは、長期間使う事が多いです。
そのため、部品が壊れてしまっても交換して使う事が多いです。
次第に最初からついていた部品が減っていきます。
その結果、最終的には元の部品がなくなってしまいます。

元の部品がなくなり、全て新しい部品で構成された船は元の船と同じでよいのでしょうか?

具体例

船は制作された際に番号を登録して管理されます。

しかし、船を所有している人は少ないと思います。
ここではイメージしやすいうように身近な車で例えたいと思います。

車にはナンバープレートがあり、ナンバープレートは部品を交換しても変わる事はありません。

しかし、車を長期間使用しているとタイヤなどの消耗する部品などから交換が始まります。
事故にあってしまったらドアを交換する事もあると思いますし、部品の劣化による交換も増えていきます。

このように長期間になればなるほど交換される部品の割合が増加していき、やがては最初に使われていた部品がなくなります。

そして、最初に使われていた部品がなくなり、全て新しい部品へと交換された場合でもナンバープレートが変わる事はありません。

このように全ての部品が新しくなっても書類上は制作された時と同じ車体ですが、これは同じ車と表現して良いのかは疑問です。

そして、分品を全て新しくした場合、「新しい車」と「古い車」の部品があります。
そのため、車の部品は全て合わせると二台分以上あります。

つまり、全ての部品を使うと同じ車が2台できてしまう事になります。

※実際に車の部品を交換していく場合、フレームに割り振られた番号とナンバーが紐図いているため、車ではテセウスのパラドックスは起こりません。

まとめ

テセウスの船は砂山のパラドックスのように一つ一つ取り除いていくと、どこまで元の船と呼べるのかという定義の曖昧さによる影響が強くでます。

極端なものには「おじいさんの古い斧」というのがあります。
おじさんの斧は長年使っています。
そのため、持ち手も刃がついた金具も交換してあるため、元の部品はありません。
しかし、おじいさんが使う斧は古いままで、いつ買ったのかを尋ねると初めて買った日を答えます。

このように、定義が曖昧なものは個人の価値観によって定義が変わってしまいます。

そのため、正確に意思疎通を行う事はとても難しいです。

関連記事

 パラドックス
 砂山のパラドックス

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

パラドックス

パラドックスは論理的な矛盾が発生してしまうものです。パラドックスの特徴は正しそうに思える点です。正しそうに思えるだけで、それが正しいのかが疑問となるのがパラドックスです。パラドックスの基本は「論理的に …

収穫加速の法則

収穫加速の法則は技術的革新のスピードは指数関数的な伸びを見せるという考えです。収穫加速の法則は新しい発見や、既存の定義の証明が進む事で革新的な方法が次々と立証される事で、さらに次の革新的な方法の発見ま …

ピーターの法則

ピーターの法則は有能だったものは不適切な地位に昇進することで無能として留まってしまいます。 能力主義の階層社会では能力の限界まで昇進する事で、昇進後の階層では無能となり、その結果各階層には無能しか残ら …

HSP(エイチエスピー/ハイリー・センシティブ・パーソン)

HSPは先天的に刺激に対して敏感な人です。HSPは日本人に比較的多く約20%(5人に1人)と考えられています。しかし、HSPではない人が約8割(5人のうち4人)なので、日常的には少数派になってしまう事 …

世界五分前仮説

世界五分前仮説は、「世界は五分前に始まった」という仮説です。この仮説では、私たちの知識や記憶という根源的な要素が覆されます。そのため、例えば5分以上前の記憶があるのはそのように創生されたためであると考 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ