ソーシャルスタイル理論 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ソーシャルスタイル理論

投稿日:

ソーシャルスタイルは人の言動を4つの性格に分類した分類方法の一種です。

ソーシャルスタイルを知る事で自身や他者についての理解が深まり、円滑なコミュニケーションがとりやすくなります。
自己主張、感情表現の項目から①「ドライビング」、②「エクスプレッシブ」、③「エミアブル」、④「アナリティカル」の4つの性格に分類されます。
自分と他者の関係を確認する事でほどよい距離感を保つ能力が向上し、コミュニケーションが円滑に行えるようになります。

ドライビング

①自己主張が強い、感情表現が弱い
冷静に物事判断し効率的に物事を進める傾向が強いです。
リーダーシップがあるため経営者に多いです。

エクスプレシップ

②自己主張が強い、感情表現が強い
ナルシスト傾向があるので注意してください。
感情で物事を判断し周囲を巻き込んでいく傾向が強いです。
感情表現が豊かで自分の意見を大事にします。

アナリティカル

③自己主張が弱い、感情表現が弱い
冷静に物事を判断し良く観察しています。
他者へ頼る事が苦手なため、自立している人が多いです。

エミリアブル

④自己主張が弱い、感情表現が強い
冷静に物事を判断し、周囲と上手に溶け込みます。
周囲の状況に合わせて柔軟に対応できるため協調性が高いです。

まとめ

自分と他者の共通点を認識する事で類似性の法則が働き好感を持たれやすくなります。
また、他者への理解を深める事で、嫌な事や好きな事が予想しやすくなります。

基本的には4つの分類とされますが、柔軟に他者に合わせた対応を行える器用な方もいたりもするため、完全にこれだと特定してコミュニケーションを取る事は良くありません。
大きな枠組みとして参考にするのがお勧めです。

備考

ソーシャルスタイル理論は米国の心理学者デイビット・メリルが提唱しました。

関連記事

 ナルシスト
 類似性の法則

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ノブレス・オブリージュ

ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)は力には責任が伴うという考えです。ノブレス・オブリージュで言われる力とは物理的な力に限らず、資産や権力などの見えない力も含みます。財産や権力・社 …

ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は非協力状態における硬直状態のことです。三つの力関係が同じくらいになると、力関係が拮抗し硬直状態となります。一度この状態になるとなかなか抜け出せず、この状態が長く続く場合、この力関係を前提 …

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

コロンブスの卵

コロンブスの卵は簡単な事でも最初に行う事は難しい例えで使われます。コロンブスの卵は新大陸を発見したコロンブスが中傷され、その批判に対してコロンブスが取った行動が逸話となり広まりました。 コロンブスの卵 …

サウンドバイト

サウンドバイトは強い印象を与える言葉です。人の心を引き付けるような言葉を短時間で伝えるために重要です。CMのように他者へ伝えるために抜粋された短い発言を指します。人の心を引き付けるのがうまい人はこのサ …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク