ソーシャルスタイル理論 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ソーシャルスタイル理論

投稿日:

ソーシャルスタイルは人の言動を4つの性格に分類した分類方法の一種です。

ソーシャルスタイルを知る事で自身や他者についての理解が深まり、円滑なコミュニケーションがとりやすくなります。
自己主張、感情表現の項目から①「ドライビング」、②「エクスプレッシブ」、③「エミアブル」、④「アナリティカル」の4つの性格に分類されます。
自分と他者の関係を確認する事でほどよい距離感を保つ能力が向上し、コミュニケーションが円滑に行えるようになります。

ドライビング

①自己主張が強い、感情表現が弱い
冷静に物事判断し効率的に物事を進める傾向が強いです。
リーダーシップがあるため経営者に多いです。

エクスプレシップ

②自己主張が強い、感情表現が強い
ナルシスト傾向があるので注意してください。
感情で物事を判断し周囲を巻き込んでいく傾向が強いです。
感情表現が豊かで自分の意見を大事にします。

アナリティカル

③自己主張が弱い、感情表現が弱い
冷静に物事を判断し良く観察しています。
他者へ頼る事が苦手なため、自立している人が多いです。

エミリアブル

④自己主張が弱い、感情表現が強い
冷静に物事を判断し、周囲と上手に溶け込みます。
周囲の状況に合わせて柔軟に対応できるため協調性が高いです。

まとめ

自分と他者の共通点を認識する事で類似性の法則が働き好感を持たれやすくなります。
また、他者への理解を深める事で、嫌な事や好きな事が予想しやすくなります。

基本的には4つの分類とされますが、柔軟に他者に合わせた対応を行える器用な方もいたりもするため、完全にこれだと特定してコミュニケーションを取る事は良くありません。
大きな枠組みとして参考にするのがお勧めです。

備考

ソーシャルスタイル理論は米国の心理学者デイビット・メリルが提唱しました。

関連記事

 ナルシスト
 類似性の法則

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

クオリア

クオリアは感覚意識やそれにともなう経験のことです。クオリアはなんらかの脳活動によって生み出されていますが、具体的なメカニズムはわかっていません。また、脳の活動でクオリアを生み出す場合と生み出さない場合 …

制度疲労

制度疲労は昔に作られた制度が現在の状況に適していない状態です。制度疲労は、制度ができた当時は有効的に機能していたはずの内容が時間経過で徐々に状況に対応できなくなっている状態です。本来の制度は社会状況に …

ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は非協力状態における硬直状態のことです。三つの力関係が同じくらいになると、力関係が拮抗し硬直状態となります。一度この状態になるとなかなか抜け出せず、この状態が長く続く場合、この力関係を前提 …

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫は事象を確認するまでは予想に過ぎず、確認する事で事象は確定するという理論の例です。シュレディンガーの猫は量子力学における思考実験です。この思考実験のポイントは猫の生死が確認されるま …

水槽の脳(水槽脳仮説)

水槽の脳は、自分の思考が水槽の中で完結していという考えです。私たちの五感は全て疑似的に作り出された情報を感じていて、実際には私たちに体はなく、水槽の中に電極と繋がった脳があるだけであるという仮説です。 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ