ソーシャルスタイル理論 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

ソーシャルスタイル理論

投稿日:

ソーシャルスタイルは人の言動を4つの性格に分類した分類方法の一種です。

ソーシャルスタイルを知る事で自身や他者についての理解が深まり、円滑なコミュニケーションがとりやすくなります。
自己主張、感情表現の項目から①「ドライビング」、②「エクスプレッシブ」、③「エミアブル」、④「アナリティカル」の4つの性格に分類されます。
自分と他者の関係を確認する事でほどよい距離感を保つ能力が向上し、コミュニケーションが円滑に行えるようになります。

ドライビング

①自己主張が強い、感情表現が弱い
冷静に物事判断し効率的に物事を進める傾向が強いです。
リーダーシップがあるため経営者に多いです。

エクスプレシップ

②自己主張が強い、感情表現が強い
ナルシスト傾向があるので注意してください。
感情で物事を判断し周囲を巻き込んでいく傾向が強いです。
感情表現が豊かで自分の意見を大事にします。

アナリティカル

③自己主張が弱い、感情表現が弱い
冷静に物事を判断し良く観察しています。
他者へ頼る事が苦手なため、自立している人が多いです。

エミリアブル

④自己主張が弱い、感情表現が強い
冷静に物事を判断し、周囲と上手に溶け込みます。
周囲の状況に合わせて柔軟に対応できるため協調性が高いです。

まとめ

自分と他者の共通点を認識する事で類似性の法則が働き好感を持たれやすくなります。
また、他者への理解を深める事で、嫌な事や好きな事が予想しやすくなります。

基本的には4つの分類とされますが、柔軟に他者に合わせた対応を行える器用な方もいたりもするため、完全にこれだと特定してコミュニケーションを取る事は良くありません。
大きな枠組みとして参考にするのがお勧めです。

備考

ソーシャルスタイル理論は米国の心理学者デイビット・メリルが提唱しました。

関連記事

 ナルシスト
 類似性の法則

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

ヘンペルのパラドックス(カラスのパラドックス/ヘンペルのカラス)

ヘンペルのパラドックスはカラスではないものの情報を集める事で、逆説的にカラスを証明する方法です。「AはBである」反対に「BでないならばAではない」という事を前提にした内容です。「カラスは黒い」事を前提 …

SDGs(エスディージーエス)

SDGs(Sustainable Development Doals)は世界中の人々が暮らしやすい社会を目指すための持続可能な開発目標を国際的に決めたものです。国際的な目標は大きく分けて17項目あり、 …

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

スーパーコネクター

スーパーコネクターは、人脈が広い人です。スーパーコネクターは人と人を結びつけるのが好きで、広く多種多様な人脈(コネクト)を持ち、人間関係の輪を広げてくれます。また、その人脈は数だけでなく、質も良く、年 …

大数の法則(多数の法則)

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。試行回数が少ないと偏りによる影響が …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ