ゼロサム・ゲーム(ゼロ和) | あむぶろ 学校では教えてくれない大切なこと

お金

ゼロサム・ゲーム(ゼロ和)

投稿日:2019年12月10日 更新日:

ゼロサム・ゲーム(ゼロ和)について

概要

ゼロサム・ゲームは総体的なお金が一定に保たれていて、その配分の変化によって利益や損失が出る内容の総称です。

ゼロサム・ゲームを行うと短期的に利益が出る事もありますが、継続しても利益を得ることは難しいです。

これはゼロサム・ゲームの期待値が「1」であるため損益は「0」に収束していきます。
そのため、ゼロサム・ゲームに参加する場合は利益が出ている時点でやめる事が望ましいです。

特に運の要素が強く選択権がないような単純な確率のみの要素で利益が決まる場合、多くの利益を得ようと参加回数を増やすとゼロに収束していきますし、マイナスになってしまう事もあります。
反対に、マイナスの状態で続ける事によってゼロに収束していきますし、プラスになる事もあります。

しかし、確率には偏りがあるため、ギャンブルのような場合は元手がなくなって参加できなくなってしまう人もいるので、ゼロサムでも大負けしてしまう事があるので注意が必要です。

具体例

 AさんとBさんがコインの裏表を当てます。
 掛け金は100円とします。
 掛け金が正解者に配当されます。
 Aさんのみが正解したとする場合

 Aさん+100円
 Bさん-100円 
 Aさん+Bさん=0円

上記のようにAさんとBさんと合計は0になります。

コインの裏表を当て続けることはとても難しいです。

これがゼロサム・ゲームです。

まとめ

ゼロザム・ゲームは新たな要素を取り入れ、プラスサム・ゲームへと移行する事で利益を得る事ができる可能性が増加します。
反対に、親の取分があるものは、総体的な配分が減少していくので利益を出す事は難しいです。
このように配分されるサムがマイナスになることから、マイナスサム・ゲームと呼ばれています。

上記の様にプラスサム・ゲームや、マイナスサム・ゲームのことを総じて、非ゼロサム・ゲームといいます。
非ゼロサム・ゲームの代表として、囚人のジレンマはよく取り上げられます。

備考

ゼロサム・ゲームはゼロ和とも言われています。
サム(和)がプラスマイナスゼロになる事が由来です。

関連記事

 囚人のジレンマ(社会的ジレンマ)

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

損切(ロスカット/ストップロス)

損切は含み損を抱えている状態で、更なる含み損の増加が予想される場合に、損失を確定させる事です。損切を行う事で損失が確定されてしまいますが、それ以上の損失を止めるためには重要な事です。特にレバレッジを掛 …

スノッブ効果

スノッブ効果は希少なものほど価値が高いと認識する心理作用です。スノッブ効果における希少性とは 需要に対して供給が少なければ希少性が高い需要に対して供給が多ければ希少性は低い のように、需要に対しての供 …

限界利益(貢献利益)

限界利益は売上から変動費を引いたものです。限界利益は損益計算特融の計算方法で、売上から変動費を引いて計算を行うため、基本的には売上の増加とともに増加する費用です。限界利益の計算式は  限界利益=売上高 …

サブプライムローン(サブプライム・モーゲージ)

サブプライムローン(サブプライム・モーゲージ)は信用情報の比較的低い中間層向けの住宅ローンです。サブプライムローンは主に海外で行われており、サブプライム層(所得が十分にあり返済の見込みが高い優良顧客が …

資本主義(資本制)

資本主義(資本制)とは 概要 資本主義は営利目的の資本によって経済が動いている環境です。資本主義は商品の取引を行う中で自然と競争が起きる事で経済が成長・発展していき生活水準が向上していくのが特徴とされ …

Google AdSense



管理人


あむぶろ
管理人情報


名前:

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-1.png鈴木 歩(すずき あゆむ)

自己紹介:

日本の未来を支える若者を応援したいので
「有料情報よりも価値がある情報を無料で
提供する」事を目指しています。


ブログについて:

当ブログでは生活をするためには大切でも
学校では教えもらえない事をメインに
取り扱っています。
知識のみではなく価値観を見直す事のできる
情報を提供したいと考えています。

外部リンク

応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ