センターピン理論 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

センターピン理論

投稿日:

センターピン理論は影響力の大きいものに狙い効率よく成果をだす理論です。

物事の要点を見極める事で効率的に大きな効果や成果が得られのが特徴で、ボーリングのセンターピンをたとえて提唱されているものです。
ボーリングでストライクを出すにはセンターピンを倒す必要があります。
そして、ストライクにならずともセンターピンを倒せれば多数のピンが倒れます。
ボーリングのようにセンターピンを目視できるものはわかりやすいです。
しかし、目印のついていないものはセンターピンがわかりにくいため、狙いを定める事が難しいです。

具体例

会社で自分の意見を通したいとき、その中で一番影響力の強い方は基本的に社長かと思います。
しかし、センターピンは社長ではなく、直属の上司かもしれません。

直属の上司が自分の意見を反映させてくれる可能性はあります、しかし、社長に直接意見を持っていってもなかなか反映されることは難しいと思います。

会社という限られた組織でも誰なのか明確にわからない中、会社の外では誰と誰がつながっているのかもわからない状況で、目的への影響が一番大きいものを見極めることは難しいです。

企業ではこの効果を利用しようと、インフルエンーサ(有名人等)による販売促進活動が繰り広げられています。

若者が真似したがる有名人(センターピン)に広告塔になってもらうことで、若者(後ろのピン)への販売が活性化されます。

まとめ

要点を見定める事は難しいです。
なにを目指すのかで要点は異なる事が多いため、一概には断定できないためですう。
そのため、要点を抑えるには経験や知識が必要になることが多く、それらを総合的に判断する能力(水平思考批判的思考論理的思考など)が必要になりますす。
その結果、的から大きく外れる事はへりますし、外れそうな時は違和感を感じるようになります。

それでも的に当たらない事はありますが、知識や経験がない時よりは格段に成果を残せるはずです。

関連記事

 水平思考(ラテラルシンキング)
 批判的思考(クリティカルシンキング)
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

クリフハンガー(プロット)

クリフハンガーは物語の盛り上がるシーンの最初の一部を見せる事で興味を引く手法です。クリフハンガーはザイガニック効果(中途半端な状態が気になる心理)を映画の宣伝で利用したものです。動画の宣伝で一番盛り上 …

機能不全家族

機能不全家族は一般家庭における家族の役割が正常に機能してない家族です。家庭内に不法行為などがある家庭や、家庭崩壊を起こしている家庭が機能不全家族とされています。特に子供が児童虐待(身体的虐待・精神的虐 …

制度疲労

制度疲労は昔に作られた制度が現在の状況に適していない状態です。制度疲労は、制度ができた当時は有効的に機能していたはずの内容が時間経過で徐々に状況に対応できなくなっている状態です。本来の制度は社会状況に …

テセウスのパラドックス(テセウスの船)

テセウスのパラドックスは船の部品を全て交換し、元の船の部品が全て入れ替わっても同じであるか、そうでない場合はどこから変わるのかというパラドックスです。船などの大きなものは、長期間使う事が多いです。その …

世界五分前仮説

世界五分前仮説は、「世界は五分前に始まった」という仮説です。この仮説では、私たちの知識や記憶という根源的な要素が覆されます。そのため、例えば5分以上前の記憶があるのはそのように創生されたためであると考 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ