センターピン理論 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

センターピン理論

投稿日:

センターピン理論は影響力の大きいものに狙い効率よく成果をだす理論です。

物事の要点を見極める事で効率的に大きな効果や成果が得られのが特徴で、ボーリングのセンターピンをたとえて提唱されているものです。
ボーリングでストライクを出すにはセンターピンを倒す必要があります。
そして、ストライクにならずともセンターピンを倒せれば多数のピンが倒れます。
ボーリングのようにセンターピンを目視できるものはわかりやすいです。
しかし、目印のついていないものはセンターピンがわかりにくいため、狙いを定める事が難しいです。

具体例

会社で自分の意見を通したいとき、その中で一番影響力の強い方は基本的に社長かと思います。
しかし、センターピンは社長ではなく、直属の上司かもしれません。

直属の上司が自分の意見を反映させてくれる可能性はあります、しかし、社長に直接意見を持っていってもなかなか反映されることは難しいと思います。

会社という限られた組織でも誰なのか明確にわからない中、会社の外では誰と誰がつながっているのかもわからない状況で、目的への影響が一番大きいものを見極めることは難しいです。

企業ではこの効果を利用しようと、インフルエンーサ(有名人等)による販売促進活動が繰り広げられています。

若者が真似したがる有名人(センターピン)に広告塔になってもらうことで、若者(後ろのピン)への販売が活性化されます。

まとめ

要点を見定める事は難しいです。
なにを目指すのかで要点は異なる事が多いため、一概には断定できないためですう。
そのため、要点を抑えるには経験や知識が必要になることが多く、それらを総合的に判断する能力(水平思考批判的思考論理的思考など)が必要になりますす。
その結果、的から大きく外れる事はへりますし、外れそうな時は違和感を感じるようになります。

それでも的に当たらない事はありますが、知識や経験がない時よりは格段に成果を残せるはずです。

関連記事

 水平思考(ラテラルシンキング)
 批判的思考(クリティカルシンキング)
 論理的思考(ロジカルシンキング)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

水平思考(ラテラルシンキング)

水平思考はラテラルシンキングともいわれ、既成概念や固定観念のような前提条件に支配されない自由な発想です。物事を多面的に捉え、多くの視点から見て発想を広げ、新たな要素を取り入れたり、既存の要素を取り除く …

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

ドッグフーディング

ドッグフーディングはシステムやサービスの問題や向上に向け積極的に改善していく取組です。製品やサービスを提供する際には、販売して終わりではなく、その後も継続的に品質が保証されていなくてはシェアの拡大には …

フリン効果

フリン効果はIQの推移が向上する事です。反対にIQの推移が低下する場合は、負のフリン効果と呼ばれます。フリン効果によるIQの推移の研究では、1970年代をピークにIQが低下傾向であるとされています。I …

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫は事象を確認するまでは予想に過ぎず、確認する事で事象は確定するという理論の例です。シュレディンガーの猫は量子力学における思考実験です。この思考実験のポイントは猫の生死が確認されるま …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ