スノッブ効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

スノッブ効果

投稿日:2020年6月30日 更新日:

スノッブ効果は希少なものほど価値が高いと認識する心理作用です。

スノッブ効果における希少性とは

  • 需要に対して供給が少なければ希少性が高い
  • 需要に対して供給が多ければ希少性は低い

のように、需要に対しての供給量です。

ハンドメイド作品で世界に一つしかなくても、需要がなければスノッブ効果は作用しません。

また、同一製品の所有者が増加すると希少性が低下していくため、スノッブ効果は作用しません。

スノップ効果が作用しやすい条件

  • 数量を限定する商品
  • 期間を限定する商品
  • 購入者を限定する商品
  • 地域を限定する商品

このように供給を一定の数量以下に抑える事で、希少性を極力低下させないようにすることでスノッブ効果は作用します。

スノッブ効果が起こる要因

スノッブ効果は他者との差別化を行いたいという承認欲求の心理が作用しています。
差別化が成功すると達成感や満足感を感じますが、入手難易度が低くては効果が期待できないため、手に入らないもの(希少性が高いもの)である必要があります。

例えば

  • 新発売で予約しても数か月待ちの製品
  • 数量限定販売のため購入する権利の抽選が行われいる製品
  • 会員制で期間限定販売された製品

このような製品を得るためには類似の製品よりも多くの費用が掛かる事が多いです。
例えば、限定色になると販売価格が上昇するのはよく目にすると思います。

まとめ

スノッブ効果のように他者との差別化を求める気持ちがある一方で、同調効果のように、他者と同じでありたいという気持ちもあります。

人の気持ちは状況に応じて変化するため、必ずしも正しい答えはありません。
そのため、心理学は一般的に多い傾向であり、スノッブ効果を用いたマーケティングを行っても必ずしも成功するとは限りません。

しかし、心理的に作用しやすいことは研究の結果明らかにされているため、購買意欲を刺激するための一つの手法として頭の片隅に入れておくことは悪い事ではありません。

価格を上げて失敗する主な要因は上げた価格に見合うだけのクオリティがない可能性が高いです。

ハイブランド製品のように、価格に対しての満足度がたければスノッブ効果も作用しやすいです。

備考

スノッブ効果の反対に多くの人が持っているものが欲しくなる心理はバンドワゴン効果と呼ばれています。

関連記事

 承認欲求

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

原価

原価はその製品を作成する際にかかる費用です。原価を正確に把握するためには原価の計算を行う必要があります。原価計算には材料費、労務費、経費などを計算する事で原価がわかります。通常は原価に利益を載せて販売 …

資産三分割法

資産三分割法は性質の異なる三種類の資産を保有する投資方法です。三分割する事でリスクを分散させる方法です。基本的に三種類のうちの一種類は預金とする事が多いです。代表的な選択肢は下記になります。 預金(普 …

空売り(信用売り/ハタ売り)

空売りは株価が下落した際に利益がでる投資方法です。通常の株の売買では株価が上昇すると利益がでますが、空売りは株価が下落すると利益が発生します。通常の売買とは異なった方法で利益が出る特殊な投資方法です。 …

ステルスマーケティング(ステマ)

ステルスマーケティングは販売促進活動だと気付かれない様に広告を流す事です。ステマという言葉の知名度はまだ低いと思います。しかし、サクラやヤラセのように聞きなれた言葉には嫌悪感を抱くと思います。ステマも …

流動性リスク(リクイディティリスク)

流動性リスクは売買が減少する事で取引が成立しなくなる事で起こるリスクです。物の流動性が低下すると売りたい時に売れない・買いたい時に買えない可能性が高くなります。特に問題視されるのは短期間で売却したい場 …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ