ステルスマーケティング(ステマ) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

お金

ステルスマーケティング(ステマ)

投稿日:

ステルスマーケティングは販売促進活動だと気付かれない様に広告を流す事です。

ステマという言葉の知名度はまだ低いと思います。
しかし、サクラやヤラセのように聞きなれた言葉には嫌悪感を抱くと思います。
ステマも概要は同じですが言い方が異なるため嫌悪感が薄いと思います。

ステマなどは販売元からの直接的な情報よりも、購入者などの第三者からの情報を信用しやすい心理(ウィンザー効果)を利用した手法です。
実際には利害関係にある者からの情報を、利害関係がないように偽り消費者を騙しています。

このことが問題となり、ニュースなどでも度々取り上げられます。

具体例

近年のインターネットの復旧によってネットショップの利用が増加しました。
ネットショップには購入者からの投稿欄があることが多く、そこにはいい面も悪い面も掲載しているはずです。
しかし、販売元からの情報操作によって、偽りの情報が流されている事があります。
これが周囲に認知されると、信用問題が浮上しモラルの観点から非難されます。
そして、これが繰り返し行われる事で業界には悪評が立ち利用者の減少や、疑いの目が強くなります。

ネットショップでも評価を作為的に上げていないかをチェックするようになった方も多いと思います。

まとめ

インターネットの復旧で情報伝達速度が速くなったため、ステマだと認識されてから周知されるまでの速度は早くなりました。
そのため、事業規模が大きい組織ではリスクが大きすぎるため行われることが少ないです。
しかし、事業規模が小さなところではステマが多く見受けられます。
実際にステマを行う事で短期的な収益は伸びやすいので、リスクが小さい場合はリターンの方が期待できる場合も多いようです。

しかし、このような行為は社会に受け入れられず、長期的にみると損です。
また、法律に反する事例もあり、犯罪となる事もあるので注意が必要です。

備考

ステルスマーケティングはステマやアンダーカバーマーケティングとも言われます。

関連記事

 ウィンザー効果

アドセンス

アドセンス

-お金

執筆者:

関連記事

リスクオン

リスクオンはリスクを好んで取る事です。通常はリスクが増加する事でリターンも増加します。つまり、リスクとリターンが比例するため、リスクを増やす事でハイリスクハイリターンとなります。つまり、リスクオンはリ …

クロヨン(トーゴーサンピン)

クロヨンは(9・6・4)は課税所得に対する不公平を意味する言葉です。クロヨンは税務署で把握している課税対象の所得の割合を示し、 給与所得者 9割自営業者 6割農林水産業 4割 といわれています。この割 …

小規模個人再生

小規模個人再生は借金返済の一部を免除してもらう制度です。小規模個人再生は民事再生の一種で、借金の総額に対して収入が少ない状態が続く事で生活が困窮する方を対象に、借金の返済を法的に一部免除してもらう制度 …

守銭奴(しゅせんど)

守銭奴(しゅせんど)は貯金に対する価値観が高い人です。守銭奴はお金を守る能力が高い人で、お金に強い執着心を持つため失う事に対して強い抵抗感を持っています。そのため、損をしないようにお金を貯める事が優先 …

ヴェブレン効果(ベブレン財)

ヴェブレン効果は商品価格が高いものを所有したくなる欲求です。ヴェブレン効果は価格が上昇する事で需要が増加する現象ですがただ価格を上げるだけでは購入する人はいなくなってしまいます。そのため価格を上げても …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク