シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス) | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)

投稿日:

シンデレラ症候群は、男性に高い理想を求める考えです。

童話のシンデレラのように理想の相手を待ち続ける事が由来とされています。
これは貧困層が富裕層へもつ憧れが、シンデレラストーリーの普遍的な魅力となっている事に起因しています。

そのため、理想の男性と結婚し幸せに暮らしたいという願望が根本にある事が多いですが、その理想は現実味がない事が多いです。

具体例

年収1千万円以上未婚男性を理想の男性とする場合は

1000人に1人程度です。

未婚既婚問わず年収1千万円以上の男性が
 20代は約500人で1人
 30代は約350人で1人
 男性全体は約200人で1人

となり、絶対数が少ないです。

さらにこの条件のほかにも条件を付けていく方もいます。
また、抽象的な要素の条件が多い方は理想が固まりすぎている可能性があるため注意です。

シンデレラシンドロームになりやすい人の特徴

  • 運命の相手がいると信じている
  • 理想が高い
  • 他者への依存度が高い
  • 精神的に幼い

まとめ

恋愛はお互いにバランスの取れた関係でなくてはうまくいかない事が多いです。
これは金銭面、精神面などをはじめとして、様々な要素を多面的にみた総合評価が釣り合わないといけないという事です。
つまり、高条件のパートナーと結ばれるためには、異性からみて高条件だと思われなくてはいけません。

これを見誤ってしまうと理想の人と出会えても、片思いで終わってしまいます。
高い理想を満たす好条件の男性は、多くの方がパートナーとして選びたいと思うため倍率も高くるためです。

ここまで理解できている方の中には、磨けば輝く原石を探す方もいます。

既に輝いているのは誰が見てもわかりますが、原石となると難しいため、倍率は下がります。
しかし、磨き方を間違うと原石が輝くことができないため注意が必要です。

備考

シンデレラは世界中で多くの物語があり、和名は灰かぶりです。
概要はどの国でも共通していて、貧しい女性の内面に惹かれた王子様がその女性を迎え入れ結婚する物語です。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

相補性の法則

相補性(そうほせい)の法則は自分と対照的な人に惹かれる心理です。自分と対照的な性格や長所を持った人に惹かれる人は多いと思います。これは自分の不足しいている部分(欠点)を補ってくれる相手を無意識で求める …

承認欲求

承認欲求は自分の価値を認めてもらいたい心理です。承認欲求は大きくは「自己承認」「他者承認」の2種類に分類されます。後者の「他者承認」は細分化され「上位承認」「対等承認」「下位承認」に分類されます。 自 …

透明性の錯覚

透明性の錯覚は、自分の内向的状態の情報伝達を過大評価する心理的傾向です。自分の考えや感情を他者が理解していると考える現象で、時には心を読まれていると感じることもあります。 透明性の錯覚が起こる理由 透 …

現状維持バイアス

現状維持バイアスは変化や知らないものを避ける心理です。人は安定を求める思いが強く、わからないものを恐怖として認識します。そのため、現状維持しようとする傾向が強いです。これには複数の心理的作用が働いてい …

無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)

無意識の偏見は自分自身が気が付いていない認識の偏りです。基本的に人は偏見を持っています。これは知識や経験の偏りを避ける事が出来ない事が大きな要因で、既知の事実や仮説だけではどうしても偏りがでてしまいま …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

あむぶろ 学校では教えてくれない事 - にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ