サブリミナル効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

サブリミナル効果

投稿日:2020年3月30日 更新日:

サブリミナル効果は認識できない刺激によって行動を誘導する効果です。

サブリミナル効果で用いられる認識できない刺激は、サブリミナル刺激と言われ、意識や潜在意識よりも深い閾下知覚(いきかちかく)に刺激を与えます。
 ※閾下知覚は視覚、聴覚、触覚の三つの意識(潜在意識)を指します。

サブリミナル効果では閾下知覚を刺激し、行動を誘導する効果があります。

具体例

過去にはサブリミナル広告(サブリミナル刺激を用いた広告)がマーケティングに利用されました。

サブリミナル刺激を発生させる映像は通常の動画の中に閾下知覚を刺激する編集がされています。

通常の動画は連続性のある静止画を繰り返し表示し作成されていますが、サブリミナル広告はその連続性のある静止画の中に、動画とは関連性のない広告を認識できないように挟み込みます。

意識的には認識できない広告ですが脳内では認識され、同じ広告を何度も目にする事で、広告に関連付けられた商品の購買意欲が促進され、実際の購買行動を誘導します。

サブリミナル効果を用いた手法は認知外の刺激なため、サブリミナル刺激を受けていても認識できず、自覚がないまま行動を誘導されてしまいます。

これは一種の洗脳に近く大変危険なため、日本では19世紀後半からサブリミナル的表現が徐々に禁止されていきました。

まとめ

サブリミナル効果は認識できない刺激を受ける事で行動に影響を与えるものです。

実験では認知能力が疲労などで低下している状況ではサブルミナル効果の影響を受けやすいことがわかっています。

しかし、サブリミナル効果を用いて人の行動を変える事のできる範囲は限定しているとされています。

サブリミナル効果を謳った作品は映画やドラマ、アニメや特撮と幅広く作成されています。

備考

サブリミナル刺激が認知外の影響を与える事に対して、認知可能な刺激によって引き起こされる効果は、サプラリミナル知覚と分類されます。

サブリミナル効果はレスポンデント条件付け(パブロフ条件付け/古典的条件付け)の一種です。

関連記事

 レスポンデント条件付け(パブロフ条件付け/古典的条件付け)

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

正常性バイアス(恒常性バイアス/正常化の偏見)

正常性バイアスは自分にとって都合の悪い事を過小評価する心理です。認めなくない事などは突き詰めて考える事を放棄したりします。そして、その結果がどうなるのかを考慮する事をやめ、結果による被害を過小評価しま …

茹でガエル現象(茹でガエルの法則/茹でガエル症候群)

茹(ゆ)でガエル現象は環境の変化に対応する事の危険性の例えで使われています。熱湯にカエルを入れるとカエルは逃げてしまいます。しかし、カエルを入れてから徐々に水温を上げていくと逃げるタイミングを失って、 …

親近効果

親近効果は最後に与えられた情報の影響が強くなる現象です。親近効果は多くの情報を得る事で効果がより現れやすいです。多くの情報を得る事で全体の把握が困難になり、最後の情報の影響が大きくなる傾向を示す心理効 …

反報性の原理(返報性の法則)

返報性(へんぽうせい)の原理は頂いたものは返したいと思う心理です。返報性の法則は人が本能的に持っている心理ですし、日本人は「恩を受けたら返しなさい」と教育された方が多いと思います。そのため、好意を受け …

アンダードック効果(判官贔屓効果/負け犬効果)

アンダードック効果は立場や状況が劣勢な状況の人を応援したくなる心理現象です。アンダードック効果は弱い立場や劣勢な状況では同情や共感が集まるため、その状況を打開しようと頑張っている人を応援したくなる心理 …

Google AdSense



line証券


アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ