サブリミナル効果 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

心理学

サブリミナル効果

投稿日:

サブリミナル効果は認識できない刺激によって行動を誘導する効果です。

サブリミナル効果で用いられる認識できない刺激は、サブリミナル刺激と言われ、意識や潜在意識よりも深い閾下知覚(いきかちかく)に刺激を与えます。
 ※閾下知覚は視覚、聴覚、触覚の三つの意識(潜在意識)を指します。
サブリミナル効果では閾下知覚を刺激し、行動を誘導する効果があります。

具体例

過去にはサブリミナル広告(サブリミナル刺激を用いた広告)がマーケティングに利用されました。

サブリミナル刺激を発生させる映像は通常の動画の中に閾下知覚を刺激する編集がされています。
動画は連続性のある静止画を繰り返し表示する事で作成されています。
サブリミナル広告は連続性のある静止画の中に認識できない広告を挟み込み、その広告を繰り返し表示する事で視聴者の行動を誘導します。

サブリミナル効果を用いた手法は認知外の刺激なため、サブリミナル刺激を受けても認識できず、自覚がないまま行動を誘導されてしまいます。
これは一種の洗脳に近く大変危険なため、日本では19世紀後半からサブリミナル的表現が徐々に禁止されていきました。

まとめ

サブリミナル効果は認識できない刺激を受ける事で行動に影響を与えるものです。

実験では認知能力が疲労などで低下している状況ではサブルミナル効果の影響を受けやすいことがわかっています。

しかし、サブリミナル効果を用いて人の行動を変える事のできる範囲は限定しているとされています。

サブリミナル効果を謳った作品は映画やドラマ、アニメや特撮と幅広く作成されています。

備考

サブリミナル刺激が認知外の影響を与える事に対して、認知可能な刺激によって引き起こされる効果は、サプラリミナル知覚と分類されます。

サブリミナル効果はレスポンデント条件付けの一種です。

アドセンス

アドセンス

-心理学

執筆者:

関連記事

学習無力感

学習無力感は、無力である事を学習してしまう心理です。理不尽な事が起こる場合、通常はそれを回避しようと行動します。しかし、回避する事が困難な状態が続くと、抵抗しても結果が変わらない事を学習するため、回避 …

新奇恐怖症(ネオフォビア)

新奇恐怖はネオフォビア(neophobia)ともいわれ知らないものへの恐怖です。ネオフォビアの心理が働くのは生存本能による影響が強く。不確定な要素を減らす事で、生存確率を伸ばそうとする本能があります。 …

一貫性の法則(一貫性の原理)

一貫性の法則は、自分の行動や発言、態度など、最初から最後まで矛盾がない状態でありたいという心理傾向です。「一度始めれたら最後までやりたい」「途中で投げ出すのは良くない」などの心理です。誠実性や虚栄感、 …

カラーバス効果

カラーバス効果は意識していると認識しやすくなる現象です。カラーバス効果は視覚に限らず、聴覚、触覚など意識的に感じる事ができるもの全般に起きる現象です。毎日目にしていても詳細を覚えていない事はよくある事 …

シンデレラ症候群(シンデレラシンドローム/シンデレラコンプレックス)

シンデレラ症候群は、男性に高い理想を求める考えです。童話のシンデレラのように理想の相手を待ち続ける事が由来とされています。これは貧困層が富裕層へもつ憧れが、シンデレラストーリーの普遍的な魅力となってい …

Google AdSense



ジャンル

ジャンル一覧
ホーム
心理学
健康
雑学
ブログ関連
お金

アマゾン


外部リンク