コロンブスの卵 | あむぶろ 学校では教えてくれないこと

雑学

コロンブスの卵

投稿日:

コロンブスの卵は簡単な事でも最初に行う事は難しい例えで使われます。

コロンブスの卵は新大陸を発見したコロンブスが中傷され、その批判に対してコロンブスが取った行動が逸話となり広まりました。

コロンブスの卵の逸話の概要

新大陸を発見したコロンブスは功績をたたえられましたが、その功績に対して否定的な意見をいう人もいました。

その中の一人がコロンブスにに対し「コロンブスが新大陸を発見しなかったら他の誰かが発見していだろう」と言いました。

これに対して、コロンブスは「卵を素手で立てる事ができるか?」と問いました。

周囲にいた人たちが卵を立てようしましたが立てる事はできませんでした。

そして、コロンブスは卵の殻を少し割って立てました。

これがコロンブスの卵の逸話の概要です。

卵を割って立てる事は簡単です。
しかし、この方法は周囲から疑問を持つ声があがるはずです。

これは無意識に守っている常識から逸脱した方法だからです。
卵を立てる方法と問われれば卵を割ってはいけないと多くの人は無意識に思います。
そのため割って立てるという発想はルール違反だと思う人もいると思います。

このような前提を覆す事は難しいです。
そのため、簡単な事でも常識や視点の違いなどの要因から初めてなにかを成功させるのは難しいです。

具体例

コペルニクス的転回

コペルニクス的転回は世界では天動説が信じられている中で「空が動いているのではなく、地面が動いている」と地動説をコペルニクスが主張し、周知した逸話が元となっています。

しかし、地動説はコペルニクスよりも以前に何人もの学者が提唱してきましたが、世界の常識である天動説を信じ、地動説が周知される事はありませんでした。

このように、正しい事でも常識から逸脱した考えは周囲から理解されない事があります。

まとめ

簡単な事でもそれを気づき、実行する事は難しいです。

そして、コロンブスのように功績を残した人と、功績がない人では同じ行動や発言でも、それを捉える側の対応が異なります。

つまり、優れた意見でもそれが優れていると認識できなくては反映される事はありません。

功績を残せた人とそうでない人の違いは行動が大きい可能性が高いです。
周囲から理解されない状況でも自分の考えを信じる事ができる人はほとんどいせん。
そして、周囲から理解されなくても行動に移せる場合は、その考えに確信がある事が多いです。
周囲から否定的な要素を提唱されても確信が揺るがない場合はそれが正しい可能性が高いです。

備考

コロンブスの卵の逸話はイタリアの歴史家で探検家のジローラモ・ベンゾーニが広めたとされています。
しかし、この話はそれより以前に近い内容の逸話があるため、そこから流用されたのではないかという見解もあります。

関連記事

 コペルニクス的転回(コペ転/パラダイムシフト)

アドセンス

アドセンス

-雑学

執筆者:

関連記事

バタフライ効果(バタフライエフェクト)

バタフライ効果は小さな変化が後々大きな変化をもたらす現象です。最初の小さな変化が時間経過共に大きな影響となる現象です。大きな現象を分析していくと小さな変化の積み重ねだとわかります。また、最初の些細な変 …

ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は非協力状態における硬直状態のことです。三つの力関係が同じくらいになると、力関係が拮抗し硬直状態となります。一度この状態になるとなかなか抜け出せず、この状態が長く続く場合、この力関係を前提 …

メアリーの部屋(スーパー科学者メアリー/一人ぼっちのメアリー)

メアリーの部屋は色を知らない科学者が色を目にする事でどの様に変化するのかを考える思考実験です。物理学的な知識を全てと考える場合は色についての知識が全てある状態で見る色から学ぶ事はありません。しかし、色 …

浮きこぼれ(吹きこぼれ)

浮きこぼれは能力が高すぎて周囲となじめない人を指します。浮きこぼれは特に学校教育で問題になる事がある現象です。ギフテッドやタレンテッドの様に一般的な能力よりも高い能力を持つ生徒や、高い教育によって後天 …

大数の法則(多数の法則)

大数の法則(たいすうのほうそく)は確率や統計の分母を大きくすることで理論値に近づく法則です。大数の法則は実験を証明する際の偏りを減らすために用いられることが多いです。試行回数が少ないと偏りによる影響が …

Google AdSense



アマゾン


外部リンク


もしよろしければ
応援いただけると幸いです。


PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 投資ブログへ